calendar
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

秋の夜


立春から数えての二百十日は
台風の多い日との謂われもありますが、
二百五十日ほどに当たる、今年の10月の台風が過ぎた後には
急に秋の涼しさも増してまいりました。


「涼しさ」が「寒さ」になるのは
どんなタイミングからでしょうか。

夏の暑さが、涼しさに変わるころには
ホッとした心地良さが感じられます。

「芸術の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」「読書の秋」「行楽の秋」などなど
秋になる事で、色々な事に対する気持ちが前向きになるのは
そんな心地良さ、よりと思います。

夏の"暑さ"を終えた、心地よい"涼しさ"から、冬を感じさせる"寒さ"へ・・
その日の気温や陽気のそれ自体よりも、
「季節の流れの中の、今は何処に居るのか」を想う事で
"涼しさ" が "寒さ" へと変わってくる事と思います。



秋の季語で「夜長(よなが)」の言葉もあります。

一年の中で、夜が一番長いのは
「冬至」(12月の20日過ぎにあたります)ですが
実際に、夜の長さを感じるのはその当日ではなく、

昼夜が均しくなる「秋分」から、「冬至」までのあいだの
日毎に陽が落ちるのが早くなってゆくのを感じる
日々の生活の中での事と思います。




着物は、シルエットのデザインは一年を通して変わる事はありませんが
素材や生地の地風、仕立て方や、色や模様づけなど
折々の時期でしぜんと変わってまいります。

日付や暦に合わせての衣替えもありますが
ご自分の感覚の中で「季節の流れの中の、今は何処に居るのか」を思いながら
コーディネイトやお取り合わせを楽しんで頂けるのも
日本の着物ならではの魅力と思います。



お出かけにも心地よい季節、
どうぞお気軽にお着物をお楽しみ下さいませ。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


10月31日(金)より11月2(日)の3日間
今年で33年目を迎えます

   きもの呉盟会「秋の大蔵払い」を

東京港区・浜松町の「東京都立産業貿易センター」にて
開かせて頂きます。



東京の老舗の呉服店30余軒が集いまして
各店からの選りすぐりのお品を
2割引より半額以下での大ご奉仕となります。

  ■会場内は、各店毎のブースが作られるのではなく
   「小紋なら小紋」「染帯なら染帯」「訪問着なら訪問着」・・と
   各品種ごとに、30数軒分のお品が集めて展示してあります。

   沢山のお品の中から、お気に召すお値打ち品が見つけて頂けますのが
   33年続きますこの奉仕市の魅力であります。


玉川屋でも今週末より、出品するお品の準備を始めますが
各店が厳選をして、仕入れたり誂えたお品に、
3日間だけのお安い値段の正札を付けて会場に並べますので

単なるバーゲン品ではない、お値打ちのある品揃えが
毎回ご好評を賜り、30年以上の歴史となっております。



超特価のお値打ち品から、逸品のご奉仕品・・

普段の気軽なお洒落着から、晴れの日の礼装着、
 七五三やお振袖のお祝い着、男の着物、和装小物まで・・

           豊富にお揃えを致しております。



今回は、お客様のお手持ちの布地でお草履の鼻緒をお作りする企画も
ご用意しております。

お着物姿でご来場の方には、小物のプレゼントもありますので
秋の良い季節、どうぞお気軽にお遊びにおいで下さいませ。



  ■ご来場には、案内状が必要となります。

    詳しいご案内や、案内状のお申し込みは、こちらからどうぞ。

     00.jpg・・・クリック
     



例年より半月ほど早い開催となりますが
心地よい秋の連休ともなりますので
皆様のご来場を、お待ち申し上げております。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


また、この週末の25日(土)・26日(日)には、

東京の染めを代表する
 「江戸小紋」「江戸更紗」「東京手描き友禅」「湯のし」の四つの工房を
スタンプラリー形式で自由に見学して頂ける

染めの街・落合「工房見学&スタンプラリー」を開きます。


伝統を今に受け継ぐ染めの工房を、じっくりとご覧になれる貴重な機会ですので
こちらもどうぞお気軽にご参加下さいませ。


   ■各工房を巡ると、約3時間ほどの行程です。
     それぞれの工房でスタンプをもらい、四つの工房のスタンプを揃えると
     染めの行程で使う道具をデザインしたオリジナルの手拭いを
     先着200名様にプレゼント致します。

工房マップのお申し込みと、詳しいご案内はこちらからご覧下さい

    01.jpg・・・クリック

    



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



日毎に早くなる秋の落日は、「釣瓶落とし」にも例えられます。

源義経が平家の軍に向かい急斜面を下り降りる
平家物語の鵯越(ひよどりごえ)の場面にて、

「大盤石に苔むして、釣瓶落としに十四五丈ぞ見下したる」と
坂の急な具合を示す描写があり
本来はまっすぐに早く落ちる事の形容だったようですが
しだいに秋の落日の喩えとして定着してきたそうです。

