calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

ぽっくり


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


七五三のお祝いにお納めする
可愛らしく、品格のある「ぽっくり」です。

   01s.jpg

自分の娘の時にも、私の母(娘からすれば祖母)が
「ぽっくりをを履かせて写真を撮りたい・・」との想いで
今でも良い思いでの写真となって残っております。

      04s.jpg


実際に履かなくなってからも
綺麗にお手入れして
飾っておかれたお客様もありました。

      06s.jpg

お着物や帯ならず、お履物や小物の一つ一つにも
ご家族皆様の想い出が残り
その思い出と共に大切に受け継いで頂けます事が
なにより嬉しい事でもあります。

   08s.jpg



新しいお品のお支度と共に
お持ちのお品のお手入れやお直しなども
お気軽にご相談下さいませ。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

おみなえし


いつも有り難うございます、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


昨日、お伺いしたお客様のお庭から、ひと枝を頂戴しました。
「おみなえし」
 
   01s.jpg    
                    

初秋の色です。

                           

夏や秋の着物や帯の意匠としてもよく使われるモチーフでもあり
染帯にするとこんな感じに。

         05.jpg

「おみなえし」の
「おみな」は「女」を意味し、「えし」は「圧し」が語源とされて、
美女をも圧倒する花の美しさ・・ そんな由来が伝えられています。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

敷居の低い


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


今日のお昼間、初めてご来店下さいましたお客様。

お近くにお住まいの方でしたのですが
お話をしているうちに、
「前はよく通っていたけれど、敷居が高そうな」
なんてお話を伺いました。

呉服屋は、よく「敷居が高そう」とか
「入ったら買わなくちゃならなそう」と言われがちです。

自分達では、気軽においで頂きたく思っていますし
お店でお遊び頂きながら
お気に召すお品があった時には、良いお買い物を、と
思っておりますが・・


お着物のお買い物は、
ご自分でパッとお選びになって「これ下さい」
という感じではなく、
お話しをしながら、お好みやお持ちのお品、お召しになる先、
色々な思いをお伺いしながら、良いお品が見つかった時に
良いお買い物がして頂けます。

確かにその分、お店においで下さると
お茶を飲みながら、ごゆっくりとして頂ける雰囲気を
心がけてはおりますので、
中に入れば落ち着ける分、外からは入りにくそうに
感じられるのかもしれません。

呉服屋を重宝にお使い下さる事が
お着物を気軽に楽しくお召し頂ける事の良い道とも思います。

秋涼の心地よい季節、どうぞお着物お楽しみ下さい。



「敷居が高い」で思い出したのは、
着物のライターとしてご活躍の君野倫子さんが
お書きになった「平成着物図鑑」

   01.jpg

辞典のように、五十音順に色々な着物関連の言葉を
面白く解説してあるのですが、

   02.jpg

その中の、【敷居の低い呉服屋さん】の項目で
玉川屋の事を書いて頂いておりました。

   03.jpg


気軽な、何でもご相談頂ける、敷居の低い呉服店・・
 今でもずっと変わらず、そんな玉川屋であります。

どうぞお気軽に、お遊びにお寄り下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

三才山紬

秋涼の良い季節を迎え、
澄んだ高い空に、着物でのお出かけにも心地よい時期となりました。

しばらく前となりますが、盛夏の時期
信州は松本の、三才山紬の横山俊一郎さんの工房に
懇意の問屋さんと、お伺いをさせて頂きました。

生糸の経糸(たていと)と、紬糸の緯糸(よこいと)による
織り上がりからの、やわらかな光沢感は
私に取りまして、三才山紬ならの一番の魅力となります。

   00.jpg


もう一つの魅力は、一見すると真綿風の見た目もあり
ふっくらとしたイメージを最初は感じるのですが
実際に手に取ると、その風合いは軽いサラリとした質感。

   01.jpg

お単衣にもお勧めですし、袷なら同系色の八掛をつけて・・と
袷にも単衣でも、どちらもお進めのお召し方となります。

 (いぜんには、無地の三才山紬に
  刺繍で飾り紋をお入れした事もありました)

