calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (932) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

お悔やみの席


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

この夏には、厳しい暑さのせいというわけではないでしょうが
不祝儀の装いでの弔問が何度かありました。

喪服のお支度は、
お祝い事と違って必要そうだから準備する・・・
というわけにはまいりませんので、
何事もない無事な時に、厄除けの意味を兼ねてのご用意を
お勧めを致しております。

   01.jpg

喪服や黒共帯、白襦袢など一揃いをご用意されて
いつでもすぐに準備のきく帯揚げや帯締めなどの
小物を一つだけ欠いた状態でお納め致します。

通夜の日には地味な色無地を着て、黒の着物を着ないことや
お香典に綺麗な新札を入れないこと、と同じく
急なお悔やみ事に対して、万全のお支度をしていない事が
お気持ちの表し方の一つでもありました。


それでも、急なご準備のお声掛けを頂く事もあり
この夏も、喪服、襦袢、帯の一揃いを
一日半ほどで、ご用意させて頂いたこともございました。

通常のお仕立に加えて、喪服の場合は
さらに紋入れの前加工が必要となります。

以前に祖父より、
いざというときに急な喪服のお支度が
間に合わせられるかどうかが、呉服屋としての大切なこと・・
と、聞かされておりました。

本来なら無理なペースの仕事を
仕立屋さんはじめ、職人さん達が
頑張って間に合わせてくれるかどうかは、
普段からの仕事の出し方や、お付き合いの仕方が
しっかり出来ているかどうか・・・

そんな、日々の仕事への取り組み方が
こうした機会にはっきりしてくるんだよ、
と言うことでした。


冠婚葬祭の場は、
それぞれの方が大事な想いを持ってお揃いになる時でもあり
お着物をお召しになることで、そのお気持ちがより深く表せる
そんなお手伝いがさせて頂ければ、嬉しい限りです。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

本塩沢


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今月初めには越後の機やさんを回って
色々なお話しを伺ってまいりましたが、
作り手さんとの話の中では
丁寧に作られる品は、徐々に少なくなってきていることを
この数年は特に強く感じるようになってまいりました。

このことは、越後に限るのではなく京都や東京でも・・
織りの紬に限るのではなく、染め物や帯でも・・
感じることが多くなってまいりました。

   02.jpg

軽く、光沢のある風合いで
そのサラリとした地風は、単衣にも袷にもお勧めな
本塩沢は、玉川屋でも一年を通じて
お勧めさせて頂いておりますお品です。

いざ着るときには大変好きな地風ですので
単衣でも、夏物でも、袷でも・・
自分達でもかなり頻度高く、幅広いシーンで着ております。

   03.jpg   04.jpg

特に蚊絣(かがすり)と呼ばれる
小さな十字絣の本塩沢は
シンプルな雰囲気に、帯合わせも広く
着こなしの楽しいお品になります。


以前には、機屋さん毎にこんな色見本帳がいくつもあり

   01.jpg

仕入れてきたお品以外にも
お客様のご注文や、追加の仕入れなど
色を伝えると、先方でも何反も在庫があり
数日の内には届けてくれました。

最近は、玉川屋の定番として注文するお品も
その都度織ってもらったり、
場合によっては織り上がるまでかなり時間がかかる事も
少なくありません。


おいで下さるお客様に、お気に召して頂けるお品を
いつでも、お目にかけさせて頂く為には、
玉川屋の想いを持ってお選びしましたお品を
常時お店にお揃えしておくように勤めております。



お盆休みが明けますと、
お店の中も夏から秋のしつらえとなってまいります。

一つ一つこだわりを持ってセレクトしたお品たちです
季節の移りと合わせて、お召しになる気持ちもまた変わってゆくことと思います。
「こんな着物や帯でお出かけしたら、心地よいだろうな・・」
そんなお品との出会いを、玉川屋でお楽しみ頂ければ嬉しい限りです。

皆様のお出かけを、是非またお待ち申し上げております。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

越後探訪その一

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今週の初めには、この十数年、毎夏の楽しみとなっております
越後への産地見学に行ってまいりました。

色々な作り手の方々とお話しをすることで
実際の品作りの工程や技術のことだけに限らず、
それぞれの想いや、先々に向けての話しなど
私たちにとっても良い刺激となってまいります。