実際には、釣瓶のある井戸自体を見る事はほとんどありませんが
その分逆に、イメージとしての情景はより深いものとなる気も致します。



お着物でのお出かけには心地よくなりましたが
寒暖の差が大きくなる時期でもあります、
どうぞ皆様、ご自愛の上お過ごし下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

三才山紬 飾り紋

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


   05.jpg

三才山紬は「みさやまつむぎ」と読まれる
信州は松本の横山俊一郎さんの工房にて織られる
草木染めの織り着尺となります。

写真は、上溝桜からの染料にて染められた糸で織られた
無地の品となります。

しっとりとした地風のように写真からは伝わるかとは思いますが
実際にお手にとって下さると
ほどの良い張りの有る、とても軽い風合いの地風である事が
お分かりを頂ける事と思います。

   04.jpg

袷の着物としても勿論の事ですが、
その軽やかな地風は
時期を広めにお召しになるお単衣のお仕立にも
お勧めしたいお品であります。


今回は、同系色の八掛を染めて袷の着物に。

十分な趣きがあります
その自然な色合いと、やわらかな節の表情ですが
一つアクセントを・・とのご要望に
草木染めの生地の色合いを活かしながら
シンプルな色遣いの刺繍にて、飾り紋を一つ添えさせて頂きました。

   01.jpg   02.jpg

吉祥の小槌の柄を日本刺繍にて。

お目出度い柄ではありますが、金糸や銀糸の光る糸は使わず
すっきりと、生地の同系色の濃淡の色合いにて。

色合いは抑えながらも、胴の部分や流した紐なども表情豊かに。


   03.jpg

お仕立上がってお召しになるときには
明かりの当たり具合によって様々に表情を変えながら
生地から浮かんでまいります。




生地から目立つアクセントとして
飾り紋をお入れする事は多くはありますが
こうした、色調を揃えてのワンポイントも
光沢を持って浮かぶ刺繍での飾り紋ならではと思います。

新しいお品への誂えだけではなく
お持ちのお着物に飾り紋を入れたり
無地調のお着物に、付下げ風に柄を入れたり・・・と
色々なリメイクを楽しめるのも、着物ならではの魅力でもあります。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

筥迫

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


10月も半ばを過ぎると
そろそろ七五三のお祝いをされる方のご予定が入ってまいります。

11月15日が七五三のお祝いとされてはいましたが
お子さんご本人の、学校や幼稚園での行事の多い時期でもあり
10月末から12月の初めまでの間に
ご家族皆さんのご都合に合わせて・・・という事が多くなってまいりました。

   01.jpg



写真は、七歳のお祝いの「筥迫(はこせこ)」のセットです。

「筥迫」「香袋」「丸ぐけの帯締め」「末広」
華やかな色に、可愛らしい刺繍が入っております。

      02.jpg

筥迫は、江戸時代に女子が懐中して用いた紙入れの一種で
装飾の施された華麗な生地に、懐紙,箸差(はしさし),懐中鏡などをいれ
とじ帯には小さな香袋をつけて、武家の女性が正装の折りに携える小物と
されてまいりました。

帯でおさえられた衿の合わせに差し込み携えられる筥迫は、
付け紐の子供の着物から、幅広の帯を帯を使い始める
"帯解きの祝い" とされる七歳のお祝いでも
小物の一つとして使われます。

   03.jpg

可愛らしいその雰囲気は、置いておくだけでも
お店の中が明るくなってまいります。



お宮参り、三歳、五歳、七歳、十三参り、
お子様の健やかなご成長を願うお祝い・・・

着物や帯だけではなく
小物も色々とお揃え致しております。

何でもお気軽に、ご相談下さい。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

新宿・落合 工房見学


いつも有り難うございます、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

先日、玉川屋での模様師さんの実演の様子を書かせて頂きましたが
今月の下旬、10月25日(土)、26日(日)の両日は
新宿・落合にて、今年で13回目を迎えます「工房見学&スタンプラリー」を
開催させて頂きます。



水の流れのある所では以前は東京でも各所で
染めが行われておりました。

玉川屋のあります渋谷道玄坂から
三軒茶屋方面へ国道246を数分進んだ所に流れる目黒川・・・

最近では、春の桜の名所としてもよく知られておりますが
以前はこの川の畔にも染め物屋さんがあり
川の水にて友禅の染料や糊を流す光景が見られたようです。

  ■以前のブログにも、その様子を書かせて頂いております
      01.jpg・・・<クリック>(こちらのページの中程となります)



