calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

八寸かがり帯

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

渋谷の玉川屋の店での「単衣・なつもの展」へも
賑やかにご来店を賜りまして、誠に有り難うございます。

渋谷のハチ公前で温度計をかざしてみると29度!
先ほどのNHKのニュースではそんな映像も流れていました。

そろそろ、初夏の暑さも感じられるようになり
おいで下さるお客様からも、芯を入れずにお仕立をする
八寸のかがり帯、へのリクエストも多くなってまいりました。

八寸の帯にも、紬の糸の暖かみのあるお品から

   04.jpg

ざっくりとした単衣向きのお品、

   02.jpg   03.jpg

つづれ織りなどの、フォーマルなお着物にもお締め頂ける帯

   01.jpg

涼感あふれる、夏のかがり帯

   05.jpg   06.jpg

締めやすい帯ながら、すっきりとした着こなしやすい雰囲気の、博多帯

   08.jpg   09.jpg


色々なお品がございます。


特に、単衣や夏物に合わせたい帯をご覧になる時には
少しでも軽く、涼しく・・・と思われれて
八寸のかがり帯に、お声がけを頂きます。


かがり帯の "八寸" って何に? と、時々聞かれます。

染帯や名古屋帯は、芯を入れてお仕立する時に
帯地の巾の両脇を縫い込んでお仕立を致しますが、
かがり帯は、芯を入れずに、帯の両端を揃えてかがるだけでお仕立をします。

   07.jpg

染帯も、名古屋帯も、かがり帯も、
お仕立上がると同じ巾になってまいりますが、

元々の帯地の巾は、
 かがり帯は、仕立て上がりと同じ八寸(約30センチ)
 名古屋帯や染帯は、縫い込みの分が加わり九寸(約34センチ)
となっています。

そんなことから、染帯や名古屋帯は、"九寸帯" と呼ばれることもあります。

また、仕立て方の違いで、
  かがり帯は仕立て上がると元々の帯巾の通りになりますが
  染帯や名古屋帯は、縫い込みの分量を加減することで、お好みの帯巾に
    仕立て上げることが出来ます。


夏や単衣の頃の、八寸かがり帯は
お太鼓の部分だけは、かがらずにおいて
表と引き返しの部分が浮いたように仕立てる
"トンネル仕立て " の仕立て方もあります。

暑い季節に、より涼感の増す仕立て方、
今年の夏は、そんな軽やかな着物姿で、お出かけしませんか。




■開催中の「単衣・なつもの展」の
      詳しいご案内は、こちらよりご覧下さい・・・・クリック
           01.gif02.gif



 ■季節感あふれる、玉川屋の単衣や薄物を、一同にギャラリー風にお目にかける
   「玉川屋 うすもの ギャラリー」で、八寸のかがり帯をはじめ、色々なお品お楽しみ下さい。

     ・・・・<クリック>

        お気に召すお品ございましたら、どうぞお気軽にお問い合せ下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

更衣

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


「立夏」や「立春」といった二十四節気や、
「端午」や「重陽」といった節句、のほかにも
一年間の季節の移り変わりを、より的確につかむために生まれてきた
「雑節」と呼ばれる暦日があります。


「雑節」は、主に農作業のはこびに照らし合わせながら
長い経験や生活体験の中からうまれてきたようで、
一般の生活の中でも、風習や年中行事として
残っているものもまだ多くあります。



「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉がしげる」
歌にも詠まれる「八十八夜」は、そんな雑節の一つ、
立春から数えて八十八日目、五月の初めにあたります。


この時期を二十四節気でみると、
暦の上で夏をむかえ(・・立夏)、そして
   万物すべてが満ちる(・・小満)、へと続く時期になります。

その小満の節気は、さらに三つの侯に分けられていて
 「蚕起きて桑を食む(かいこおきてくわをはむ)
 「紅花栄う(べにばなさかう)
 「麦秋至る(むぎのときいたる)

さらに、田に苗を植えを植え始める時期、でもあって
成長の季節へとむかう、爽やかな頃とはなりますが、

この時期には、農家にとっては
"稲作" "養蚕"などに、遅霜が害を与える可能性もあって、
農作業にとって大きな節目の頃でもあり
重要な節目として、今にも伝わってきているようです。




これからは、陽気もさらに暑さを増してまいりまして
あと半月もすると「衣替え」の時期となります。


「衣替え」は、古くは「更衣」と呼ばれて
平安時代の宮中で旧暦の四月一日に装束を夏の支度に替えたようで、
江戸時代では、同じく旧暦の、
三月末日までは綿入れ、四月一日からは綿を抜いた袷、
 五月五日から八月末までが一重帷子麻布(ひとえかたびらあさぬの)と
されていたようです。