   10.jpg   09.jpg


趣きの豊かな色合いの糸は
ご自分の裏の山で育てた草木で染められます。

   07.jpg   05.jpg

胡桃、上溝桜、栗、山漆、梅・・・

   03.jpg   04.jpg

         06.jpg   08.jpg

織りの技法のお話しも勿論の事ながら
今回は、その糸の染めの話しを大変興味深く聞かせて頂きました。

染め上がりが微妙に異なるそれぞれの糸、
それを経糸・緯糸で組み合わせる事により
さらに織り上がったお品のお色目には深みが増します。

恵まれた自然の中と、拝見しながらも
周囲の環境や生態系の変化によって
従来出来ていた草木の染めが難しくなってくる・・

そんなお話を伺うと、
これから先のもの作りについては
また考えるべき事が深くなってまいります。


それでも、横山さんの工房では
お嬢さんが継いでお手伝いをされているとの事で
私達世代の呉服店に取りましては、とても心強い事でもあります。


織りの紬の着物にも、綺麗な色を楽しめる
「落ち着いた品の良い灰桜の色」

黒でもなく、墨色でもなく、茶でもなく・・
「深みのある濃い栗色」

今回は、染まった糸を拝見しながら
自分の中で持っていたイメージをお伝えしながらの
お品のお願いもしてまいりました。

   02.jpg

毎回の糸の色上がりも微妙に異なり
それぞれに風合いの違う経糸と緯糸が組み合わさって映る色目は
後染めの色の出し方とはまったく異なってまいります。

単に具体的に "この色を"というのではなく
染め上がりの糸の色を見ながら
さらに思いやイメージをお伝えする事で、

糸を染めてもらい、経緯の糸を織り上げて
出来上がってくるお品は、私の頭で思う以上のものと
今から楽しみにもしております。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

長月九月


いつも有り難うございます、
玉川屋呉服店の石井貴彦です。



菊月、菊咲月、紅葉月、玄月、寝覚月、色取月・・・
いづれも旧暦九月の呼称となります。

一般的にしられる「長月」の呼び名も
秋が深まり夜が徐々に長引いて行くことからの
「夜長月」が由来とされます。


「菊」には、
花の咲く時期でもある事ながら、
古来中国で縁起の良いとされる陽の数の九が重なる事から
九月九日は重陽の節句とされ、
前夜に菊の花を綿で覆い、その露や香りを移した綿で身を拭う「菊綿」や
「菊酒」を飲す事などで、長寿延命を祈る慣習がありました。


「色取(いろどり)月」や「紅葉月」は
紅葉・黄葉により徐々に色づいて行く景色。

夜が長いので寝覚めがちとなる由より「寝覚月」

季節の変わる様子が、それぞれの言葉より感じられてもまいります。



この季節の様子を表す
「秋澄む」という時候の言葉が好きです。 

朝の早い時間に、戸外へ出た時に感じる
湿気のつよかった残夏の陽気から
涼やかさと、爽やかさから感じられる
秋の陽気への移り変わり。

空気が透き通り、空も高く感じられるような感覚。

そんなすがすがしさが表わされた
「澄む」という言葉には
五感にそれぞれに感じられる
季節の移りがある事と思います。




陽気も、気分も、がらりとかわる
この季節の変わり目は、呉服屋にとっては
絽や紗の薄物の時期が終わり
新しいシーズンが始まる時期でもあり、


お正月の様に
新しい一年のスタートと感じられるのが
この九月となります。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


秋本番からの着物シーズンに向けて
単衣や袷の、着物や帯の、お支度の時期


9月11日(金)より15日(火)は
玉川屋の店舗にて

 ■ 秋のおしゃれの第一歩・・
  「九月長月・秋の荷開きの会」を開いております。

     (13日の日曜日も開いております)


  ご案内もこちらより、ご覧下さいませ

    01.gif02.gif・・・クリック



今年で17年目となります「綴れ帯」の個展をはじめ
昨今お召しの期間の広くなった「単衣」向きの着物や帯、
振袖、七五三、十三参りなどの「お祝い着」、
季節折々の帯や帯留めなどの小物、凛とした男物などなど・・


秋からのお洒落をお楽しみ頂くご提案を
シーズン到来に一足早く、玉川屋でご覧頂ければと思います。

皆様方のお気軽なお出かけを、ぜひお待ち申し上げております。



   「袷」「単衣」そしてシーズン最後の「夏物」と
     お洒落着から、フォーマルまで
     折々のシーンのお品を、お揃えいたしております。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




お楽しみになった、夏のお着物のお手入れは大丈夫ですか。
暑さ厳しくありました今年の夏は、汗も沢山かかれた事と思います。


汗は後になっての変色の原因となりやすいもので
ちゃんとお手入れしてからのお片付けを、お勧めいたします。


ホームページでは、お手入れのサービス券もご用意いたしました。
夏物に限らず、大事なお着物や帯の、お手入れやお直し
この機会に、何でもお気軽にご相談下さいませ。


  こちらページの最下部より、ご利用下さいませ
   DM04.gif・・・クリック




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



秋の季語の一つが「星月夜(ほしづきよ、ほしづくよ)」

満天の星が輝き、月夜のように明るい夜。

月夜のようにと書くのは、
月は出てなく、星明かりのみの夜。

夏の星空とは、またちょっとニュアンスが異なり
先に書きましたような、「澄んだ」秋の夜空に
星の光が通り届くような情景でしょうか。


街の灯りがつよい東京では
綺麗な星空はなかなか期待出来ませんが
星の映える澄んだ夜空を眺められるのを
この秋は、楽しみにしております。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199