calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (932) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

平麻襦袢



平麻の長襦袢、綺麗なお色が染め上がってまいりました。
                          
  反物の写真にすると、少し濃いめの色に写りますが
  実際はとても淡く柔らかいお色目となります。

     01.jpg
                          
                          

盛夏、単衣の時期は勿論ですが
紋麻や、
絽麻と違い
目の詰まった平の生地ですので

袷の着物の下に、単衣袖の襦袢としても
お召しが頂けます。

                          

一年を通じて、寒さのつよい日が少なくなった昨今は

お手入れが楽で使い勝手の良い襦袢として

季節関係なく、お使い頂く事も多くあります。
  
                        

(自分でも、真冬以外は、かなり着用機会多いです)
                          
                          

お召しになった後は、お手入れはお家で。
                          

洗える半衿を付けておけば

お召しの後には、そのまま洗濯機に。
                          


洗った後は、手伸しをしてハンガーに・・

翌朝には、綺麗に乾いております。
                          
                          

6月や9月に、

夏物に白い襦袢だと透け感がつよく感じる時に

淡く色の付いた襦袢をお召しになると

色の映り具合ががちょうど良くお召しも頂けます。
                          
                          

一枚お作り下さいました方が

「今度は違う色目で・・」と

リピートして下さる方も多く

常に新しいお色を染めてしております。     
                          
 
(お好みのお色でのお染めも、お承りしております)
                   










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

江戸小紋の染め


先日染め上がりの江戸小紋、
以前に染めた江戸小紋の色目を参考に
色出しをして染めてまいります。

     08.jpg

     09.jpg

     00b.jpg

色無地や付下げの地色などは
色見本帳の色そのままで染め上がりますが

     05.jpg

江戸小紋の場合は、
染めた地色に、白い粒が相まって
本来の地色とはまた違う雰囲気となって
目に映ってまいります。

  生地端の地色の無地の部分と、
  江戸小紋の染め上がりの部分と、
  両方写っている写真をご覧頂くと
  違いがよくお分かり頂ける事と思います。

     11.jpg

     12.jpg

     13.gif

一色の染めでは決して出せない、江戸小紋の「色」ですので
「江戸小紋は、色で着る」
江戸小紋の染め屋さんの、亡くなった先代のご主人からは
よくそう聞かされました。


ですので、江戸小紋を染め出す場合は
色見本帳でというよりは
以前に染めた江戸小紋の端切れを
染め見本とする事が多くなります。

  同じ色で染めても、地色と白の部分のバランスが
  それぞれの柄によって異なってきますので
  染め上がりますと、一反一反またちがう表情にもなります。


     01b.jpg

     02a.jpg

     03.jpg


以前に染めた事の無い、新しいイメージで・・・となると
無地の色から、江戸小紋の染め上がりの色を
自分の頭の中で想像しながら、色出しをして注文してまいります。

     04.jpg


しばらくして、染め上がった反物が届いて生地を広げた時に
「これ!」って良い色目に染め上がっていた時の
嬉しい気持ちは格別ですし

そうしたお品を
「いい色ね」とお客様にお好み頂き、お作り頂く事が
呉服屋にとりましての、なによりの喜びでもあります。


着物や帯、江戸小紋に限らず
染めの品、織りの品・・・
お好みに合わせてのご注文でお誂えもさせて頂けます。

ご自分の思いのこもったお品がお手元にある事は
気持ちも豊かになりますし
お召しの時の気分がまた違う事と思います。

一つのお品を、永く大切にお召しになる・・
そうした、日本の着物ならではの楽しみを
一番堪能もして頂ける事と思います。


そんなお手伝いが出来れば幸いに存じます。
どうぞ何でもお気軽に、ご相談下さいませ。














   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

江戸小紋 染め上がり

新しい江戸小紋2反の染め上がり。

     01.jpg

柄は、玉川屋で以前から好んで染める
微塵の菊尽くしです。

濃い色で染めれば、白い粒がはっきりと現れて、模様もはっきりするのですが
玉川屋の好みは、色も淡目。

     02.jpg

     03.jpg

     04.jpg
     

模様が分かるような、分からないような・・・
フワリと淡く霞のような染め上がりをお願いしてました。

     07.jpg

     08.jpg

     09.jpg

イメージ通りの染め上がりは
袷にも、単衣にも・・・お勧めのお品です。

帯の取り合わせによって、
格も雰囲気も、折々のお出かけに合わせて
お楽しみ下さいませ。

     05.jpg

     10b.jpg


お洒落の幅のお広い江戸小紋は
玉川屋の好きなアイテムの一つとなりますので
お色目、柄行き・・色々にお揃えしておりますし

お好みに合わせての、柄と色目でのお誂えなども
お承りさせて頂けます。


どうぞお気軽に、お遊びがてら、ご覧になって下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

春爛漫

渋谷マークシティの出口、
道玄坂の上に一本だけ咲く、桜の木。

     01.jpg
                          
日一日と、彩づき、花開き・・
今朝は、晴れた日差しに春の色がいっぱいに。

     04.jpg

     08.jpg                          


桜の向こうには、玉川屋の看板が。
この時期においでの折りは、
この桜を目印におこし下さい。

     07c.jpg

                           

木の根元はだいぶ痛んでもきて
何年か前からは、取り除きの話も時々聞きますが
今年も綺麗な桜に会えました。


     11.jpg











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




                       

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

や万本 遊幾 実演


「だるまさんが転んだ・・」そんな声も聞こえてきそうな
新しい童子たちも、染め上がってまいりました。

     03.jpg

     04.jpg


本日・明日と、細密友禅作家の「や万本 遊幾」氏の
染めの工程の実演を、玉川屋でご覧を頂いております。

     12.jpg

     13.jpg


お話ししながら下絵をおこし
ご自分のお好みや想いに合わせてのお誂え・・
そんなお楽しみもいかがですか。

     06.jpg

     11.jpg


玉川屋では氏の本来のスタイルである
衣装まで細やかに染め上げる童子の意匠で
今回は帯をお染めしましたが、

     02.jpg

     05.jpg


お遊びの図案、季節の柄、モダンな意匠、etc
色々な作風を、折々の想いに合わせて染めて
もらっております。

     01.jpg

     22.jpg


風はまだ少々冷たくありますが
日差しはだいぶ春めいてもまりましたので
どうぞお気軽なご来店をお待ち申し上げております。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199