同じ "袷" の表記でも、いまの袷の着物とは作りも違うようで
冬の衣裳から、一つ軽い衣裳への衣替えが旧暦の四月一日と
されていた事と思います。




旧暦の四月一日というと、
現代の暦では一ヶ月ずれて五月一日になります。

ゴールデンウィーク中は、肌寒い日もありましたが
この数日は、すっかりと初夏の陽気となってきて、
昨日の日曜日は、渋谷の玉川屋の店の前を歩く方々も
ほとんどの人が半袖で歩いておいででした。


現在では、着物の取り合わせは
5月末までが袷、6月1日から単衣、7月1日からが薄物・・とされていますが、

お茶席などの、季節や暦、設えを大切にする場はのぞいて
普段のご自分のお洒落や楽しみでお召しになる時には
単衣や薄物は、お召しの時期を一ヶ月ずつくらいお広めに
とって頂いても良いのではないかなと思っています。


5月に入れば、その日の陽気の様子に合わせて
暑さを感じる日には単衣のお着物で・・・
軽快にお出かけを頂いてよろしいのではないでしょうか。


旧暦でかぞえられた以前の衣替えの四月は、今の暦でいえば五月・・・・
ちょっとこじつけかなと思いながらも、
最近のこの時期の暑さを思うと、丁度よろしい気が致します。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


玉川屋では、 " 夏の着物姿 応援フェア!" と題しまして
「単衣・なつもの展」を開催中です。

昨年の夏の終わりより、一年をかけてお揃えしてまいりました
すっきりした着こなしの楽しみな、これからの時期の着物や帯を
お揃えしております。


季節感豊かな色や柄、素材感、透け感、色映り・・・
 この時期ならではの、日本の着物ならではの趣きを、お楽しみ下さいませ。




 ■「単衣・なつもの展」の、詳しいご案内はこちらでしております

     ・・・・<クリック>



     「単衣・なつもの展」の期間中は、季節のお品をよりお楽しみやすく
       今年は、シーズンのスタートよりご奉仕特典もご用意しております。
      ホームページでのご案内で、合わせてご覧下さいませ。



 ■季節感あふれる、玉川屋の単衣や薄物を、一同にギャラリー風にお目にかける
   「玉川屋 うすもの ギャラリー」で、色々なお品お楽しみ下さい。

     ・・・・<クリック>

      お気に召すお品ございましたら、どうぞお気軽にお問い合せ下さいませ。



 ■季節の映りと共に変わる店内の様子も、玉川屋のホームページの
    トップページよりご覧下さいませ。

     ・・・・<クリック>ピクチャ 2.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今年の夏は、冷房も控えめに
節電の心がけが必要となるようです。

団扇、打ち水、風鈴、扇風機、簾(すだれ)・・・
昔ながらの、「涼」の取り方が
あらためて見直される事にもなりそうです。


麻の着物や浴衣で、自然の風を感じながら過ごす。
そんな夏をお過ごしになってみて下さいませ。













   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

うすものギャラリー2011 オープン!


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今年の、「玉川屋 うすものギャラリー」を
ホームページに今日、オープン致しました。

   「玉川屋 うすものギャラリー 2011夏」へは
    こちらをクリックして、お入り下さい・・・
      01.jpg



昨年の夏の終わりより、1年かけてお揃えしてまいりました夏のお品、

着物、帯・・・  お洒落着、礼装、男物・・・
  絽、紗、変わり生地、麻、上布、自然布・・・・

「1年のうちでも、最もお着物が楽しい季節」
そんな玉川屋の思いで、
素材、生地風、お色合い、柄行、 色々な、趣きのお品をご用意致しました。


「このお品なら、夏も着物でお出かけがしたくなる!」
そんな風に思って頂ければ、嬉しい限りです。

お写真でお伝えしきれない、お品の雰囲気や質感は、
ぜひ実際にお手にとってご覧を頂きたく思います。

玉川屋のお店では、13日(金)より28日(土)まで
" 夏の着物姿、応援フェア " と題しまして
「単衣・なつもの展」を開いております。
   (15日の日曜日もお店を開いております)

「単衣・なつもの展」の
      詳しいご案内は、こちらよりご覧下さい・・・・クリック
           01.gif02.gif

夏の節電も噂される今年です、
暑さ厳しい夏を思い、今年はシーズンのスタートより
お求めやすいサービスもご用意してお待ちしております。
   (詳しくは、ご案内のページよりご覧下さい)


