calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

染めの工程の実演と、お誂え

先週末にご覧を頂いた
東京友禅作家の「や万本 遊幾」氏の
染めの実演

皆様には、お寒い中ご来店を賜りまして
誠に有り難うございました。


01.jpg


今回は、染めの技法や制作のお話のみならず
や万本遊幾さんの、生い立ちや、作品作りへの想いなどを
多くお聞かせ頂き、
お品を通しての色々な想いを
お客様方にお伝えする事が出来た様に感じております


精緻な"糸目糊置き"を施していた帯は
玉川屋よりお願いしております「友禅流し」をテーマの
染帯になります

02.jpg   04.jpg


色々練って作りました図案を
生地に映す、糸目糊置きの工程が
最終日に丁度終えられましたので、

これから、地の色を染める際に
童子や反物の部分に色がかからないように
柄を糊で伏せる"糊伏せ(のりぶせ)"・・柄をマスキングするイメージです
の工程の後、地色を染めます



地色は、写真のような
鉄紺(深みのある濃い紺地)に致しました

水をイメージした、流れの部分はブルー系の同系色にて・・
童子の衣裳や、反物の柄には、地色に映える色を挿して・・

出来上がりをイメージしながら
地色も決めてまいります

03.jpg



時には、ご覧になっているお客様のリクエストに合わせて
地色を変更したり、柄の彩色を変えたり・・
といったことも有りました


ラフスケッチのような下絵からスタートして、
構図や柄を決めて、地色を決め、
  色合いのイメージ、仕上げの雰囲気などなど・・

徐々に、一つの作品として表してまいります



普段は、玉川屋の想いにて、製作をお願いしておりますが
「この帯のここを変えてほしい・・」
「こんな雰囲気の着物や帯が欲しい・・」
「着物・帯だけでなく、 羽織、コート、裏地、八掛、襦袢・・何でも」

ご要望に合わせてのお誂えも、させて頂けます


20.jpg



良くあるお問い合わせには、
 「誂えると、とても高価になるのでしょ?」というご質問が 

お品のお値段は、出来上がりまでに掛けた
手間のお費用・・と思って頂くと分かりやすく

基本的には、玉川屋で揃えておくお品と、お値段は変わりません



お店に揃えるお品より、多く頂戴するのは「お時間」

下絵をご覧頂いて、あれこれ相談しながら・・
沢山の色見本の中から、地色を決めて・・

折々の、工程にて、ご一緒にお品のイメージをお作りする分
「お時間」だけは頂戴致します


でも、その「お時間」が
唯一、自分のためだけの着物や帯への、いっそうの楽しみともなります



着物を楽しくお召し頂くお手伝い・・
どうぞ何でもお気軽にお声掛け下さいませ









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

クリスマスリース作り ワークショップ

絞りの帯揚げ作りや、加賀刺繍の帯留め、履物のお話など・・
色々行ってまいりましたが、

今年最期の玉川屋ワークショップは、12月7日に
「クリスマスリース」のワークショップを。

フラワーデザイナー・華道家としても活躍中の岡本朝晃先生に
大人の雰囲気のクリスマスリースをお願いしました。



店内の、いつもの飾り棚やお着物を片付けて

   001.JPG

ベースとなる、20センチほどの直径の木の枝を編んだ輪と
種類も色々なフレッシュグリーン、
大人っぽい落ち着いた雰囲気のオーナメント・・
お一人分ずつセッティングをして、

   002.JPG



最初は、クリスマスリースの由来や、基本的な構成のお話から

   003.JPG


数種類有るフレッシュグリーンのそれぞれの特徴と
飾り方の説明を聞いて


   004.JPG   005.JPG



皆さんご自分なりのイメージを浮かべながら
黙々と作業に・・

   007.JPG


フレッシュグリーンを同じ向きに流しながら留めて行きます

正面だけでなく、側面にもしっかり巻いて上げると
全体に立体感とボリュームのあるリースが出来てきます

   008.JPG   009.JPG


最初は、先生を呼んで、質問する場面も多かったのですが
だんだんに、皆さん手際も良く

   010.JPG   011.JPG




徐々に出来上がってくるリースは
同じ材料を使いながらも、お一人お一人、それぞれ違う雰囲気に
仕上がってきます

   013.JPG   012.JPG

      014.JPG


一回り、フレッシュグリーンが仕上がると
それぞれのお好みで、松笠や団栗、シナモン、ボタン、鈴、エンジェルなどの
オーナメントを飾り付けて行きます


      015.JPG

   016.JPG   017.JPG




オーナメントの、色使いや量感も、お一人ずつ違う感じに・・

   018.JPG   019.JPG



最期には、出来上がったリースを持っての記念撮影を


   020.JPG




それぞれの、雰囲気での出来上がりは
同じ着物でも、お人によってコーディネイトが違い、着姿の雰囲気が違い・・と
何か通じる様なものも感じます

雪の予報も出ていた寒い日ですが
皆さんのおかげで、賑やかな、暖かい雰囲気の一日でした。



    ★クリスマスまで、玉川屋でも、お店に飾っております

      02-05.jpg

       日にちが経つと、グリーンの色や雰囲気もしぜんと変わって来るそうです






 ■来春は3月に、草木染めの「紫紺」の糸染めのワークショップを開きます。

   綴れ帯の糸を使って染めますので、染め上がりの糸は
      懐紙入れや、カード入れ または

   ご自分のオリジナルの綴れ帯の、織り糸として、帯を織ってもらう事も出来ます!

