calendar
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
archives
201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (899) 着物の楽しみ方 (594) お勧めのこんなお品・・ (471) 季節を楽しむ・・ (459) お誂え (286) 展示会・イベント (205) 涼を楽しむ・・薄物 (175) 産地 (145) 渋谷 (98) 個展・イベント (56) いにしえ (42) お手入れ (42) 体験 (24) 新着 (23) 男の着物 (14) 保管 (13)
others
admin
search this site.

取り合わせのお楽しみ


【きもの】+【おび】+【こもの】

色合わせを楽しんで見たり、 季節感を出してみたり・・



その取り合わせ方によって、

着姿としての雰囲気はまるっきり変わってまいります



同じ桜の帯で、


(薄色の一越縮緬地の)飛び柄の手描き小紋、アイボリーの三分紐、銀の帯留め

01.jpg   02.jpg


(桜の中心の色に合わせた)暖色系の無地の紬に、同系色の小物合わせ

03.jpg



どちらが良し悪しというのではなく、

その日の気分や好みでの取り合わせを楽しむと言うこと。



この帯は、家内と母が兼用で締めておりますが、

母が締める時には、合わせる着物も変わりますし

それぞれ異なる体格で、着姿の雰囲気も変わります。




きものと帯が同じでも

帯締めの添えるひと色が変わることでも

イメージは大きく違ってまいります



春のお出かけに・・

sakura01.jpg  hiwa01.jpg

          syu01.jpg

midori01.jpg  aka02.jpg

"満開の桜をイメージして"  "花が散った葉桜に、春から初夏への映りを思い"

     "同系色で調えた、品良く落ち着いた趣き"

"つよめの色をアクセントとして、キリッとした着姿や、華やかな雰囲気を"



「ご自分のお気持ちを、着姿で演出できる」ことが

お着物のなによりの楽しみと思います!




お洒落着と、礼装のお着物とを比べると

その遊び方の幅は、お洒落着の方が勿論お広くはありますが


付下げや訪問着のフォーマルなお着物でも・・

「帯の色合いや柄裄、格調」 「伊達衿の色合わせ」 「帯締めや帯揚げのコーディネイト」

着こなしは様々にお楽しみを頂けます。




そんなコーディネイトだけのご相談なども

いつでもお気軽にお声掛け下さい。

もちろん、私共でお求めのお品でなくとも、全然構いません。



「心地良くお出かけをお楽しみ頂く」

そうしたお手伝いが出来れば幸いです!











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

春の観劇


皆様いつも有り難うございます
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

雪の春分から一転して、良い春の陽気となった日曜日
歌舞伎座への観劇に行ってまいりました

3幕それぞれに趣きある舞台共に
お着物での出かけも、皆様、お楽しみがてらの
春の日となりました

桜や木蓮の、季節の帯も
ちょうど季節にぴったりで
日本の着物ならではのお楽しみでもあります。

昼の部、2幕目の「男女道成寺」は
中村雀右衛門丈の先代の七回忌追善狂言
舞台の途中で投げられた手拭いがちょうど私の膝の上に。


帰りには、
歌舞伎座の隣にある文明堂さんの2階のカフェに。
アイスコーヒーのコースターには、
昔のCMの写真が使われておりました。

「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂」
コマーシャルソングのはしりでしょうか、いまだに耳に残っておりますが
知っているかどうかで、結構年代の分かれるところです。