   01.jpg         02.jpg

      03.jpg

工房の裏庭に生える麻の写真です。
丁度このあいだ大分刈り取った所なんです・・・
そんな風に話してましたが、またすぐに育ってくるそうです。

生地にする糸を作るための麻ではないのですが
糸にする場合は、表皮を剥いだ下の繊維を使ってまいります。

   04.jpg   05.jpg


工房に入る入口の写真ですが

   06.jpg

茶色く見えるのは、地下水に含まれる鉄分のせいで
錆びた色に見えてくるからだそうです。

この時は、柿渋で染めた織物を見に伺ったのですが
自然の染めの場合は、媒染と言いまして
金属分と反応させると事によって
色を定着させたり発色させたりをします。

   07.jpg   08.jpg

ここの水の場合は、染めたいとの束を
水槽で浸けてやるだけでも
色が変化する様子がよく分かります。

勉強するように伺う話ではなく
なにげない会話の中に、興味深い話しが沢山出てきます。

玉川屋のお店においで下さった折りにも
写真を見ながら、そんなお話も伝えさせて頂きたく思います。


暦の上では、立秋を迎え
夏から秋へと移り変わる季節にあわせて
玉川屋の店内の趣きも徐々に変わってまいります。

どうぞ、お気軽にお遊びにおいで下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

二十四節季

皆様、いつも有り難うございます
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

八月に入り、いよいよ暑熱厳しい季節となってまいりました。

時候でいうならば「大暑」の時期、
来週は暦の上では立秋を迎える頃なのですが、
実際の陽気は夏本番となるこの時期です。


「立春」や「清明」、「小暑」や「大暑」
  「白露」や「啓蟄」・・・・など
一年を、二十四の時期に分けた暦は「二十四節季」と呼ばれます。

春夏秋冬の4つの季節を、
その真ん中の「春分・夏至・秋分・冬至」の「二至二分」で
更に2つに分けた8つの節を、
さらに3等分することで二十四の節季に分けて
季節の移り変わりを、おってまいります。

元来、中国で作られた暦でもありますが、
季節の移り変わりをきちんとつかむことは
農業などにとっても大変重要なことであり、
日本でも根付いてまいりましたが、

緯度経度や気候の違う日本では合わないところもあり
日本なりの気候風土に合わせて、より季節の移りを反映できるよう
節分、彼岸、土用、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日といった
雑節が取り入れられるようにもなりました。

季節を表す暦には
二十四節季を、さらに3つに分けた七十二侯があり
およそ5日ごとの時候の推移を
「東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)」・・立春の初侯、2月初め
「蚕起きて桑を食む(かいこおきてくわをはむ)」・・小満の次候、5月下旬
といった、動物や植物、自然現象などに関した、具体的な表現で表されています。

    ■今の時期は、大暑の末侯、「大雨時行る(たいうときどきふる)」
      (時として大雨の降る時期、の意)となります。


七十二侯も、当初は中国伝来のまま使われていましたが
生活実感により身近な表現でありますので
そのままでは季節感がずれて不都合な部分もあり
日本の暦学者によって、日本の風土に合った表現を取り入れた
七十二侯が作成もされました。

代表的なものが、1685年の貞享の改暦の折りに
暦学者の渋川春海により作成された本朝七十二侯などがあります。

  一寸、話が逸れますがこの渋川春海は
  日本で最初の国産の暦である貞享暦を作成し、改暦を致しましたが
  その過程は、本屋大賞を受賞した冲方 丁さんの小説「天地明察」に
  表されております。

  この「天地明察」は、
  岡田准一・宮崎あおい出演でこの秋より映画も公開されますが
  その小説の中では、玉川屋の地元の氏神様でもある金王八幡宮が
  主人公の転機の一つとなるスポットとして描かれております。



そうした、二十四節季も
今の時代になりますと、実際の季節感とは
さらにズレを感じることも、少なくない・・・

今のような40度近い気温や、
ヒートアイランドといった現象も昔はなかったでしょうし
気候自体が変化してきていることもあれば、
生活習慣や、ライフスタイルの変化と行ったことも
あるでしょう。

玉川屋でもお店のカウンターの正面に
数メートルの巻物のように筆で書かれた二十四節季が
掲げられています。

ご来店のお客様と、それを眺めておりますと
「今の時期は、ちょうどこの時期」
  「季節の移りが一寸早い気がするけれど,今はこの季節なのね」
そんなお話しが出てまいります。

微妙なズレがあったとしても、今の季節を意識することで
日常の生活の中にも、良いスパイスがきいてくることと思います。

   日々の暦は、玉川屋のホームページの「歳時記」のページで毎日更新しています
     ・・・・<クリック>




そんな二十四節季を、現代の生活実感に合わせた暦に変えてゆこう・・
日本気象協会では、昨年より二十四節季の見直しをスタートして
2012年秋をめどに提案してゆく予定、とのことです。

