calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

あいの時期

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

おかげさまで、玉川屋の一年のスタートとなります
新春・吉例の「半額ご奉仕市」も沢山のご来店を賜り
誠に有り難うございました。

今日は久しぶりの日曜日のお休みでのんびりしながらも、
お店の品揃えの確認をして、
明日からは夏の薄物の着物や帯の染め出しに
京都と東京の工房や問屋さんをまわってきます。

移りゆく季節それぞれの趣を
おいでになった折々にお楽しみを頂ければと思います。
どうぞまた、お気軽に
お茶でも飲みにお遊びがてらおいで下さいませ。


「あいの時期の、着物や帯・・」
そんなお話しをする事がお店で多くなりました。

合間、間(あいだ)の時期、
寒さと暖かさ、季節と季節の、どちらともいえない中間の陽気
そんなイメージです。


6月、9月といわれた単衣の着物も
全般的に暖かくなりました昨今は、4月の中頃から11月の始めまで
お召しになる期間が、たっぷりと多くなりました。

その分、以前のように、楊柳や透け感のある単衣生地ではなく
一見すると袷の着物のようにも映るしっかりした地で、
なおかつ軽めの風合いの生地に、すっきりとした色や雰囲気が映るお品を
単衣の着物としてお召し頂きます。


お着物に合わせて、上に羽織る品や帯も
そんなどちらの季節とも言えない「あいの時期」のお品が重宝となります。


   01.jpg

紋紗の着尺地です。
斜めの格子の織り上がりは透けすぎることなく、
でもとても綺麗なドレープの光沢と、軽やかな風合い
うっするらと下にお締めの帯が映る・・・そんな羽織やコートがお作り頂けます。

お色合いも、ひと色抑えた春でも秋でもお使い頂きやすい
やわらかな印象の中間色を中心に、
お染め上がりでも、お好みに合わせてのお誂えでも、
ご用意をしております。



単衣のお着物を、時期広く召しになる時の帯も
透けた夏帯では早すぎますので、
袷にでもお使いになれる帯で、軽やかなすっきりした雰囲気の帯を、
というコーディネートになります。

月が替わり、暦も立春を迎える頃に
そんな帯も機屋さんからお店に届き始めます。

「あいの時期」の帯のお話しは、またそんな数日後に・・・









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

来週は夏

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

1月もあっという間で、
新春吉例の半額のご奉仕市も明日が最終日です。

おかげさまで、沢山のご来店を賜りまして
誠に有り難うございました。


気が付けば一月ももう終わり、
来週は暦の上ではもう春になる立春を迎えます。


お店においで下さった事のある方は
お分かりになる事と思いますが
玉川屋の店の一番奥には、
大きなのれんの掛かった棚があります。

その棚には、一年を通して
織り物、染め物、伝統産地の染織品、礼装のお着物・・
涼感あふれる夏の薄物が入っております。


今晩、お店を閉めた後には、その棚のお品を全部広げて
一つ一つのお品の確認をしておりました。

明日で半額ご奉仕市を終えて
明後日の日曜日にお休み頂いた
翌日の月曜日からは、
この夏のお品の染め出しや注文、仕入れに
京都と東京の染め屋さんや機やさん達をまわってまいります。

工房で打ち合わせを終えて、
玄関を出たら外は雪景色・・・そんな年もありました。

来週の京都は東京より少し寒いくらいのようです、
頭の中を、
今週までの冬の着物イメージから
暑い夏の気分に切り替えて、
すっきりした薄物を揃えてまいります。

暦の上では春ながらも今しばらくの冬の寒さ、
そして春本番、桜の季節
陽差しのつよくなる夏の訪れ・・・

季節にあわせてのこれからの玉川屋を、
どうぞ楽しみにしていて下さいませ。


あたらしい薄物のお話しは、また来週から・・


  (2月2日の火曜日は、京都への夏の薄物の染め出しのため
      渋谷のお店はお休みをさせて頂きます。)





