calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

長月の会



皆様、いつも有り難うございます。
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

9月に入りましても、「残暑お見舞い」がまだ丁度よい
そんな陽気が続いております。



月見月(つきみづき)、秋風月、小染め月、紅染め月、萩月、
 ・・・葉月(旧暦の8月)の別名

菊月、菊咲き月、紅葉月、稲刈り月、
 ・・・長月(旧暦の9月)の別名


各月の呼び名には、
その季節の景色や時候を読み込んだ別名があります。

本来の季節の映りと、実際のお天気が一致をしない
今年のような陽気の時には、
目からはいる言葉のイメージから、まずは気持ちを変えてみる・・・
そんな気分転換も大事ではないでしょうか。


お家の中でも、
色合いを替えるには、まだちょっと暑苦しさもありますので
秋のモチーフをお家の中に一つ飾ってみる、そんなことも楽しいはずです。

そんな時のちょっとお勧めは、手拭いです。

昔の日本手拭いというと決まったモチーフのものが多かったのですが
最近は、季節折々の柄行を染めた手拭いや、
"和" だけではなく "洋" のテイストを入れたお品、
小紋柄ではなく、長く広げた全体で一枚の絵のように染められた手拭いなど、

実用品としてだけではなく、飾って楽しめるお品も多くあります。

部屋の中にぽんと一つ畳んでおいてあっても、ピンで壁に留めてみたり
小さなクッションに作り直してみたり、
ちょっとしたアクセントとして使ってみると
意外と楽しいものです。


玉川屋の店の入り口にも、いつも手拭いが飾ってあるのですが
なるべく季節感たっぷりのお品を心がけております。

 (今週からは、萩やドングリ、お月見の絵・・・なんて
   秋の柄が並び始めました。)


数枚ずつお揃えして、それをお求め頂くと、
また、ちょっと季節の進んだ柄を探してきて・・・
移りゆく季節を、お店のウインドウだけではなく
色々なところでお楽しみ頂きたく思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

残暑、秋暑・・・外はまだ、秋の新涼には間があるようですが、

呉服屋の9月は、季節本番に一足早い秋のしつらえとなります。




9月9日(木)より13日(月)までは、
 渋谷の店にて、秋の玉美衣裳展「彩り深く、長月の会」を開いております。 
  (期間中は、日曜日もお店を開いております)

秋から冬にかけてのお品、
 夏の終わりから秋いっぱいお召し頂けるお単衣のコーディネート、

季節感や遊び心に、こだわりを楽しめる、お洒落着や帯、
 あらたまった日のための、品格と華やかさのある礼装のお品、

七五三・十三詣り・成人の日のお祝い着 や 男の着物 、

   玉川屋からの お勧めやご提案 ぜひお楽しみに、お遊びにおいで下さいませ!





 ■期間中は、京都より爪掻き綴帯の織り工房「服部綴帯工房」が
  玉川屋のお店に来てくれております。


 格式のある綴帯ならではのフォーマル感はもちろん、

 礼装のイメージの強い綴帯ですが、
  付下げや訪問着だけではなく、紬や小紋の普段から着やすいお着物にまで
  それぞれのお品を引き立てる、洒落感のある綴帯のコーディネート、


 もうひとつ、 5月、6月〜〜夏をはさんで〜〜9月、10月・・・
   幅広い時期に単衣を着こなす時に
      お勧めなのが、綴帯でもあります。



  初めての方には、綴帯の魅力を知って頂ける、
  以前ご覧を頂いた方にも新しい魅力の再発見、ときっとご納得の頂ける個展です。



 ■詳しいご案内もこちらでご覧下さいませ・・・< クリック >01.jpg
    

   (お着物や帯のお求めの際の、ご奉仕券もページの最後に添えてあります)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  玉川屋のお店のお品は、
   一つ一つ想いをこめてお揃えをしてまいりますお品です。
  毎日お店の表情が変わるように、色々なお品が揃ってまいります。

