calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

祭り袢纏


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

窓の外は,しんしんと雪が降っています。
厳寒の折ですが、皆様お変わりございませんか。

写真は、御輿を担ぐときの、地元の町会の祭り袢纏です。

   01.jpg

左は、二十数年前の袢纏、
右は、昨年に新しく作った袢纏です。

永年使い込んだ袢纏は、汗と、日差しと、洗濯で
大分味が出てまいります。

今年も9月の祭礼に向けて新しい袢纏を染めようと思ったのですが、
私共からは東京にある染め問屋さんに注文を出すのですが
実際の仕事は、そこから宮城の職人さんのところでしていたとのことで
震災以降は仕事をしていない・・と連絡が入りました。

新しく染め先を探して、型を彫り直して染める手配をしてもいるのですが
味の出てきた袢纏も、大事に使って
秋のお祭りを賑やかに盛り上げたく思います。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

準備万端!

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

毎日寒い日が続いております、
月曜日の朝は、日曜日を一日休んでおりますもので
暖房を入れても午前中はまだ暖かさの感じられないほど
お店の建物自体が冷え込んでおりました。

そんな今朝は、取引先の方達にもお手伝いを頂き
玉川屋の新春吉例の「半額還元ご奉仕市」の
準備をいたしました。

「お買い上げ頂きましたお品の、半額分を
  お好みのお品で差し上げます・・」という
ちょっと変わったスタイルの売り出しですが、

昭和28年の祖父の時代に始めまして、
以来60年間、変わらぬやり方にて今年で60回目を迎えます。


紅白の賑やかな幕を店内いっぱいに張っての
昔ながらの "売り出し!" って感じです。
お品も全て、手にとってご覧を頂ける様に
店内に並べて準備万端です。

   01.jpg

バーゲン用のお品ではなく、いつもの玉川屋のお品を
お値打ちにお求め頂けます、この新春の"半額還元ご奉仕市"です。

寒さに負けず、ホットな新春の玉川屋にて
皆様のお出かけを、ぜひお待ち申し上げております。

    ご案内もホームページにご覧下さいませ・・・hangaku_M.gifクリック










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

寒九


寒中お見舞いを、申し上げます。

皆様、いつも有り難うございます。
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

昨日は、東京の気温も一度を下回り
全国各所で今年一番の寒さを記録する寒い日となりましたが、
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

先週の6日頃が、二十四節季の「小寒」にあたり
寒さの厳しい季節に入る「寒の入り」とされます。

「小寒」に続いて、1月21日頃からの「大寒」の時期とを合わせて、
2月4日頃の「立春」の前日までの、約一月ほどを「寒の内」と呼びます。
文字を眺めるだけでも、寒さがしんしんと伝わってまいります。


寒に入ってから、9日目を「寒九」と呼び、
日付で言いますと1月の14日頃、この週末辺りとなります。

雨の少なく乾燥しがちな寒い冬に降る雨は、
春の訪れを予感させるものでもあり、
この日に降る雨は特に「寒九の雨」と呼ばれて
豊作の予兆ともされ喜ばれました。

厳しい寒さから、
この時期の水は一年の中でも一番澄んでいるとされて
体への強壮のため、寒の水を飲む習慣もあったようです。
実際、この時期は寒さのため雑菌も少なく水質も良くなるため
保存も永くきくそうで、
酒蔵では「寒九の水汲み」の行事を行う所もあります。


寒さの頂点は、冬の中心でもありますが
逆の意味では春へと向かう道のりが始まったことでもあり
そんな寒さの中で、水仙や早梅の綺麗な色味が
春への憧れを感じさせてくれる様になります。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


毎年、玉川屋のスタートは
今年で60年目を迎えます、新春吉例の「半額還元ご奉仕市」
にてとなります。

「お買上下さったお品の半額分を、お好きなお品を差し上げます!」
ちょっと変わったスタイルの売り出しですが、

昭和28年に祖父の頃より初めましてから、売り出しのスタイルも、ご案内のチラシも
以来60年、当時と変わることなく続いております。



「着物・帯・襦袢・コートなど、一式揃えてお作りになりたい」
「 訪問着、振袖、留袖を、帯とセットでお求めになりたい」
「この着物に雰囲気の違う帯を2本合わせたい」
「ずっと着たかったあの着物や帯を」・・・