 ■日本気象協会ホームページ 日本版二十四節季・・・<クリック>
   
 ■日本気象協会ホームページ 二十四節気と季節のことばに関する街頭インタビュー・・・<クリック>
   


2月4日の立春はまだまだ真冬、じっさいの季節の実感とは大分違う・・

その、実際の季節とのズレがあることで、これから訪れる季節により敏感になれる
  そうした事が日本文化の礎になっている・・・

賛否両論、色々な意見もあるようです。


また、言葉としては「芒種」や「小満」など
言葉としてなじみのない語もありますので、
現代の人が聞いても分かりやすい言葉に置き換えたり
季節の行事となる「花見」や「衣替え」などをとりいれた
年中行事表を新たに作ったり、といった意見もあるそうです。

  ちなみに、「芒種」は6月の初め、梅雨入り前の頃、
  芒(のぎ)は稲や麦などの花の外側の穎(えい)の先端にある針状の突起のことで
  芒のある植物すなわち稲を植え付ける時期を指します。
 
  「小満」は、芒種の一つ前の節季で5月の下旬
   "万物長じて天地に満ち始める" の意味で
  田植えの準備が始まり、山野の植物も花から実を結び、蚕が盛んに桑を食べ始める時期
  などとされていました。


 ■日本気象協会ホームページ 日常生活で使う言葉、使わなくなった言葉・・・<クリック>
   


季節の趣きを日常の生活の中でとらえて
それを文化や暮らしの中に取り入れてまいります事は
日本人ならではの豊かな感受性の表れとも思います。

こうした話題やテーマに触れることは
あらためて、季節の移りに気持ちを向ける
きっかけになるのではないでしょうか。

毎日を季節を意識しながら迎えることで
同じように過ぎてゆきがちな日々も、
一日一日それぞれに、違った表情が見えてくることと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



夏本番のこの時期、玉川屋では
 在庫一掃のサマーバーゲン「夏の市」を、開催中です。

夏物、冬物、袷、単衣・・あわせて、
着物や帯を、2割引でのご奉仕中です。

夏のお品は、まだまだお召しのシーズンに
お仕立もお間に合わせいたします。

夏の終わりからの単衣や、秋本番からの袷のお着物・・・
どうぞ楽しみに、お遊びにおいで下さいませ。

   ■ご案内もこちらでご覧下さい・・・summer.gif     
 



    皆様のお越しを、ぜひお待ち申し上げております。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


炎暑厳しい夏の盛り・・・

打ち水、簾(すだれ) 、風鈴、団扇・・昔ながらの
夏の過ごし方も取り入れてみると、暑さは厳しいながらも
気持ちの中にちょっと涼やかさが増してまいります。

初詣や寒い頃に飲むイメージのある甘酒ですが
かっては、栄養価も高く、水分や栄養分を補給しやすい
夏バテ防止の食材として重宝されていたそうです。

冷たく冷やして飲む甘酒も、これからの季節にはお勧めです。


盛夏の候、どうぞお大事にお過ごし下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

店内風景

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今日から8月、暑さも一層厳しさを増してまいりましたが
お変わりございませんでしょうか。

来週は、暦の上では「立秋」を迎え
暑さはまだまだ残りながらも、
季節の変わり目の時期となってまいります。

涼しげな夏物や浴衣が、撞木や衣桁にかかる玉川屋の店内ですが
秋からのシーズンに向けてのお品も、徐々に揃ってまいりました。

玉川屋HPのトップページからお入り頂く店内風景も、
このところは更新が、なかなか進まずおりますが
お店の中の品揃えは、日々変わっております。


昼間に写真を撮ると
入口のウインドウに外の景色が映り込んだり
店内の蛍光灯と、外の陽光がまざって着物の色が出にくくなりますもので、
HPの店内風景のページの写真は
陽が落ちてから写真撮りを始めます。

遅い時間帯まで明るさの残る夏のシーズンには、
嬉しいことに、夕方にお仕事が終わられてから
ご来店下さる方が多くあります。

夕方以降は、お店の仕事が一段落して丁度落ち着いたところですので
私共ものんびりとして、お茶を飲みながら色々なお話しを
ゆっくりさせて頂いておりますうちに
写真撮りもまた明日に・・・なんて、
ついつい、言い訳しておりました。

写真に撮ってアップしたい
それぞれの季節折々のお品も、沢山に揃っております。

今日も、シナ布の帯や、椿の草木染めの藤布の帯など
自然布の帯が玉川屋に届きました。

HPでご紹介しきれないお品をご覧に
お暑い中ではありますが、
どうぞお気軽にお遊びにお寄り下さいませ。





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199