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

羽織ものは、いかがですか


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

新春吉例の半額奉仕市の期間中、
訪問着に振袖、袋帯、
紬、小紋、染帯に名古屋帯・・・
お求めくださるお品も、礼装からお洒落着まで色々ですが、

羽織やコート、道中着、雨コートなど
上に羽織るものをお作りになる方が多くおいででした。


防寒用にビロードや縮緬地のコート、
塵除け用に紬地での道中着、
お天気が悪い時の雨コートや紗のコート、
春先からの紋紗やレースの透けた羽織もの、

お選びになるお品は
その方のお召し方や、ニーズに合わせて色々ですが
「作りたかったけれど、どうしようか迷っていたお品」
そんなお品を、この機会にお作り下さいます。


着物や帯が欲しくて、そちらがついつい先になりますが
いざ、着物姿でのお出かけの機会が多くなると
寒い時のお出かけ、雨の日のお出かけ、
季節や、その日の陽気、お天気などによって
必ず、上に羽織るものが必要になってまいります。

これからの春先の時期からには、
防寒用の上着は要らなくなりますが
着物に帯付きだけの姿では心許なくなってもまいります。

日中は暖かくても、陽が落ちてくると風も冷たく
そんな時には、薄手の羽織ものが重宝です。


つい後回しになりがちな、羽織もの・・
地風も風合いも、織りの模様も色合いも
色々なお品がお揃えしてあります。
ぜひご覧になりにおいでになりませんか。

きっといつものお出かけが、もっと楽しみになる事と思います。





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

睦月の末


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

毎年、玉川屋の新年の幕開けとして
お店で開いております「半額ご奉仕市」、
おかげさまで毎日賑やかに沢山のお客様においでを頂いておりまして
HPやブログの更新もなかなか進まずに失礼をしております。

お店でご奉仕市を開きながら、
浅草での個展にお客様とご一緒したり
春先や夏物の準備や染め出しに加工先をまわったり
外商のお声がけ下さったお客様にお伺いをしたり・・と
毎日忙しく過ごさせて頂いており、商人としてはなにより嬉しい事であります。

そんな中で、ついつい後に回してしまうのが
自分の身の回りの事でもあり
気が付くと、この春は
娘二人のそれぞれの卒業式と入学式、
そして下の娘の十三詣り・・・そんな年でもありました。

娘だけではなく、せっかくならば自分や家内も
こんな時ならではと、着るものの新しい支度を、なんて思いながら
あっという間に一月も過ぎておりました。

歌舞伎座もこの春で建て替えなので
着物を新調したら、せっかくなのでみんなで行ってみたいな・・
箪笥の着物を見直して、どんなコーディネートを増やしてみようか・・

色々考えてみていると、
「あ、お客様たちってこんな風に思いながらお着物をご覧になって、お求め下さるのだな」
とあらためて思ってみたりします。

「あの方のこの着物を・・」
「こんな帯があれば、こんなコーディネートをお勧めしたい・・」
染め出しや仕入れも、色々思いながら楽しみがあるのですが
いざ、自分が着ようと思って見てみると、品選びって本当に楽しいものです。


半額ご奉仕市が終わった翌日からは京都へ、
そして帰った日からは東京で、
今年の夏の着物や帯の、染め出しや仕入れにまわります。

駆け足で過ごして行く、毎日、毎月、毎年、
お買い物だけではなく、
眺めに、お茶を飲みに、お話しをしに・・・
おいで下さった方には、目一杯のお楽しみをご用意しての玉川屋です。


ホームページの更新もなかなか進まずにはおりますが
ぜひ、お気軽にお遊びにおいでになって下さいませ。

おいしいお茶とコーヒーを煎れてお待ちしております。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

雪ざらし

こんにちは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

大寒を迎えた昨日は、東京では3月下旬の気温という
穏やかな陽気の一日となりました。

「大寒」は二十四節気の一つで
一年中で最も寒い時期とされる時期で
「小寒」、「大寒」・・と続いた次の節気が「立春」となり
暦の上ではここから春となってまいります。

「立春を迎え、暦の上では春とはいえ、寒さまだまだ厳しく・・」そんな書き出しが
手紙の文例集などには載っておりますが
「大寒とはいえ、春を思わせる暖かさが・・」
このところの陽気では、そんな書き出しになるのでしょうか。


今朝の新聞に、新潟県妙高の「雪ざらし」の記事が出ておりました。

着物の越後上布にも「雪ざらし」がありますが、
今日の記事は「かんずり」と呼ばれる辛味の調味料をつくるために
唐辛子のアクを抜く、唐辛子の「雪ざらし」の記事でした。