  徐々に迎える秋からの着物シーズンに向けて
  どうぞいつでもお気軽に、日々折々の季節感を楽しみに、お遊びに寄り下さい。
        お待ち申し上げております。



例年ならば、今頃の時期に「夏の薄物のお手入れは大丈夫ですか?」と
お声をかけることが多いのですが、
「今年はもう少し先でも良さそうかな」
ふと忘れて、そのままにしてしまいがちなのが今年のような陽気の年です。

ページの一番下には、お手入れのサービス券もご用意いたしました。
9月いっぱい有効ですので、夏を楽しませてくれた大切なお着物のお手入れも
どうぞお忘れなく。
            ・・・・・・< こちらをクリック >01.jpg





暑かった夏のお疲れは、ちょっと涼しさを感じ始めた頃に出やすいものです。
お出かけに、お洒落に、美味しい旬のお食事に、
もうすぐ来る「秋」をしっかりとお楽しみ頂けますよう
どうぞ今しばらく、十分にご自愛の上、お過ごし下さいませ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

準備中


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

東京では熱帯夜の日数が過去最高の48日となりましたが、
まだまだ記録を更新しそうな暑さです。

昼間は、9月9日(木)よりの「長月の会」の
ご案内状のお届けとご挨拶を兼ねて
お客様にお伺いをしておりました。

そうはいっても、35度を超える気温の猛暑日・・
ご案内をお持ちしてみても
「秋」の季節がピンとこないような陽気です。


店に戻って夕方からは、
展示会に向けてのお店の模様替えです。

玉川屋においで下さったことのある方はお分かりと思いますが
普段はカウンターに椅子がけの店内です。

秋の展示会の時には、カーペット敷きの床の部分に
大きな積み木のような木の台を敷き、その上に畳みを並べて
お店の入り口から一番奥まで、広いお座敷のようになります。

   01-01.jpg


準備をしていると「お店のお引っ越し?」と聞かれることもありますし
おいで下さったお客様が「違うお店と間違えたかしら?」
なんておっしゃることもあります。


9月に入りましても、まだ暑さも続きそうな天気予報も出ておりますが
玉川屋においで下さったことで、
ご自分の気持ちの中に「秋」が見つかり始める・・・・
そんな「長月の会」をお楽しみ頂ければと思います。

ぜひ、皆様のお出かけをお待ち申し上げております。
詳しいご案内も近日中にさせて頂きます。


残暑まだ厳しき中、どうぞ皆様十分にご自愛下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

二葉苑さん90周年


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

玉川屋でもお世話になっている江戸更紗の染め工房「二葉苑」さんが
今年で90周年を迎えるとのことで
昨日は、工房で行われたその記念の会に伺ってまいりました。

   01.jpg

呉服の関係や、地元の落合の方々、二葉苑のファンの方達・・・など
沢山の方とご一緒いたしました。

数年ぶりにお会いする方もあり、
単に仕事や品物だけを通じてのお付き合いというより、
そんな、広がるよいご縁・・・といったことが
90年続く工房を支える伝統であることと思います。


私の母の実家が以前は呉服の問屋を営んでおり
私の祖父が、先々代の頃の二葉苑さんに
お品の染めをお願いしていた・・
そんな話を、私の世代になってお使いが再開した時に
先代より聞かされてびっくりしたこともありました。



玉川屋や、二葉苑さんをはじめとする落合の染め屋さん達と
一緒にさせて頂いています「染めの街落合 工房見学&スタンプラリー」も
この秋で9年目を迎えます。

この地で落合う、清流が "ほたる"の名所であったことから
この仲間を「落合ほたる」と名付けたのですが
その所縁で、地下鉄の落合駅の表示板には「ほたる」の柄が使われております。

   02.jpg


今年の「工房見学&スタンプラリー」は
10月の23日(土)・24日(日) の2日間に開催です。

伝統の染めの現場を、今年もどうぞ楽しみにご覧になりに
お出かけ下さいませ!



