calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

産地巡り

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

暦が変わると
「あの暑さは何だったんだろう」って位の涼やかさ。

玉川屋でも、店内に掛けるお品が
涼やかなものから、単衣や袷のお品に。

 ■店内の様子も、玉川屋のHPでご覧が頂けます

   00.jpg・・・クリック


ひと月程前の、8月の暑い頃。
お盆を前に少し仕事のペースが落ち着くと
毎年この時期は、産地を巡る事が多くなります。

   01.jpg  03.jpg

お品自体の事も色々勉強させて頂く事も多いですが、
それ以上に、
「どんな思いを持ちながら品創りをしているのか」とか
「続けてきた仕事が、以前と今で何がどう変わってきているか」
熟練した手技を持つ方が少なくなる中で
「これからどんな方法や方向性を持って品を作ってゆくのか」など
ざっくばらんに、色々なお話しを伺えることは、

秋からスタートするシーズンに向けての
自分の店の指針の一つにもなってきます。

   04.jpg   05.jpg

お客様の声を伺いながら、作る方の話を聞きながら、
うまくマッチングが出来て、喜んで頂ける時が
自分達にとっても嬉しい仕事となります。

   06.jpg


写真は、越後方面へ出向いた時には
一番の楽しみとなる「へぎそば」です。

   07.jpg

「へぎ」と呼ばれる器に
一口程度ずつ盛りつけられた蕎麦は
つなぎに「布海苔」を使った
とても腰の有る喉ごしの蕎麦となります。

こんな山の中の中で、何で海の産物である布海苔?
と思いますが、産地である織物の糸の糊付けに
布海苔が使われていた事が始まりだったようです。

東京でもへぎそばを出す店は有りますが
水も違いますし、現地で食べる味がなによりで

季節の良い時期に、産地をまわると
お着物好きなお客様とご一緒に
美味しい蕎麦やお酒、地元の料理を楽しみながら
産地を巡る事が出来たらな、などとも思います。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

入れ替え


お盆休みの開けました先週から、
今年はおかげさまで、まだまだ夏の着物や帯のご用をはじめ
忙しい仕事のペースでの毎日を、過ごさせて頂いております。

以前は、八月に入ってくると
夏のお支度のご用は随分少なくなり
暑い季節の呉服屋は
大分のんびりとした仕事の様子だったそうですが、

昨今は、暑さ寒さを問わず
着物をお召し下さる方が多くなり
それぞれのシーズン、一年を通して
変わらぬペースで商いをさせて頂けますことは
呉服屋にとりまして、とても嬉しい事であります。


「今年の暑さは、特別で・・」という挨拶が
決まり文句のようになっておりましたが、
不思議なもので「処暑」をむかえた今週からは
涼やかさも徐々に出始めて、昨日の東京は
10月中旬の並のヒンヤリとした陽気となり、

玉川屋でも、ショーケースのお品を
夏物から、秋冬物への入れ替えを致しておりました。


シーズンの初めの5月には
入りきらないほどにあった薄物も
おかげさまで、随分とお求めを頂き
大分すっきりとなったショーケースでしたが

   2015.08.27入れ替え.jpg

今日からは、趣きある、秋冬のお品が並びました。


着物や帯には、デザインや色柄の流行がある訳ではないので
ショーケースから、店の奧の棚にしまった夏物も
一般的な、シーズンオフの残った商品という感覚ではありません。


一点ずつ吟味して、染め出したり仕入れました
涼感あふれる全国の夏の染織の品は
一年を通してお揃えをしておりますので、

寒い季節になってからでも
「夏に気になっていた、あの着物を・・」と
お声掛け頂く事も少なくありませんし、

ひと夏、色々お召しになって見て
「やっぱり、来年の夏には、このアイテムが必要・・」と
夏の終わりの今ごろに、来夏用のお品をご覧下さることも
また多くあります。


それだけ、一年を通じて
ご自分なりの楽しみ方や、ご自分なりのスタイルを持って
着物をお召し下さる方が多くなったのだと
嬉しく感じております。


暑さまだ残りながらも、店内のお品が入れ替わると
自分の中の季節感も、自然と移ってまいります。

季節折々の趣きを楽しみに
どうぞお遊びにおいで下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

お祝い着


皆様いつも有り難うございます、
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お盆休みを頂戴して、今日からは秋に向けての玉川屋の開店です。

お盆や夏のお休みの時期は
普段はお忙しい、お嬢さんやお孫さんが
お揃いになれるタイミングでもあり
七五三や十三参り、お振袖などの
お祝い着のお支度をお承りする事が
多くなる時でもあります。

