calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (932) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

ウール地

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


呉服屋の仕事は、
一見すると静かで落ち着いた様に見て頂く事が多いですが
実際は、重い荷物も運びますし、正座から立ったり座ったりと
着ている着物には、ハードだったりもします。


絹の着物は、軽く光沢も有り
男物としても、見た目にも、着心地も良いものではありますが、
店で仕事との時に着る着物は
着減りのしないウールを、重宝に着る事も多くあります。


ご普段にお召しになるお客様からのお声掛かりには
お手入れも楽な、木綿地、ウール地、
絹とウールの交織の"紬ウール"などをお勧めしております。

   ウール01.jpg   ウール02.jpg・・・ウール地


   片貝木綿01.jpg   伊勢木綿01.jpg

      会津木綿01.jpg・・・木綿地


   紬ウール01.jpg   紬ウール02.jpg・・・紬ウール






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

畳み替え


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今晩は店を閉めた後に、地元の畳屋さんが
畳みを取りに来てくれました。

   01.jpg

畳みを外して、下に敷いてある新聞を見てみると
平成13年8月の新聞。
2年程はあっという間に過ぎてました。



お店の休日となる明日の日曜日に
畳みの表替えをして
月曜日の朝には新しい畳でお店が開けます。

10日(金)よりの「正藍冷染展」では
気持ちよい新しい畳みで、皆様をお迎え出来る事と思います。









「正藍冷染展」のご案内も、こちらよりどうぞご覧下さいませ。

    hiyasome.gif・・・<クリックしてご案内をどうぞ>








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

紗の雨コート


雨続きの、この数日。
                            
着物でのお出かけには、
雨用のコートも必要となりますが、
                            
つるっとした繻子地調の雨コートにも
目の詰まった生地と、透けた紗風な生地との
二手があります。

   01.jpg

                            
それぞれ、どの季節に着るもの? と、
お問い合わせも頂きますが
目の詰まった生地は、盛夏を除いての3シーズン、
透けた紗風の生地は、真冬を除いての3シーズン、と
お話しする事が多くなります。

   04.jpg
                            

春や秋は、昔に比べると、
日によって陽気も様々となりましたので
暑ければ、涼しげな生地を・・
寒ければ、厚めな生地を・・・
ご自分の感覚に合わせて、その日の陽気に合わせての
お召しがよろしい事かと思います。

   02.jpg   03.jpg
                            

玉川屋の店にて
実際にそれぞれのお品を羽織ってみて下さると
その着心地や、生地の軽さの差に
驚かれる方は少なくありません。
                          
   05.jpg  


お出かけの折りには、必需品となります
羽織やコートなど、上にお召しになるお品。
お好みに合わせて、一つお作になれば
派手地味もなく、生涯お召しにもなれる事と思います。
                            
写真は、"紗のコート地" と "目の詰まったコート地" の
それぞれひと品ずつをお目にかけておりますが
お色目や柄行きには、色々なお品をご用意しております。
                            
雨の季節も、気持ち豊かに
着物姿でのお出かけをお楽しみ下さいませ。






   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

七変化

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


夏を前に道々に彩りを添える紫陽花の花。

   06.jpg   03.jpg

帯の意匠としても好きな植物であり
自宅から店への途中に咲く紫陽花は
この時期、歩いて通う楽しみとなります。

   05.jpg   04.jpg

紫陽花の花の色は、
酸性が強ければ青味に、アルカリ性が強ければピンク味に・・と
土の酸性度によって変り、混じった土だと
同じ株から違う色味の花も咲きます。

      02.jpg

花の色は、咲き始めの頃から、日を経るに従って
また徐々に変わってもゆきます。

別名を「七変化」とも言われることがあります紫陽花は
その移り変わりを、「忠義」に反するとして
武士が好まなかった・・といわれる事もあるようですが
象嵌を施された「紫陽花の印籠」は、とても綺麗なものです。

   07.jpg・・・<クリック>



きょうから七月に入り、今週末には
半月前に染めの様子を拝見してまいりました
宮城県・栗駒の千葉まつ江さんのお品が
玉川屋に届き、10日(金)より14日(火)にて
「千葉まつ江 正藍冷染展」を、店にて開きます。

玉川屋のHPにてご案内もさせて頂いております。
"昔のまんま・・" の藍を、ぜひご覧になって見て下さいませ。

    hiyasome.gif・・・<クリックしてご案内をどうぞ>








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

宮城へ


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


奈良の頃より続く素朴な藍染め。

   02.jpg


熱を加えることなく、
自然の気温のままに藍を建てる
「正藍冷染(しょうあいひやぞめ)」

今では、宮城県の栗駒の
千葉まつ江さんの手によって
日本でただ一軒のみ受け継がれております。

何とも言えない、爽やかな藍の色。

   01.jpg


木桶(こが)一杯分の染料のみにて

   03.jpg

今週の初めより一週間ほど
一年に一度の染めの時期となりますので
明日は宮城まで染めの様子を拝見に
伺ってまいります。

   04.jpg













   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199