calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

明日からお店

こんんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お正月のお休みもあっという間に過ぎて、
明日からはいよいよお店を開きます。
1月の始めでも寒さもそれほど厳しくなく
元旦から、穏やかな年の初めとなりました。


おかげさまで
玉川屋呉服店は今年で創業より125年目を迎えます。

曾祖父が店を起こしたましたのは
昨年の暮れよりの「坂の上の雲」でも放映されている時代
明治維新が起こり、廃藩置県がなされ、内閣制度が発足し、最初の憲法が制定されてゆく
江戸から明治へと世が移りゆく頃となります。

東京の人形町にて、
出身の地である玉川の名を取った「玉川屋呉服店」の創業の1885年は
ちょうど伊藤博文を初代総理大臣とする日本の内閣制度がスタートする年でもありました。

その頃の人形町は有数の賑やかな街であったと
当時はまだ小さな子供だった、
祖父からも思い出話として随分と聞かされておりました。

その後、関東大震災を機に
渋谷の街へと店を移して今に至るのですが
創業よりは125年、渋谷で営業を始めてからは87年目となります。


明治、大正、昭和、平成と時代も移り、その間には
大きな戦争も2回起こり、高度成長とバブルの時代も過ぎ
世の中も大きく変化してまいりましたし、
伝統やしきたりを重んじながら続いてまいりました着物の世界も
また色々に変わってきてもおります。


受け継ぐべきものは大切にしながら
移りゆく世の中にも合わせて、
おいで下さるお客様方に楽しくお着物をお召し頂くために、今年も
玉川屋のするべき事をしっかりと続けてまいりたいと思っております。

自分の店への想いもさることながら、
作り手さん、流通、呉服店、そして仕立屋さん、シミヌキ屋さん
といった加工の職人さんまで、玉川屋としての良い流れが作れる事が
これからの時代にはとても大切な事になってまいります。

そんなお話しや私共の想いも、お店やホームページでも
折りに付けお伝えが出来ればと思っております。

着物や帯のお品の話と合わせて、
玉川屋をより深く知って頂き、お店に足をお運び頂き、
よりお着物を沢山楽しんでいただくことが出来ればと思います。



また明日からの一年間、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

今年も皆様にとりまして、実り多き一年であります事を
心よりお祈り申し上げます。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

今年もよろしくお願い致します

明けましておめでとうございます、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

旧年中のご愛顧に深く感謝致しますと共に
本年も変わらぬご厚情を賜りますよう、
どうぞよろしくお願いを申し上げます。



大晦日はお店はお休みさせて頂いたのですが
納品のお品やご挨拶回りなど、最後まで仕事をして
ようやく落ち着いて元旦を迎える事が出来ました。

毎年、一年の最後までご用を頂き
忙しいなと思う時もありながらも、
この賑やかさで一年を締めくくれるのが
商店の幸せでもあります。



   01.jpg

   02.jpg

   03.jpg


鶴のお茶碗に昆布と梅を入れての新年の初茶、
祖父母の頃よりのお屠蘇杯、花びら餅・・

元旦は、両親の家に皆で集まって新年を迎えますが
毎年決まった事を続ける事で、
気持ちを新たにして一年のスタートを切る事が出来ます。


年々、街中や生活の中に、その時期らしさが薄れてきて
渋谷の街では、元旦からコンビニもお店も開いて
いつものような人出です。

季節らしさ、その時期らしさ・・・
今年はあらためて、着物ならではのそんな「らしさ」を
お品にこめてまいりたいと思っております。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

白の帯締め

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

すきっとした着物姿のアクセントに
白い冠(ゆるぎ)の帯締めをお勧めしています。

白と言っても礼装のイメージではなく、
コーディネートする着物や帯を選ばずに
その着物や帯を引き立てるアクセントになります。

   01.jpg

何本も並んだ白の帯締め、
同じように見えるかもしれませんが
お着物に合わせた時には、
彩りのこだわりを持って楽しめるよう
ひと色を添えてあります。

   02.jpg

全体には締めやすい、シンプルな白のゆるぎ
その房の中にだけひと色を添えてあります。

帯に締めてみると、フワッと広がり
花のようなイメージです。

   03.jpg


寒い冬にも、春先にも、単衣の着物にも、秋口にも、クリスマスにも・・・


   04.jpg   05.jpg

      06.jpg   07.jpg


赤、紫、グリーン、金茶、

着物や帯に合わせるのも良し、
 着物姿の後ろ姿にチラッと映る房の中だけにひと色を楽しむのも良し、

ご年代を問わずに、綺麗な「朱」の色を楽しんで頂くにも
お勧めのお品です!