「電話は二番」って何で? と思ったこともありましたが
まだ、交換手さんが電話を繋ぎながら使っていた時代に
文明堂さんの番号が「2」だったと聞いた事があります。


お洒落の楽しい着物や帯と共に
季節折々、また色々なお召しの機会も
お作りして行きたく思っております。

是非、お気軽にご一緒下さいませ。






IMG_2567.JPG

IMG_2556.JPG

IMG_2544.JPG

IMG_2549.JPG

IMG_2559.JPG

IMG_2570.JPG

IMG_0923.jpg








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

渋谷の桜

皆様いつも有り難うございます
玉川屋呉服店の石井貴彦です


昨年植え替えられた道玄坂上の若い桜、
春本番の陽気の週末、花も咲き揃いました。
 
小さな芽もまだまだ残っておりますので
これからしばらくは、毎日のお花見が楽しめる事と思います。
  

桜が咲いているのは、「渋谷マークシティ」の「道玄坂上の出口」


桜の左手には、「玉川屋」の看板も見えてまいります
 


この春に、玉川屋へお遊びの折には、桜を目印においで下さいませ。



005.jpg

003.jpg

001.jpg




季節の柄の着物や帯は、日本の着物ならではのお楽しみ
 
毎年、玉川屋でも、それぞれに趣を変えながら
季節感豊かなお品をお揃えしてまいります

折々のお出かけに、そんな季節のよそおいをお楽しみ頂ければ
嬉しい限りです。

  ■お品の詳しいご紹介は、玉川屋ホームページ
    ギャラリー「季節の着物&帯」のページにて是非ご覧下さいませ

      http://www.tamagawaya.info



<さくらの帯>

103.jpg

104.jpg

101.jpg

102.jpg

<さくらの着物>

201.jpg

202.jpg

204.jpg

203.jpg







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

オーガンディレース

ようやく暖かさの感じられる様になった春三月ですが
来週にはまた寒の戻りもあるようです

防寒用のコートや羽織は要らないけれど
帯付きのままでの外歩きはちょっと心許ない・・
そんな季節でもあります


玉川屋に染め上がってまいりましたのは
オーガンディレースの生地に、柄を刺繍でほどこした
コート地です



800.jpg

402.jpg



写真からではお伝え出来ないのですが、

実際に、お手に取って下さると
片手で軽く持てるくらいの
ビックリするくらいに軽い風合いであるのが
お分かり頂けます



200.jpg


300.jpg



お羽織になると、
コートの下から、お召しの、帯や着物の色や柄が
淡く映って見えてきます

季節の帯など、せっかくコーディネイトした帯や着物の
色や柄が隠れる事なく、ほんのりと映ってくる様子は
趣きたっぷりのお洒落な着姿です




帯映り03.jpg

帯映り01.jpg



その軽い風合いは
淡い色の着物や帯が多い夏の時期にも重宝ですし
春先から秋口まで・・・

寒い時期だけを除いて、シーズンもお広くお役に立つはずです




205b.jpg

104b.jpg



生地は、玉川屋好みの細やかな地紋で織ってもらい
ひと色ひと色を、誂えて染めてまいります




00.jpg

003b.jpg

102b.jpg



コートの色は、
下に着物の色が映ると、その都度変わって見えてきますので
お着物との色合わせを意識する事なく、お好きな色目をお選び下さい

コートと同色の着物に合わせても
刺繍の豊かな光沢感で、綺麗に浮かび上がってまいります

 



玉川屋HPのギャラリーにて
新しく染め上がったお色もご紹介しております

  ■玉川屋呉服店HP
    http://www.tamagawaya.info

季節折々のお出かけをお楽しみ頂けるよう
 色々なお品を更新してお目にかけております







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

新年、仕事始め

変わらぬこと。
毎年新年に思うことの一つであります。
  
新しい道にも進みながら、
一つ一つの節目の折には
毎年毎年、変わらぬ事を続けられること。
 
その事が
歩む道の一つの標となって
進むべき道を、あらためて示してくれる事となります。
 
 
店に揃って顔を合わせられること、
お客様をお迎えする「百福」のお茶碗、
父の幼なじみの店で、近い方々との、祖父母の頃より続く新年の会食・・
 
今日からの新年の仕事始めに、
昨年と同じ事を変わらずに出来る事に、感謝をしつつ
133年目の玉川屋にも、乞うご期待を。



01b.jpg

04.jpg

06.jpg

03.jpg

02.jpg







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192