そんなお買い物も、とてもしやすくなっております。


お店の中のお品を、お手に取れるる様に全部並べて、
昔ながらに、紅白の幕を店内に張って・・・
新春の賑やかな、楽しい玉川屋になっております。

2012年のお買い初め、どうぞ楽しみにおいで下さいませ。


  ■玉川屋 新春吉例 第60回「半額還元ご奉仕市」
         1月20日(金) より 29日(日)まで
         渋谷・玉川屋呉服店にて
             (期間中は、22日・29日の日曜日も開いております)

      ◆ご案内もこちらでさせて頂いております。
            hangaku_M.gif・・クリック


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お正月の休みに、南房総へドライブでまいりました。

南房総の鋸南町は水仙の日本3大群生地の一つで、
「水仙ロード」名付けられたコースには約3kmにわたる道の両側に
沢山の水仙が咲いています。   ・・・南房総・鋸南町の水仙

水仙、福寿草、蝋梅(ろうばい)・・・
冬に咲く、ほんのりとした黄色い色合いは
何か気持ちを明るくしてくれます。

外はまだまだ、厳冬なれど
気持ちは徐々に春へと向かってまいります。

玉川屋もおかげさまで、今年で127年目を迎えます。
皆様に、楽しく着物をお召し頂くお手伝いが
今年も出来ればと思っておりますので、
本年も変わらぬお引き立ての程を、どうぞよろしくお願いいたします。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

お福茶


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


玉川屋の店も本日から、新年のスタートです。

おかげさまで私共も、今年で127年目を迎えさせて頂きます。
旧年中のご愛顧に感謝申し上げますと共に
本年も変わらぬお引き立ての程をお願い申し上げます。


おいで下さるお客様には、昆布を入れたお福茶を・・・

お召し上がり下さると、お福さんが顔を出してくれます。


   fukutyawan.jpg











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

冬至



こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

12月の22日、23日頃は、二十四節季の「冬至」にあたります。

太陽の高さが一年で一番低くなり、
昼が最も短く、夜が最も長くなる日でもあります。

ゆえに、古くより「陰極の極み」とされ
無病息災を願い、邪気を払う・・そんな意味合いから
柚湯にはいり、カボチャや冬至粥を食す、といった習慣も生まれました。


柚湯は、
そのままの果実や、輪切りにした実などを、
袋に入れて湯船に浮かします。
血行を促進する効果があるともされていますし
柚(ユズ)=融通(ゆうづう) や 冬至(トウジ)=湯治(とうじ)
といった、縁起の良い語呂合わせもあるようです。


カボチャは、
夏から秋にかけて収穫されますが冬場まで保存のきく食品でもあり
また、ビタミンAやカロチンが豊富で、野菜の少ない冬場の栄養食としても
重宝されたようです。

もう一つ、にんじん、れんこん、ぎんなん、うどん・・
冬至には「ん」のつくものを食すと、良い「運」を呼べるとの謂われもあり、
「南京(なんきん)」と言われるカボチャもその一つとなります。


冬至粥は、
冬の寒さの増す時期に暖かいお粥を食す意味もあるでしょうし
中に入る小豆も、赤の色には邪気をはらう謂われがあり
厳しい冬を迎える前に当たり縁起良く食します。

千両や万両といった赤い実を冬の飾りに使うことや
クリスマスにも柊のグリーンの葉と赤い実が飾られることを思うと
洋の東西を問わず、
厳しい冬の寒さの中でも暖かさを感じさせてくれる
華やかな赤い色への想いは共通だったのでしょう。




冬至は、別名「一陽来復(いちようらいふく)」とも呼ばれます。
「悪いことが続いた後に、幸運にむかうこと」であり
文の最初に、冬至の頃は「陰極の極み」と書きましたが
逆にそれは、「陽気始めて至る」=これから陽に向かう始まり、でもあるとされます。

  (冬至に「ん」のつく食べ物が縁起良いとされますのも
   「いろはにほへと」と続くの最後の文字が「ん」なので
   ここから、また一に戻って始まるという意味合いもあるそうです)

冬の寒さもこれからではありますが
良い新たな年に向けてのスタートの時期を
どうぞ、お健やかにお過ごし下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199