   08.jpg

「こんなお色目を」と、お好みが有れば
一本ずつお作りする事もお承りが出来ます。


締め心地の良いゆるぎの帯締め、
すっきりとしたお洒落具合と、彩りと・・・
着物ならではの楽しみを、一本の帯締めから感じてみて下さいませ!








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

新色

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

新しい色目が染め上がってまいりました。

   01.jpg

こんな時期ではありますが、麻の長襦袢地です。


お手入れが楽な麻襦袢、絽や紋紗ではなく平の地で
単衣の襦袢として、真冬を除いてのお召しにお勧めしている事は
何度か書かせて頂いておりました。

11月いっぱいまで、「楽で、着やすくて」とお召しになって
お着物姿でお店においで下さる方もおいでで、
「もう一枚違う色を」「来年の春から用に」と
寒さも増した今の時期になっても、
目当てにご来店下さる方も多くあります。

最初は試しに一色染めてみた平麻襦袢地も
こんな色目で・・というリクエストにも合わせて
大分色合いも増えてまいりました。

正絹の着物のように、ドンピシャリの色合わせが難しいのではありますが
「こんな系統のお色合いで」とのご要望にも、
1反ずつのお誂えもお承り出来ます。


「有ったら良いな」そんなお品は
シーズンをはずれた時期にご用意されておくと
いざ季節の本番が訪れた時には、着物でのお出かけがいっそう楽しくなるものです。

紋紗やレースの、羽織地やコート地なども
寒さいっぱいのこの時期にも色々と揃っております。

ワンシーズン先に想いをはせながら、眺めてみるのもまた楽しい事かもしれません。

12月30日まではお店も開いております。
年内いっぱい「福の市」のご奉仕中ですので
どうぞお気軽にお茶でも飲みにお遊びにお寄り下さいませ。


    ■平麻の長襦袢地は、
     36,750円(消費税込み、本体価格3万5千円)にてのご用意です。

    ■年内いっぱいご奉仕中! 「福の市セール」のご案内はこちらから・・・・< クリック >







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ご寸法


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お洋服に比べると、女性のお着物の寸法は
お端折を取る事もあり、身丈も身幅も
着方によって融通がきくものでもあります。

初めてお着物をお作りする方の場合には、
ご身長や体型から私共で採寸をしてお仕立をさせて頂きますが、
実際にお着物がお仕立上がってお召しの機会が増えてくると
その方なりの、しっくりとくる着心地の良い腰紐の位置などが
徐々に決まってまいります。

同じご身長でも、
腰紐を締める高さが変わってくると
ちょうど良いお着物のの身丈も変わってまいります。

お召しになるうちに
ご自分で「もう少し、こういった寸法なら、着やすいかも」
といった事を感じる事が有れば、ご遠慮なく
どんどん私共にお伝えを頂ければと思います。


同じ体型の方でも、
織りの紬の張りのある地風のお着物を主にお召しの方と、
染めの着物の柔らかい地風を好んでお召しになる方、とでは
その地風の違いから、着やすい寸法が異なってくる事もありますし、

お茶の席などで、手を添えることなく
立ったりしゃがんだりした時にも裾が割れる事の無いようにと思うと
本来の体型からのご寸法より、前幅を大分お広めに仕立てする事もあります。

そういった意味では、呉服屋で最初に決めたご寸法が、
必ずしも最終の決まり寸法という事ではなく
お召しになりながら、当初の寸法から、徐々に調整を加えてゆく事で、
その方にしっくりとくるご寸法を、ご一緒に見つけてゆく・・
といった事が、呉服屋とお客様のお付き合いの中の大事な部分でもあります。

そうして、しっくりとくるご寸法が見つかると
後々のお着物のお仕立は安心してお承りをさせて頂けるようになります。


お店でもお客様によくお話しさせて頂く事でありますが
呉服屋の仕事は、単にお品をお売りするだけではなく
コーディネートや、上に書いたご寸法の事など、
それぞれのお客様のスタイリストのようなお役目でもあります。

どちらかの一方通行ではなく
お着物の事だけに限らず色々なお話しをさせていただくことでこそ
お客様が理想に思うイメージを、
ご一緒に共有させて頂ける事が出来ると思います。

どうぞお気軽においで下さって
お茶でも飲んでお遊びがてら、色々なお話しをお聞かせ下さいませ。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199