   Webや店舗でもご案内致しますので、どうぞお気軽にご参加下さい









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

新旧 畳(たとう)紙

皆様いつも有り難うございます
玉川屋呉服店の石井貴彦です。


お召しの機会が多かったり、
年末の大掃除に併せてタンスの整理もしてみたり・・

この時期、お手入れ物をお預かりする事も多くなります。


お預かりする中には、
以前の玉川屋の畳紙に包まれたお品もあります。


   001.jpg


店名とロゴは、変わらずですが
紙の色も年を経た色合いとなり、電話番号の局番も3桁で、


   002.jpg   003.jpg


今はガーゼを使っている紐も、
紙の紙縒り(こより)を使っています。

 (紙の紙縒りは、蝶々結びではなく
  写真の様なちょっと変わった結び方をして
  ギュッと絞りすぎる事なく、綴じておけます)


   004.jpg   005.jpg



包む畳紙は色が変わっても、
中にある着物や帯は、変わらずにお使いが頂けます。
 
ご自分のお好みでお支度されたお品は
年が経って、久しぶりに出してみても、意外としっくり合うものですし

愛着のあるお品を、お身内に受け継げるのも
またお楽しみな事と思います。


永くしまっておくと、着物や帯の生地以上に
紙が湿気を呼ぶ事も有ります。

丁度、年末の大掃除の時期、
タンスの引き出しを開けて、お部屋の窓を開けて
空気を通して上げるだけでも、良いかと思います。

(以前の様に、一つ一つ掛けての虫干しは大変でしょうし
 今は、窓のサッシの性能も良いので、桐のタンスを使っていても
 お部屋の空気自体がなかなか入れ替わらない事も、有るかと思います)


お納めしたお品を
愛着を持って、永く大切にお使い頂けている事は
呉服屋に取りましても、なにより嬉しい事であります。


季節折々のお召しに、玉川屋でお役に立つ事がございましたら
嬉しく存じます。

お手入れやお直し毎も
どうぞ何でもお気軽に、お声掛け下さいませ。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

タピオカ屋さん

残暑お見舞い申し上げます
   
お盆中も暑さ厳し日が続いておりましたが
お変わりございませんでしたでしょうか。

  
  

1週間の夏季休業を頂戴して
本日より、
秋に向けての玉川屋が店開きとなりました。
  


季節の移り変わりに合わせての
趣きを心がけながらの店内も

また、ウェブにてご紹介してまいります。
   
  


どうぞまたお気軽に、お遊びにおいで下さいませ。
  
  
   



休みが明けてシャッターを開けると
   

玉川屋の向かいにありました

江戸・寛政年間の創業の、古くから続く仏具屋さんが

夏前に、店舗を移転した後には、
  


渋谷文化村の前で、いつも長い長い行列の出来る

タピオカ屋さんの新店舗が出来ておりました。
 

   001.jpg

     THE ALLEYtop-logo_w.gif

 
  



道玄坂上の交差点からこちらは、

渋谷駅前や、道玄坂の中腹とも違い

以前からの雰囲気が変わらず残っている方ではありましたが
  


こうして、これからは徐々に景色も変わってくるようです。
  
  
  



駅から、渋谷マークシティを通ると

暑い日も、雨の日も・・楽においでを頂けるのですが
  


駅前から、道玄坂を登ってくると・・・

玉川屋はちょうどバス停一つ分の距離となります。
  


その間の、道玄坂沿いには、
以前から残るお店が
片手ほどしか無くなってしまいました。
   
  



日本人だけでは無く、インバウンドの方もとても多く

毎日が賑やかな渋谷の街ですので

それも致し方ないことではありますが
  


久しぶりに渋谷においでになって

「お宅が残っていてくれて、ほっとしたわ・・」

なんてお声をかけて下さる方も、少なくはありません。
  
  



変化の早い・・ 色々な事象や物が混在しながらもしぜんと融和して・・

そうした、渋谷の面白さの中で  

変わらぬ雰囲気を、大切に守って

「これも渋谷の趣きの一つ・・」

そんな楽しみを感じて頂ける玉川屋でありたいと思っております。
  
  



日本の着物を通じて、
"季節折々の趣き" や、"遊び心"を
お楽しみ頂ける
店作りに努めてまいりますので
  


この秋も、どうぞお気軽に、お遊びにおいで下さいませ。
  



お着物のお楽しみの、一助となれば幸いです。
  









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

寄席の玉川屋

初めての企画となります
明日の、玉川屋「落語会」

今日は、店の模様替えもして
こんな感じの設えとなりました


003.jpg   002.jpg


写真からではお分かり難いかもしれませんが
赤い毛氈を敷いた高座が
ウインドウの外からも、結構目立つっておりました

006.jpg

005.jpg


夏のお楽しみの一つとなれば
幸いですので
どうぞお気軽に、お遊びにおいで下さいませ






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199