calendar
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

麻の染帯

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

明日はもう5月、
春というより気分は夏へと移ってまいります。

本来なら袷の時期ではありますが、
お茶席や正式な集まりなどは別として
普段のお洒落や、気軽なお出かけならば
月がかわれば、暑ければ単衣のお着物で
軽快に楽なお着物姿でもうよろしいことと思います。

早めのお召しの単衣の時には
まだ透けた夏の帯では一寸早い・・
そんな時の、麻の染帯ってけっこう便利なお品です。

絽や紗の夏の生地になりますと
見た目にも透け透けした感じがいかにも涼しげではあるのですが
5月にはまだ一寸早いかな、と気になります。

麻の素材は張りがあり、さらっとした軽やかな地風ながら
生地の目も詰まっていて夏っぽさが強く出過ぎません。

薄物の帯のように、白や薄色がメインではなく
写真のお品のように、色づかいのある帯ですと季節を選ばずに
お使いになりやすいことと思います。

   01.jpg


幅広くお召しになる単衣や、それに併せる帯は
暑すぎず、涼しすぎず・・・春、秋それぞれにしっくり来る雰囲気が
大事になってまいります。


どんなお品がよいのかな?
そんな風に思われたら、どうぞお気軽にお遊びにおいで下さいませ。

季節折々のお出かけに併せての色々なご提案のコーディネートを
お話しさせて頂きます。

お一人お一人、お出かけになるときの気分も違うはずです、
玉川屋のお勧めのお品で、
ご自分の思いにぴったりの取り合わせを見つけて頂くことができれば
嬉しい限りです。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

なつもの展のご案内の準備


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

日曜日も続いて仕事が入っておりましたので
久しぶりのゆっくりとしたお休みの日でしたが、
今日からは、連休が明けてからの「なつもの展」の
案内状の準備をしております。

   01.jpg

ことしも、夏の着物や帯から、着やすい襦袢や小物、小物なども
色々なお品が揃ってまいりました。

連休の合間を使って、お店のお品の入れ替えをしてまいります。
冬や袷のお品も、もちろん一年中ご用意はしておりますが
夏の終わりまでは、お店の棚に隠れてもらって
ショーケースや店内は涼しげな薄物が並びます。

昨日からは、初夏を思わせる爽やかなお天気となりました。
お店の雰囲気も、自分達の気分も
いよいよ「夏」と盛り上がってまいります。

季節折々の雰囲気を楽しみに、是非玉川屋のお店へお遊びにおいで下さいませ!








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

残り布を帯に


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

小紋の着尺で羽織をお仕立てになると
元の反物の長さや、羽織の丈にもよりますが
たっぷりと布が残ることが多いです。

バッグや草履に加工をすることもありますが
柄行と残り布の長さによっては、
帯にお仕立てをお勧め致します。

たとえば江戸更紗の着尺、
細かい文様に多色の色遣いの染め上がりは
下にお召しのお着物を選ばずに、
洒落た雰囲気のある着物姿がお楽しみ頂けます。

    02.jpg

江戸更紗は、きものを染める型紙を使って
帯を染めたりも、普段からしておりますので
残り布を使っての帯も、
新しい帯を一本お選びになったのと同じように
お洒落を楽しめるアイテムとなるはずです。

   03.jpg

上の写真の着尺で、膝がたっぷり隠れるくらいの丈の
長めの羽織をお仕立てしても
7尺(2m80cm)ほどの丈の布が残りました。

そのままでは1本の帯にはなりませんので
お太鼓の裏や、前帯の下巻きの部分に使うため
着物の八掛用の生地を共色に染めて足し布にお使い致します。

   01.jpg

実際にお召し下さると、
お太鼓、前帯、手先・・と外から見える部分には
江戸更紗の深みのある染め上がりが全部出てまいります。

羽織を一枚と帯を一本、
それぞれに、お使いになりやすい素敵なお品が仕立て上がると思うと
着尺1本をお求めになっても、きっとご満足頂けるはずです。


江戸更紗のように、全体に柄が埋まった図案ですと
そのまま帯に仕立てることができますが、
無地場のある小紋の柄の残り切れの場合は
お仕立てしたときにお太鼓や前柄などのポイントになるところの柄に
刺繍を入れてアクセントを付けてからお仕立てを致します。
これもまた、素敵な帯が仕立て上がります。


