calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

江戸小紋 染め上がり

新しい江戸小紋2反の染め上がり。

     01.jpg

柄は、玉川屋で以前から好んで染める
微塵の菊尽くしです。

濃い色で染めれば、白い粒がはっきりと現れて、模様もはっきりするのですが
玉川屋の好みは、色も淡目。

     02.jpg

     03.jpg

     04.jpg
     

模様が分かるような、分からないような・・・
フワリと淡く霞のような染め上がりをお願いしてました。

     07.jpg

     08.jpg

     09.jpg

イメージ通りの染め上がりは
袷にも、単衣にも・・・お勧めのお品です。

帯の取り合わせによって、
格も雰囲気も、折々のお出かけに合わせて
お楽しみ下さいませ。

     05.jpg

     10b.jpg


お洒落の幅のお広い江戸小紋は
玉川屋の好きなアイテムの一つとなりますので
お色目、柄行き・・色々にお揃えしておりますし

お好みに合わせての、柄と色目でのお誂えなども
お承りさせて頂けます。


どうぞお気軽に、お遊びがてら、ご覧になって下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

春爛漫

渋谷マークシティの出口、
道玄坂の上に一本だけ咲く、桜の木。

     01.jpg
                          
日一日と、彩づき、花開き・・
今朝は、晴れた日差しに春の色がいっぱいに。

     04.jpg

     08.jpg                          


桜の向こうには、玉川屋の看板が。
この時期においでの折りは、
この桜を目印におこし下さい。

     07c.jpg

                           

木の根元はだいぶ痛んでもきて
何年か前からは、取り除きの話も時々聞きますが
今年も綺麗な桜に会えました。


     11.jpg











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




                       

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

や万本 遊幾 実演


「だるまさんが転んだ・・」そんな声も聞こえてきそうな
新しい童子たちも、染め上がってまいりました。

     03.jpg

     04.jpg


本日・明日と、細密友禅作家の「や万本 遊幾」氏の
染めの工程の実演を、玉川屋でご覧を頂いております。

     12.jpg

     13.jpg


お話ししながら下絵をおこし
ご自分のお好みや想いに合わせてのお誂え・・
そんなお楽しみもいかがですか。

     06.jpg

     11.jpg


玉川屋では氏の本来のスタイルである
衣装まで細やかに染め上げる童子の意匠で
今回は帯をお染めしましたが、

     02.jpg

     05.jpg


お遊びの図案、季節の柄、モダンな意匠、etc
色々な作風を、折々の想いに合わせて染めて
もらっております。

     01.jpg

     22.jpg


風はまだ少々冷たくありますが
日差しはだいぶ春めいてもまりましたので
どうぞお気軽なご来店をお待ち申し上げております。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

坂の上の桜


東京も昨日に開花宣言。
                          
道玄坂の上、マークシティの入り口に
一本だけ残る桜の木にも、開いた花が、ちらほらと。

     01.jpg

     02.jpg

                          

写真は早朝の一枚ですが、つぼみも膨らんでおり

夕方には花の数も増えておりました。
   

     05.jpg

                    
                          


川沿いの桜は、染め屋さんに行った帰りの神田川。
    

     10.jpg  

     11.jpg

                    

日ごとに色づく街々が楽しみです。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

尺寸物差し


お客様のお宅で、物差しをお借りすることになり・・

お持ち下さった、何本もの物差しの中の
お色も深く変わった一本は
亡くなられたお母様がお嫁入りの時に一緒に
ご用意になった物差しとの事。

裏には「昭和十四年 十月 吉日」
との墨書きがありました。

     01.jpg



数本の物差しの中には
よく見ると、目盛りの異なる物差しが一本。

     02.jpg

「1寸=約3.8センチ」の呉服の寸法などに使う、鯨尺(くじらじゃく)とは異なる
「1寸=約3センチ」の建築などで使われる、曲尺(かねじゃく)の物差しです。

     03.jpg



明治24年(1891年)に制定された度量衡法では
尺はメートルから換算する方法が採られ
曲尺1寸は10/33メートル、
鯨尺1寸は、その1.25倍の25/66メートルと
定められました。



旧計量法では1959年以降での取引や証明に尺貫法を用いることは禁止され、
現在でも、物差しは、下のアップの写真のように
メートル法による物差しに尺寸の目盛りが表記されている・・という形式となります。

     04.jpg

鯨尺と曲尺を、2本並べた前述の写真のような
尺寸のみの表記の物差しは
やはりだいぶ以前の物になることと思います。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199