清らかな水と、広い土地を求めて
神田川を上流に上ってまいりました新宿・落合は
「妙正寺川」と「神田川」の二つの清流が "落ち合う場所" として
落合の名が付いたとも伺い、
江戸時代は、その清流を求めた蛍が集まる名所としてもしられ
新宿歴史博物館に所蔵される浮世絵の「落合ほたる」に
蛍狩りを楽しむその様子が、残されております。

   02.jpg


先日の玉川屋でお目にかけた、友禅挿しや糊置きの仕事は
畳み数畳のスペースでも十分可能ではありますが、

「板場」や「引き場」といった
12〜13メートル有る反物を何反も並べて長く張り
型紙で糊を置いたり、刷毛で地を染めてゆく仕事には
広いスペースも必要になってまいります。


同じ「染め」の仕事と言っても
その様子はそれぞれの技法によっても大きく異なってまいります。

そうした色々な染めの集まった、東京の産地として
落合は、まだその姿を変わらず受け継いでおり、
この「工房見学&スタンプラリー」は
週末の2日間、「江戸小紋」「江戸更紗」「東京手描き友禅」「湯のし」の
四つの工程の工房を自由に見学出来る貴重な機会として
ご好評を賜りながら、13年目を迎えます。


   03.jpg   04.jpg

写真のマップとスタンプ用紙をお持ちになって
25日(土)・26日(日)の2日間は自由に四つの工房を巡り
ゆっくりとその手技の様子をご覧になって下さい。

スタンプ用紙に、各工房で一つずつ
4つのスタンプを押すと一つの図柄が完成しますので
それをゴールの上落合町会会館にお持ち下さると
毎日先着200名様に
染めに使う各工房の染織道具をデザインしたオリジナルの手拭いをプレゼント致します。

マップやスタンプ用紙のお申し込みは
玉川屋まで、お気軽にご連絡下さい。
お友達やご家族の分など必要でしたら
お入り用の部数をお知らせ下されば、何部でも大丈夫です。

   mail01.jpg・・・クリックして、「お名前」「ご住所」「ご希望の部数」を、メールにてお知らせ下さい。



一つ一つのお品が、丁寧に染められて行く様子をご覧になる事は
お持ちのお着物や帯にも一層の愛着がわく事と思います。

秋の良い季節、皆様のお気軽なご参加を
是非お待ち申し上げております!








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

細密友禅

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

織り、染め・・・
一つのお品が出来上がるまでには
色々な技法や手の仕事が積み重なって
着物や帯となって現れてまいります。

普段は見る事のない
そうした手仕事をご覧頂く事は
お持ちのお着物への愛着を
よりいっそう深める事にもなります。


工房見学や、染織工程の実演、トークショーなど
玉川屋でも色々な機会を作らせて頂いてまいりましたが
先週末の玉川屋では、
繊細な糸目で精緻な柄を染め上げる山本遊幾氏に
その手仕事の実演をお願いしておりました。

   04.jpg


細密友禅と名付けている細やかな糸目の線は
童子の柄を描くときには、髪の毛一本一本に至るまで
特に特徴が豊かに描かれてまいります。

   02.jpg


イメージとすると生クリームを絞る袋、
細い細い口金を付けた筒に、糊をつめて握り
絞り出しながら、その精緻な線を引いてゆきます。


構図、下絵、糸目、友禅挿し・・・
表情豊かな童子が、生地の中から現れます。

   08.jpg   06.jpg


糊に染料を混ぜてやると、糊を落としたときに
生地にはその色が残り、微妙に異なる色目の糸目のラインとなります。

色の部分には白い糸目、顔の輪郭には微妙な肌の色に近い色目の糸目、
髪の部分には糸目の線が浮きすぎないように、やわらかなグレーに・・

同じように見える、細い糸目の線にも
柄を生き生きと映すための想いがこめられております。

   07.jpg




お得意様や、着付け洋室の生徒さん、
この実演をご縁に初めて玉川屋においで下さるお客様・・と
色々な方々に、丁寧な手の技をご覧頂く事が出来ました。

   03.jpg


染め上がったお品の豊かな趣きは勿論の事ですが、
下絵から始めて、ご自分のお好みに合わせての
一からのお誂えをお承りさせて頂きました方には、
染め上がるまでのワクワクする気持ちも共に
お楽しみ頂ける事と思います。


実演の様子は、「美しいキモノ」にも連載をお持ちの
朝香沙都子さんがブログの「きものカンタービレ」にも
書いて下さっております。・・・・<クリック>






   ■今月の末、10月25日(土)・26日(日)の2日間は
     今年で13回目を迎えます、新宿・落合での
     「工房見学&スタンプラリー」を開催いたします。

               00.jpg

    東京の染めの現場を、ゆっくりとご覧になれる貴重な機会です。
     近日中にご案内もさせて頂きますので、ぜひご参加下さい!











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199