玉川屋も、今年で125年目を迎え。
よい仲間と共に、また一歩一歩進んでまいります。

この秋からも、どうぞまたよろしくお願いをいたします。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

秋の麻襦袢



こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お盆休みが明けて、お店を開けて。
そうしたら、都内の最高気温は、38度超・・・
今年一番の暑さです。

暑い季節の一番のお勧めは、麻の長襦袢。

熱気の中で汗はかくものの
風が通ったり、涼しい所にはいると
しぜんと暑さや湿気も飛んでゆく・・

触るだけでも冷たさを感じられるのは
麻の素材ならではの涼味です。


盛夏の襦袢としてお勧めすることが多い
麻の襦袢ではありますが
もっと時期も幅広くお召し頂けるようにと
平の麻生地に、色々なお色目を染めて
洒落感たっぷりにお揃えを致しました。

   01.jpg


盛夏、単衣の時期ももちろん
袷のお着物の下に、単衣襦袢として
お召し頂く事を、お勧めさせて頂きたく思います。

肌当たりもさらりと、お家で洗えてお手入れも楽で、
冬の寒い時期を除いて、
ご自分がよろしいと思う陽気の日には
着心地良くお楽しみ下さい。



今日は、この秋からのシーズンに
お召し頂ける、平麻襦袢の染め出しに
色目を選んでおりました。

   02.jpg

夏休みの宿題のようですが
左上にある、今までの平麻襦袢の薄めの色より、
秋の単衣や袷の下にもお使い頂けるような
深めのお色合いを選んでおりました。

こんな色系統を、と
大まかなイメージを決めてから
それに合わせて色見本を切り出してゆきます。

アバウトに選んだ中から、さらに細分化した色系統に合わせて
徐々に色目を絞ってゆきます。


9月の9日(木)から13日(月)までの
秋のコーディネートのご提案のスタートとなる
「彩り深く、長月の会」でのお披露目が出来ますよう
染め屋さんに、明日お願いしてまいります。

  染め上がりを、どうぞまた楽しみにしていて下さいませ。

  お染め上がりの平麻襦袢の、お値段は
  36,750円(消費税込み、本体価格3万5千円)となっております。



気軽に楽しく、お洒落に・・・
お着物お召し頂くご提案を沢山ご用意してまいります。

炎暑まだまだ厳しき折ではありますが
やがて来る秋の季節を想いながら、
どうぞお遊びにおいで下さいませ。




    麻のお襦袢は、お好きなお色目での誂えの染めもお承りさせて頂きます。

    残り切れや、端布でも
   「この、色目で」という、色見本をお預け下されば
    それに合わせて、お染めさせて頂きます。

    2週間ほどで染め上がりますので、その染め上がりをご覧頂いて
    お気に召して頂ければ、お仕立させて頂きます。

    お誂えでも、お値段は上記と変わらずにて、お承りをさせて頂きます。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

残暑お見舞い申し上げます


残暑お見舞い、申し上げます。

「立秋」を過ぎると、暦の上では夏は終わり
暑中お見舞いから、残暑お見舞い、へと
挨拶の文言も変わってきます。

とはいえ、今日も東京では35度を超える猛暑日です。
この数日が、この夏の暑さの三度目のピークとのことで
まだしばらくは炎暑の日が続きそうです。

「立秋」を過ぎると、
来週の中頃には二十四節気の「処暑」を迎えます。

「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすればなり。」
暑さがそろそろ収まってくるとの事から、処暑といわれます。


暑さが少しでもおさわって、過ごしやすくなることを望みながら
玉川屋も明日からは、いつも通りにお店を開いております。

天秤の秤が徐々に片方に傾いてゆくように
お店の中も、「夏」と「秋」のバランスが少しずつ変わってまいります。


季節に合わせて移りゆく玉川屋を、
どうぞまたよろしくお願い致します。
そして、お気軽にお遊びにおいで下さいませ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199