明日、帯の仕立て屋さんが取りに来てくれて、
連休が明けてからのお仕立て上がりとなります。

お仕立て上がりもまたお楽しみに。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

国宝 阿修羅展


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今日は、上野の東京国立博物館の平成館に
奈良・興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅」展を
見に行ってまいりました。

   01.jpg

このページでも書きましたが、
4月の始めに一度上野まで行ったのですが、
ちょうど桜の時期とも重なりすごい人出で
30分待ちの入館といわれてしまったので
その日は諦めて、今日になって行ってまいりました。

爽やかなお天気で、会場内は人も多かったのですが
ゆっくりと時間をかけてまわってきました。

写真で見る機会はずいぶん多くあったのですが
ガラスケース越しではなくすぐ間近でみることは
やっぱり違うものでした。

出土品の展示などは数多く並べて展示してありましたが、
四天王像、八部衆・十代弟子そして阿修羅像といった展示は
ゆったりとした空間に置かれ、
阿修羅像は360度ぐるりと周囲を回ってみることができて
間近でみたり、少し離れたところからしばらく眺めてみていたり
きがつくとずいぶん長い時間がたっていました。

京都には、自分の店に入る前の数年間住んでいたことがありますが
それ以外は奈良も大阪も関西方面は
ほとんど足を伸ばしたことがありませんでした。

東京、福岡と開催される阿修羅展の後、
10月の半ばからは、興福寺にて国宝の特別公開が始まりますので
こんどは実際に奈良まで、子供達を連れて足を運んでみたいなと思っています。

  興福寺のホームページ・・・・・クリック


興福寺の創建の時の鎮壇具の出土品の中には
唐花文様の彫られた椀なども展示がされておりました。
いまの着物や帯に使う柄とも変わることのない図案でもあり
1300年を経ても変わることなく続いてきているものがあることを
あらためて感じてまいりました。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

平麻襦袢

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今月の14日のこのページで、
目の詰まった平麻をお好きなお色目で染めて
袷の着物の頃から涼しく着られる単衣仕立の麻襦袢の事を書きました。

ちょうどその数日後の、「春のご奉仕市」でも
沢山のご来場を頂き、会場の内もお人の数ともに
暑さも増してまいりますし、三日間の会期中、
一階から四階まで何度となく、登ったり、降りたり、の毎日でした。

その間は、よごれも気にせず動き回れる
単衣仕立ての薄手のウールの着物に、平麻の単衣襦袢、
毎回そんな組み合わせが役に立っています。


ブログや、お便りのメールでご紹介させて頂いてから、
「こんな色目で」と、お声をかけて下さる方も多いですし
玉川屋でもお店に置いておくように何色か染めてもらっております。


「お好きなお色目で」とは言いながら、
麻の生地は正絹とは同じようには染めにくいので、
色の見本も正絹の生地の色見本ではなく染め屋さんに作ってもらった
こんな麻の巻き見本をお目に替えて選んで頂きます。

   01.jpg

巻き見本は、実際は白い糸目の線で江戸更紗の文様を
染める時用に作ってもらった見本反なのですが
無地に染めるときの色見本としても使っております。

20数色有るのですが、「このほかの色目で」というときには
普段使う正絹の色見本帳から、色を選んでお目にかけます。

   02.jpg

麻に染めてみると、正絹に染めてある色合いより、
光沢が無くなりおさわった色目で目に映ってまいります。


肌にひんやりと涼しくお召しになれる麻の襦袢は
春から初夏、そして盛夏まで広く着心地を楽しんで頂けます。

もちろん襦袢としてだけではなく、
更紗を染めたり、絞りで染めたり、墨流しを染めたり・・
夏の涼しげな小紋の着物としても、麻の生地を活用致します。

すっきりとした縞や、男物風なシックな色目も楽しいながら
色合いや、柄行を楽しむ、麻の小紋もこの夏のお勧めです。


   5月13日(水)よりは、いよいよシーズン本番「なつもの展」を開きます、
   涼感あふれる、玉川屋のうすものを、どうぞ楽しみにしていて下さいませ!
   





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199