    ■ご遠方の方には、宅急便でお送りして
     実際のお品を、お目にかけることもさせて頂いておりますので
     どうぞお気軽にお声がけ下さいませ。

       「玉川屋 うすものギャラリー」のサムネイル写真をクリックすると
       大きな写真でご覧を頂けます。
       お品についてのお問い合せは、大きな写真のタイトルに表示される番号を
       メールにてお知らせ下さいませ。

          01.gifクリックすると、ご説明がご覧頂けます









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

うすものギャラリー


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今週末よりは、玉川屋では「単衣・なつもの展」を開きます。

毎年この時期には、「玉川屋 うすものギャラリー」として
玉川屋の夏物をホームページでご紹介してまいります。

   01.jpg

涼感、素材感、季節感、遊び心・・・
夏のお品は、そんな、日本の着物ならではの趣きが
一番楽しんで頂けるお品たちでもありますので
今年も只今、ギャラリーの準備中です。

頑張って写真は撮っておりますものの
夏物ならではの、その微妙な色合いや、質感といったことは
なかなか、お写真では上手くお伝えしきれないところが
もどかしいところでもあります。


ギャラリーでご覧になられまして
お気に召すお品がございましたら、玉川屋のお店で
是非お手にとってご覧になって下さいませ。

ご遠方の方には、
お送りしてお目にかけることもさせて頂いておりますので
どうぞお気軽にお声がけ下さいませ。





「単衣・なつもの展」の
      詳しいご案内は、こちらよりご覧下さい・・・・クリック
           01.gif02.gif

     (暑さ厳しい夏を思い、今年はシーズンのスタートより
          お求めやすいサービスもご用意してお待ちしております)









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

今年の夏物・・刺繍袋帯

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

連休が明けて、時候では「立夏」
暦の上では「夏」と呼ばれるようになり、

昨日の日曜日も、渋谷の街中では
ほとんどの人が半袖で歩いているような・・
そんな爽やかな初夏の陽気となっておりました。


今週の金曜日よりは、玉川屋の店でも
季節本番に一足早く「単衣・なつもの展」を開きます。


      詳しいご案内は、こちらよりご覧下さい・・・・クリック
           01.gif02.gif

     (暑さ厳しい夏を思い、今年はシーズンのスタートより
          お求めやすいサービスもご用意してお待ちしております)


一つ、一つ、涼感あふれる
日本の着物ならではの季節の趣きいっぱいの「なつもの」をご紹介しておりますが
今日のお品は、総刺繍で柄を表した夏の袋帯です。

   003.jpg

夏の礼装の帯・・というと、
白地や薄目の色合いのお品や、小付けのすっきりした雰囲気の柄行・・・
というイメージが強いですが、

暑い季節にも、せっかくのフォーマルな装いならば
帯にもしっかりと、品格を持って・・・と
上品な銀ネズの地に、総刺繍で秋草の模様を表したお品です。


   005.jpg

お太鼓いっぱいに柄も広がり、タレ先までしっかりと刺繍が入っております。
色合いは極力おさえながらも、微妙な色の濃淡で
実際にはとても多色遣いのお品であります。

   002.jpg

地も単にひと色ではなく、淡く箔がふってあります地で
お着物に乗せてみると、お着物の地色に合わせて
刺繍糸のそれぞれの微妙な色具合が、より引き立ってまいりますのが
きっとお分かりを頂けることと思います。


   004.jpg

上の写真は、前帯の部分に当たる柄行です。
結んだ時にも、前帯全体に柄が広がりますので
訪問着や付下げ、色留袖、といったお着物には勿論のこと、

江戸小紋や色無地といったシンプルなお品に合わせると
帯にしっかりとアクセントの添えられた、
素敵な夏姿をお楽しみ頂けることと思います。


帯の地、自体は透け感が強すぎませんので、
絽の透けた盛夏のお品だけではなく
単衣の頃にも重宝にお使いを頂けるお品です。

  (9月の単衣の帯合わせには、迷われることも多いかと思いますが
      とても素敵にお出かけ頂けるはずです!)


   001.jpg

2点のうちの奧のお品は
白地の帯地に、白糸・金糸・銀糸で刺繍をほどこした袋帯です。

夏の刺繍の帯は、ボリュームもありながらも
帯だけが目立ちすぎることなく、適度な存在感が
なによりの、魅力でもあります。

お色合いや柄行もお揃えを致しておりますので
これからの季節の、あらたまった装いをお考えの方は
ぜひご覧に、おいで下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199