   02.jpg

お写真は、秋の七歳のお祝いにお承りした
可愛らしい薬玉の小紋と、丈二の帯です。

   03.jpg


赤い八掛に、緋色の重ね衿を添えて
刺繍の半衿、華やかな帯揚げやしごき・・・
お仕立上がってお召しになる時には
もっともっと、可愛らしく、上品な着姿になります。

   01.jpg


小紋で作るお祝い着は
大人の方の小紋と同じ着尺地を使いますので
お祝い着として沢山にお召し下さった後々には、

一度解いて、十代、二十代とお召し頂ける
お着物としてお仕立て直しが出来ます。

祝着に仕立てる時には、
なるべくお袖を長くしますので
その分、大人の着物としては
身丈分の用尺や縫い込みが少なくはなりますので、

お仕立直す時には、お袖の丈を短くして
その分残った生地を身頃に足して
大人の身丈分の用尺をとれる様にします。


八掛を、地色と同色にすれば
着物としての雰囲気は大分落ち着きますし、
お着物ではなく、羽織りにお仕立て直しするのも
またお勧めでもあります。


お祝い着として大切にお召し頂き
  次の世代に受け継いで頂くのも良し、
大人の着物や羽織に仕立て直すのも良し、

色々に大事にお召し頂きながらも、
きっと、そのお着物をご覧になる度に
お婆ちゃまとご一緒に選んだ時のことを
いつまでも思い出される事と思います。

そんな想いのお手伝いがさせて頂けますことが
呉服屋ならではの、楽しみでもあります。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

麻襦袢いろいろ

夏や単衣の時期には、涼しく着心地良く
お手入れも楽なのは、麻の襦袢です。

硬い地風のイメージのある麻ですが
お家での洗いも可能ですので
着ては洗って・・を繰り返すほどに
着心地は随分と柔らかく変わってくるものです。

   03.jpg

気兼ねなく使える手頃なお品から、
細い番手の麻には思えない様なしなやかな地風まで
同じ麻の生地でも、地風は品によっても様々です。


同じ様に見える、写真の白の麻襦袢ですが、

   04.jpg

左手は手軽にお使いやすい近江麻の襦袢地。

右手は、
手にとって下さると、肌当たりもとても柔らかな
とても細い番手の小千谷の麻襦袢地となります。

細い糸の番手の小千谷お品は
近江麻よりもお値段も少々お高くはなるのではありますが、
何年でも永く使えて、使い込むほどに着易くなる分
暑い夏を、涼しく着心地良く楽しめるのならばと
お声掛け下さるお客様も多くございます。

   06.jpg



写真は小千谷の120番手となります。

   07.jpg

糸の番手で言えば、もう一つ細い140番手の襦袢もありますが
確かに糸は細くしなやかさも、またましてまいりますが
お値段等とのバランスを見ると120番手がお勧めで
より質感の良いものをお探しのリクエストには140番手を。


1万円台の紋麻の襦袢より、
色々な細番手、白の麻襦袢、色を染めた麻襦袢・・などなど
麻の襦袢も色々なお品がございます。

   09.jpg

お召しのお好みによってお選び下さり
暑い夏を涼しく乗り切って下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

観劇


今年初の猛暑日となった東京でしたが
久しぶりの観劇に、新橋演舞場へ。
家内の絽の江戸小紋は"波に帆掛け船"
私は、細縞の夏塩沢に絽の羽織。

   02.jpg


35度を超す気温の中、勿論汗はかきますが、
風が吹いたり、冷房の中に入ると
男の着物は、そんなに暑さを感じないものでも有ります。

仕事で着ているのではなく、
今日は自分の楽しみ事の為に着ているから
というのもある様な気はしますが・・

家内と話をしていても、
お端折りをして、幅の広い帯を当てる女性に比べて
私の方は、締め付けるところが無く、
下腹に締めた帯から上の方では、麻の襦袢と身体には適度な隙間が空いて
袖口や襟元もゆったりと空いて、風通しも良いものです。

夕刻に帰宅の後には、下に着ていた麻の襦袢は
麻の半衿を付けたままそのまま洗濯機で汗を落せば
明日の朝までにはすぐ乾いてしまいます。

海やプールに行って、裸で過ごしていたって
暑さ厳しく感じる夏ですが、
すっきりとした男物の着物を着てみると
自分の心持ちが凛として
気分としての涼感を感じて頂ける事と思います。


   01s.jpg


男物であっても、下の襦袢がうっすらと映り
目にも、着物ならではの涼感が移ります。

「夏こそ着物が楽しい時期」
そんな想いで、毎夏を過ごす玉川屋です。



 ■夏の着物が大好きな玉川屋のお品は
  HPの「なつものギャラリー」でもご覧になって見て下さい。
  
      title.jpg・・・こちらからお入り下さい









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199