calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

夏物への入れ替え

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

連休が明けての玉川屋は、
袷の着物や帯から、夏物へ・・・と
店内のお品の入れ替えの真っ最中です。

   01.jpg

もちろん、袷のお品も無くなってしまうのではなく
メインのショーケースには夏のお品を揃えて
袷のお品は店の正面の棚へと、入れ替えてまいります。

   02.jpg

模様替えを終えると、
写真のショーケースも夏の着物や帯でいっぱいとなってまいります。



季節の趣や、遊び心たっぷりの
夏の着物や帯は、今年もしっかりとお揃え致しました。

あさっての5月9日(金)よりは
「玉川屋 単衣・なつもの展」をお店で開いております。

   03.gif・・・詳しいご案内はクリックしてご覧下さい

24日(土)までは、日曜日もお休みせず開いております。
季節本番に一足早く、どうぞお気軽にお遊びにおいで下さいませ。












   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

祖母達の羽織姿


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

古いアルバムから見つけた写真。

祖母がまだ若い頃の、
呉服店の組合の婦人部の旅行会、
そんな写真のようです。

   01.jpg

皆さんが、着物に羽織姿。

揃っての 羽織姿というと
入卒業式での黒羽織が思い浮かびますが、
モノクロの写真ではありますが
無地有り、小紋柄有り、絵羽柄有り、
薄色、濃い色、と
なかなかカラフルに雰囲気も様々に感じられます。

羽織の丈も、店に残っていた祖母の羽織を見ると
それほど長くはなく、腰がちょうど隠れる感じ・・
そんな長さのようでした。

羽織は、今の洋服で言えばジャケット。

洋装では寒い時には、ジャケットの上にコートを着る様に
和装でも羽織の上に道行きコートを、ということで
コートの丈は羽織より1~2寸長めに仕立てをしておりました。

最近では、東京などでは寒い日が少なくなってきた事もあり
お作りする羽織は、膝がたっぷり隠れるほどの丈に仕立てて
一年を通じて羽織一枚でお過ごしになる、
コート兼用の様なお召し方も増えてまいりました。


春本番の、着物姿でのお出かけにも心地よい季節。
着物に帯付きだけのおなりだと
なんとなく心許ないものでもあります。

羽織姿のお洒落を、どうぞお楽しみ下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

菜の花

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

季節折々の趣きを装えるのは
着物ならではの楽しみの一つでもあります。

   01.jpg

春の野を彩る「菜の花」
すっきりと伸びる太めの茎が
集まって咲く小さな花の塊を支えます。

2月頃末頃から咲き始め、
周囲一面を黄色く染める群生の様子は
春の訪れから春本番を感じさせる情景でもあります。


おひたしや和え物として食されたり、
ひな祭りの節句の時に桃の花と一緒に飾られたり、
菜種油としてや、養蜂の蜜の原料花として・・などなど
生活にも身近な春の花であります。



塩瀬地に染められた「菜の花」の染帯。

   02.jpg

輪郭に白い糊の線が入る"糸目友禅"とは違い
水彩画を描く様な雰囲気にて、染められています。

一色一色を染め分ける通常の糸目友禅や
同系色の濃淡を彩色する暈かしの染めの
古典調のお品にはない、

柄の存在感が強くなりすぎずに、着物姿にしぜんと溶け込むような・・・
そんな風に、さりげなく季節感を楽しんで頂きたいお品です。

紬や江戸小紋などに、春の情景をしょって
春のお出かけをお楽しみ下さいませ。












   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

訪問着から帯へ その二

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

2月の頃にこのブログに
想いのあるお母様の訪問着をリメイクしてお使いになりたいのだけれど
寸法が足りず、柄の中の変色や無地場の黄変もあり
お着物としてはお直しが出来ず、染帯としてのリユースを・・・
と言うお話を書かせて頂きました。

   ■ 2月14日のブログはこちらから・・・<クリック>  


綺麗な状態で残っている部分の柄を選び
お太鼓と前帯に出そうと思っている柄の中に
日本刺繍でのあしらいを入れしました。

   01.jpg


本来が訪問着の
後身頃や肩の柄を帯の柄として使いますので
帯の柄としてはやさしすぎるくらいに感じられますので
光沢感が強調される様に撚りを強くせずにつかった
ちょっと太めの糸にて、刺繍を入れました。

   02.jpg


葉の部分にはアクセントに、光りすぎない金糸を使って
葉脈に刺繍をあしらいました。

   03.jpg


前帯にする位置には
訪問着の肩に染められた、本来は上に向かう図案の木蓮を
横に流れる様に配して、アクセントに刺繍をお入れしました。
なかなかに、良い雰囲気の仕上がりです。

   04.jpg


訪問着の生地をよいとこ取りで帯地と致しますので
足し布として使うために、地色と同色でお染めした八掛の生地を用意しました。

   05.jpg



すっきりとしたやさしい帯に仕立て上がりますので
帯締めで添えるひと色で
お着物姿の雰囲気もまた色々にお楽しみが頂けます。

春の木蓮の柄ですので、お仕立上がる頃には
今年のシーズンはすぎてしまうかもしれませんが、
来年の春からは毎年、お母様への想いと共に
お着物でのお出かけをお楽しみ頂ける事と
私共も楽しみにしております。



   ■ 昨日のぶブログでは、
    藤の染帯に刺繍をあしらえた話を書かせて頂きました。
    合わせてご覧下さい。・・・04.jpg<クリック>











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

藤の染帯に・・

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

真っ白の塩瀬生地の帯地に、藍濃淡のみでお染めした
藤の染帯です。

   10.jpg

藤の花本来のピンクや、葉の綺麗なグリーンなどの
色目をあえて使っていない分、
藍の微妙な濃淡が、花の房の具合や奥行きを感じさせてくれます。

   11.jpg   12.jpg



そうした染め上がりました帯に
さらに趣きを深くするために・・・

   01.jpg

前のお太鼓の形の写真と比べて、違いがお分かりになりますでしょうか?


メインとなる藤の花房に
日本刺繍にてあしらえを加えてあります。

   00.jpg

刺繍は、絹の糸が光沢を持って浮き上がってまいりますので
お太鼓の写真の様に横に寝かせておくよりも
上の写真の様に、実際にお召しの時の様に
立体的に立ててご覧を頂く方が、ずっと表情豊かになってきます。


   05.jpg

葉の部分では、輪郭を太めの銀糸を
細い銀糸でブリッジの様に留めて行く駒刺繍を・・

   04.jpg

花の房の部分には、塩瀬の生地目に合わせて
微細な銀糸であしらいを入れておりますが、
その銀の色が綺麗に映える様に
そのバックには花に染めたぼかしに合わせて
同じ藍色の刺繍がほどこされてあります。

お写真からお分かりになりますか。

実際のお品の趣きには、写真でご覧頂くより
ずっと深いものがあります。

是非、玉川屋のお店でお手にとって
お確かめになって下さい。


   ■ 季節折々のお品をはじめ、玉川屋の着物や帯を
      「玉川屋 WEB Gallery 」にて、徐々にご紹介をしてまいります。

     gallery.jpg・・・・【 WEB Gallery 】へは、クリックしてお入り下さい





4月の玉川屋は、
 【袷】【単衣】【夏物】とシーズン広く
色々なお品が揃う時期ともなります。

   店内のご様子tenpo01.jpgや、

      4月のご案内02s.gifは、

   サムネイルの写真をクリックしてご覧下さい。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199