calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

桜のお迎え


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

   01.jpg

先週のこのページで膨らみ始めた蕾をご紹介した、
玉川屋のお店のすぐ手前
渋谷マークシティーの道玄坂上の出口にあります桜が
綺麗に咲いてまいりました。

   02.jpg

背の高いマークシティーのビルをバックにすると
広がる桜が良く映えてまいります。

昨日より今日、朝よりお昼・・・と
コンクリートに囲まれた中で、日毎に彩りを増す桜の花は
季節の映りを、忙しい日常のペースの中でも
はっきりと感じさせてくれます。


玉川屋のホームページ内の「お店までのアクセス」のページでも
   http://www.tamagawaya.info/page/map.html・・・クリック
写真付きでそのルートをご紹介しておりますが、

渋谷の駅から、マークシティーを通ってくると、
今の季節は玉川屋の手前で桜の花が迎えてくれます。

   03.jpg

こちらの側から見る桜の方が、何故か桜の花が重なって
彩りも深く見えるような気がします。

   04.jpg

桜の花の隙間から、ちょうど玉川屋の看板も見えてまいります。

   05.jpg











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

春の奉仕市


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

東京の老舗の呉服店の組合であります「きもの呉盟会」の
今年で54年目を迎えます「春のご奉仕市」
この春も、4月15日(金)より17日(日)の3日間
港区・浜松町の「東京都立 産業貿易センター」の4階の
広いワンフロアーにて、開催をさせて頂きます。

震災の被害もまだ深い中
開催の是非も色々検討もさせてまいりましたが
日々の生業をきちんと守り続けて行くことで、
前向きに進んで行くことで、
伝統を受け継いでまいりました自分達なりの
被災地への力添えが出来るのではないかと思い
この春も開催をさせて頂きます。

例年より照明を落としたり、設えを簡略化したりといった事では
ご来場頂きますお客様方にも、ご理解を賜る事もお願いさせて頂きますが
綺麗な色や柄行で、春らしい季節感や、着物の豊かさを感じて頂ければ
何より嬉しいことでもあります。

お洒落着から、礼装のお品、夏物、男物、七五三祝い着、和装小物・・と
老舗40軒の選りすぐりのお品を、2割引から半額以下でのご奉仕となります。
例年にもましての、良品、お値打ちを、全店心がけて努めております。

桜も咲き始めまして、春も本番となってまいりました。
お出かけを、お待ち申し上げております。

   ■ご来場には、案内状が必要となります。
     詳しいご案内と、案内状のお申込は・・・・こちらからどうぞtop.jpg







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

渋谷の桜


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

渋谷の桜も、蕾が膨らんでまいりました。

   01.jpg

もうすぐ花開くつぼみが一つ・・・

   02.jpg


昨日と今日では、何かが急に変わるのではないのですが
可憐なピンクの花が咲くと、
自分の中でも、何か気持ちが変わってまいります。

毎年、一粒の花が咲き始めると
朝よりお昼、昨日より今日・・・と
日毎に春がふかまるのが、これからの季節です。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

括り

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

   01.jpg

上の写真は、何か分かりますか。

   02.jpg

紬の柄を表すために、括りを施したいとです。

真綿の糸に、
図案にあわせて印を付けて印を付けて
その部分を防染のために木綿の糸でしばってやります。

糸で括った部分は色が染まらぬ為、
ほどくと縞々の糸が染め上がります。

下色を染めてから、括って、絣糸を作れば
2色遣いの、ツートンカラーの縞々の糸が出来ます。

多色遣いの柄を織る時には、この工程を繰り返します。

   03.jpg

柄に合わせて、絣の間隔が
密な部分もあれば、広い部分もあります。

   04.jpg

物差しと一緒に撮って見ると、
大きさの見当も付くのではないでしょうか。
物差しの上側、糸に近い側の目盛りはセンチの目盛り、
下側の目盛りは、鯨尺(くじらじゃく、3.8センチ=1寸)です。

100亀甲の総柄の結城紬1反に括る箇所は
全部で7万カ所ほどになるそうです。


細やかな絣の柄、無地場の多い飛び柄、
 すっきりとした縞の柄、色を遊ぶシンプルな無地・・・

もちろん、細やかに沢山の柄が詰まったお品ほど
手も掛かってはまいりますが、着物姿としてお召しになる時には
それぞれに雰囲気のお好みがある事と思います。

お品に対する、ご自分の想いやお好みを
自由に表現できますことが、お着物ならではの楽しみとも思います。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

150年前の結城紬


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

昨日のブログで、
お召しになるほどに、軽く、丈夫に、しなやかな風合いに・・
と書きました結城紬ですが
写真は、150年前の結城紬の着物です。

   01.jpg

何点か、そんな以前のお品をお預かりしました。
柄行は、今も変わらぬ絣の柄ですが
写真ではお分かり頂き憎いのは、その地風や風合いです。

   02.jpg

真綿独特のモワッとした風合いではなく
ツルッとした地風にすら感じられます。

   03.jpg

アップの写真でご覧を頂くと、
糸の毛羽がとれて、光沢感が出ておりますのが
ご覧を頂けるのではないかと思います。


織りの着物は、お召しになるうちに
その風合いが、しぜんと変わり、ご自分になじんでまいります。

一つのお品を、長く使い込んでゆく楽しみ・・・
それもまた、お着物ならではの魅力でもあります。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199