   01.jpg



唐辛子を雪の上にさらして、3日ほどすると、
塩分とアクが抜けて甘みが増してきて、繊維も軟らかくなってくるそうです。
その唐辛子を、塩・麹・柚と混ぜてすりつぶしたものを
2,3年寝かせてあげて「かんずり」となります。

その唐辛子の「雪ざらし」を始めるのが、冬の寒さ厳しい「大寒」の日だそうで、
「かんずり」の語源は、「寒づくり」とも言われているそうです。

写真を見ると、青い空と真っ白な雪に
真っ赤な唐辛子のコントラストが、とても綺麗に見えます。



もう一方の「雪ざらし」、
越後上布の雪ざらしは、冬から春にかけての頃になります。
2月を過ぎた頃から、晴れた日に雪の上に織った麻の生地を並べてさらします。

雪が溶け始める頃の時期に、
積もった雪の上に麻の反物を並べて置いておくうちに、
麻の地がすっきりと綺麗になり
絣の柄もはっきりと浮き上がっててまいります。

雪国の経験則から自然と成り立ったのでしょう上布の雪ざらしですが
布の下の雪が太陽の熱で溶けて蒸発する時に発生する
オゾンの酸化作用で布が漂白されるという、
「酸化漂白」と呼ばれる
実際の科学的な作用もあっての事だそうです。

   以前に行いました玉川屋でのトークショーの「麻の産地の話」の中でも
   越後上布の雪ざらしのことをご紹介しております。・・・クリック

       (このコーナーの5ページ目になります)



季節の移り変わり、暦の時候に合わせて
受け継がれてまいりました習慣や伝統、技法やしきたり、
日常の中で、ちょっと意識してあげる事で
普段の生活のよいアクセントになる事と思います。

明日は、また寒さが戻ってくるようです。
冷え込む夜には、「かんずり」を薬味に、温かいお鍋はいかがですか。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


戦後日本が初めて参加したヘルシンキでの夏季オリンピック。
前年に締結したサンフランシスコ平和条約が発効。
硬貨でかける公衆電話が登場。
手塚治虫の「鉄腕アトム」が連載開始。
NHKラジオ「君の名は」がスタート。
   ・
   ・
   ・
いくつか書き出してみた出来事は、昭和27年の出来事です。

明日から始まる、玉川屋の新春吉例の「半額奉仕市」は
その昭和27年に始まり、今年で58回目をむかえます。

人間の年で言えば還暦近くまで、
毎年、一月のお店で賑やかに会を開かせて頂く事の出来ますのは
おいで下さいます皆様方に、毎年お喜びを頂けているからと、
準備が終わり初日を迎えるます時には、いつもありがたく思っております。

お店の中にも、紅白の幕を張って
賑やかな店内に準備も出来上がりました。
普段は棚にしまってあるお品も、お手にとってご覧を頂けますよう
全部お出ししてお目にかけております。

   「半額ご奉仕市」のご案内はこちらでご覧下さいませ・・・クリック
      

    お店の中の様子も、ホームページでご覧を頂けます・・・クリック
      




60年、70年・・・100年を超えて
みなさまに新春をお楽しみ頂ける、玉川屋の会であればと思います。

本年もどうぞよろしくお願いを致します、
そしてぜひお気軽に、お遊びにおいで下さいませ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お正月に、お着物姿の方を目にする機会が多かったせいか
「今年は、着物を着てみたいのだけれど・・」
そんな風にお店においで下さる方が、1月は多くなりました。

新しいお品をご覧になる方、
お母さまのお品をお直しして活用される方、
お若い頃のお着物をリメイクする方、

着物の楽しみをスタートするには、色々な方法がありますので

ご自分のペースで、先行き長く、じっくりと着物楽しむためには
お一人お一人に、色々な道がある事と思います。


そんな道を通じて
着物を楽しむお手伝いがさせて頂ければと思っております。

着物デビューの方も、着慣れた方も
お茶でも飲みにお遊びがてらで
どうぞお気軽に玉川屋へお寄り下さいませ。


寒暖の差のある日が続きそうです、
みなさま十分にご自愛の上お過ごし下さいませ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199