calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (932) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

店終い

皆様、本年もご愛顧を賜りまして誠に有り難うございました。

つつがなく一年を終える事の出来ました事、
お客様方よりのご厚情のおかげと深く感謝申し上げます。

年内の最終日となりました昨日も、
納品のお届け物や、お店へのご来客の間に
地元氏神様であります金王八幡宮に
年末の御礼と、大祓いのお納めに伺ってまいりました。

   01.jpg   02.jpg

大祓いは、紙を人形に切り抜いた「形代(かたしろ)」に
名前を書き、息を吹きかけ、身体の各所を撫でることで
自分の罪穢れを形代に移した身代わりとして清めて
氏神様に納めにまいります。

   03.jpg

もどりましてからは、八幡様で頂いたお札とともに
正月飾りの準備を。

   04.jpg


渋谷の駅とはほんの少し離れるだけなのですが
30日ともなると、渋谷の街も玉川屋の店の付近は
オフィス街の趣きとの事もあり
喧噪からは大分離れ静かになってまいります。

仕事が落ち着くようなら,少し早めにお店を閉めて・・・
とも思いましたが、お陰様でご来客も続き
閉店間際には、初めて玉川屋においで下さったお客様に
年内最後のお商いをさせて頂き
あらためて一年間のご厚情に感謝し、嬉しい気持ちで
店終いをする事が出来ました。


私共「玉川屋呉服店」は、来年で130年目を迎えさせて頂きます。

皆様にお着物を楽しくお召し頂く
いっそうのお手伝いがさせて頂ければと思っております。
新しい年も、どうぞまたよろしくお願いを申し上げます。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

年末の感謝


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

   01.jpg

年末の最後の週末となった土曜日も
開店より、閉店のシャッターを降ろすまで
途切れぬお客様となりました。

日々のご愛顧に,あらためて感謝申し上げます。

年末の営業も、30日まであと2日間となりますが
130年目を迎えます来年に繋がりますよう
楽しくお過ごしを頂ければと思います。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

年の末

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

12月の「福の市」ももうすぐ最終日となり、
今年も残りあと数日・・・

一年を経て、
沢山の反物が入っていた玉川屋の店のショーケースも
大分スッキリとしてしまいました。

   01.jpg

あんな品、こんな品・・

ことし一年、色々なお客様にお作り頂いた着物や帯は
一つ一つ、よく覚えております。

それを想いながら、年が明けると
問屋さんの初市や、染め屋さんや機屋さんへの発注で
新しいお品が揃ってまいります。


来年は
私共、玉川屋呉服店も創業より130年目を迎えます。

130回目の、繰り返しではありますが
毎年毎年が、新しい店であるかのように変化もしてまいります。


新春の新しい玉川屋を、どうぞ楽しみにしていて下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

刺繍の衿


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

数日前には「重ね衿」の話しを書かせて頂きました。

着物をお召しの時には、
その重ね衿のもう一つ内側のお顔元には
半衿があたります。

とくに、振袖の時には
華やかな刺繍の入った半衿が。

   01.jpg   00.jpg

      03.jpg   04.jpg

   06.jpg   05.jpg


半衿だけご覧頂くのではなく
重ねの衿と合わせて、鏡の前で羽織る振袖の襟元に添えてみて下さい。

お着物や帯だけではない、華やかさがお楽しみ頂ける事と思います。

   07.jpg










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

重ね衿

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

来月初めには成人式。

11月、12月には前撮りをする方も多く
お店で振袖を広げる機会も多くなりました。

   01.jpg

写真は、振袖の襟元を飾る重ね衿に仕立てるための生地。

玉川屋では、着物の裾回し用に染める正絹の生地を使い
一色、一色、誂えにてお染めして
重ね衿として使います。

写真の、真っ赤な「緋色」の重ね衿は
振袖のお色目を選ばずに
最も多く使わせて頂く、お色目となります。


お顔に近いところに使う色目ですので
ほんの少しの色の違いで
お顔映りや着姿の雰囲気も変わってまいります。


   02.jpg

実際に染めるときには
色見本に加えて、注意書きやコメントを添えて
染め屋さんに注文を出します。

     (写真の "注釈" は、緋色の赤が
       オレンジっぽい朱系に偏らないように・・との注意書きを)

「緋色」だけではなく
振袖用には、「鶸(ひわ)色」や「黄色」「朱」など
訪問着や付下げ用には、もう少し落ち着いた色など
お着物やお客様の雰囲気に合わせて、取り合わせてまいります。


華やかな振袖には、
お着物の衿、綺麗な重ね衿・・そして、刺繍の半衿、と
お顔元を様々に飾ります。

品格のある、華やかな振袖は
お召しのご本人だけではなく、周りでご覧になる方のお気持ちも
楽しくさせてくれます。

来月には、街中に沢山の華やかな着姿を拝見出来ますのが
今から楽しみです。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199