calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

越後上布の織機


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

数日あいてしまいましたが、越後の工房見学のつづきを・・

写真は、越後上布の織機です。

   01.jpg

いざりの織りの織機になりますが、
高機や帯の織機に比べると、随分素朴な感じがいたします。

   02.jpg

巻き取った生地側の端を自分の腰に巻き付けて
織る途中の、経糸(たていと)の張力を加減してまいります。

   03.jpg

一方の足に結んだ紐の具合で
一本おきに経糸(たていと)の上下を入れ替えて
緯糸(よこいと)を通してまいります。

上布の麻の糸は、湿気には強いのですが、乾燥にはよわく
冬の雪深い越後の地は、そういった意味からも
麻の生地を織るには適しておりました。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

模様替え

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

   01.jpg


   02.jpg


2枚の写真、何が違うと思いますか?

上の写真は、お盆休み明けの朝、
下の写真は、昨日の夕方、

夏物から秋の品へと、
お店の中の飾り付けやショーケース、棚の中も、模様替えです。

外から見ていると同じように見えるかもしれませんが
一つ一つのお品は、それぞれに季節の趣きたっぷりです。

一つ一つのお品の表情、
ご覧になりに、ぜひお遊びにおいでになって下さいませ。


 (下の写真では、帯が別の棚に入っているので
  上の写真よりお品が減ったように見えるかもしれませんが
  これからの季節のお楽しみ、沢山お揃えしてあります

  もちろん、涼感のある薄物も、一年を通してお目にかけられますので
  思い立ったら、いつでもお気軽にお遊びにお寄り下さい。)











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

越後上布の糸 その二


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

染め上がって糊付けの終わった
重要無形文化財の越後上布の麻の糸、

枷から糸を巻き取ってゆくのですが、

   01.jpg    02.jpg


その途中で、糸をほぐすようにして
麻の糸にじっと目を通してゆく、職人さんがあります。

   03.jpg


何をしているのかというと、麻の糸には
糸が絡んだり、しぜんと玉になってしまう部分が
沢山出てまいります。

いざり機で織る時には、この小さな糸の玉が
筬(おさ)に引っかかってしまうため、

糸の束をほぐしながら目で見つけたり、
枷から糸を巻き取っててゆく途中で指先に感じるところがあったり、
一つ一つ小さな粒を見つけては、
その部分の糸を切り落として、
切り端どうしを綺麗に結び直してゆく、という
とても根気の要る作業が必要になるのです。

   04.jpg

   05.jpg



こうして一つ一つ丁寧な工程を経ながら
糸作りから、織り上がるまで、長い時間をかけて私どもの手元に届きます。


   06.jpg

図案や、以前に実際に織った越後上布の裂をみながら
来年、再来年用にこの柄を、と
あわてず気長に、良い品の織り上がりを楽しみに待つ・・

お店でお揃えするお品たちには、
そんな玉川屋の想いがそれぞれにございます。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

越後上布の糸

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

越後の産地を訪ねました時の話も、今回で9回目となりますが
もう数回、お伝えのほどを・・・


   01.jpg

今日の写真は、重要無形文化財に指定されている「越後上布」の糸です。

麻の繊維を細く裂いて、結んでつないで、
一反を織り上げるのに1300メートルの糸が必要と伺った事があります。

特別長い訳ではない麻の繊維を、
均一な太さになるように細く裂いて揃えて、そしてそれをつないでゆく、
絣作りや、織る過程もさることながら、
この糸作りの工程が重要な部分を占めてまいります。

糸の出来上がりが良くなければ、いくら織り手が良くても
上質な品には織り上がらないのです。

   02.jpg

写真は、縞々の絣も染められて、糊付けをされた
越後上布の糸になります。
糊付けがされておりますので、
まとまりよく、少し光沢もあるように見えてまいります。


実際に、作られたばかりの麻の糸は、下の写真のように
まだ繊維が毛羽だった状態になっております。

   03.jpg


これを糊付けするのですが、その前に絡みやすい毛羽だった糸を
整えて巻き取り直します。

   04.jpg    05.jpg


巻き取っててゆく途中にも糸は絡んで、
その度に根気よく根気よく、糸を丁寧に解き直しながら
進めてまいります。

「糸」と一口に言ってみても、
単に繊維が繋がっただけの状態の"糸"から、
上質の上布を織り上げる事が出来るまでの"糸"、にするために必要な手仕事のこめ方を、
本で読んだり、話で聞いたりはしておりましたが
一つ一つを自分の目で見ていると、あらためて気持ちに深く感じるものがあります。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

絣 (かすり) 糸

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

織物の柄を織り出すには、
絣と呼ばれる、縞々の糸が基本となります。

2色の組み合わせであったり、数色の色使いであったり
縞々に色を組み合わせた糸を
縦横で織り合わせる事によって、
模様や柄が表されてまいります。

染めない部分を他の糸で巻く括 (くく) りや、
防染用の糸と一度仮り織りをする締め機、
溝を掘った板で糸を挟み込む板締め、など
絣糸の作り方も色々ありますが
一つの方法に木羽 (こば) と呼ばれる方法があります。

   01.jpg

写真は、織り上げたい図案を写し取った
木羽定規 (こばじょうぎ) と呼ばれる型板になります。


写真の型板の色合いは、
実際の出来上がりの色とは違うのですが
糸に染め付ける時のそれぞれの色の境目がはっきり分かるよう
コントラストを強めて色づけをしてあります。

   02.jpg

そのため、最初のイメージを表したした図案の草稿と型板とでは
随分違ってもまいります。


   03.jpg

型板は、実際には薄く割った数十枚の板に分割してあります。
薄い一枚の板だけ見てみると、
縞々の色の組み合わせになっているのがお分かり頂ける事と思います。

パーツごとに分割をした色の組み合わせにあわせて
各部分ごとの糸に、染め上がりの色をすり込んでやります。

そうして数色の色を刷り込んだ縞々の糸を
組み合わせて織り上げると、最初にイメージした図案のように
一反の着物や帯が織り上がってくるのです。


至極簡単な説明だけではありますが、
一つの品が出来上がるためには、
いつも書くように、一つ一つ丁寧な手仕事の工程があるのですが
その一つ一つの工程は、
どの織物も同じように一様に同じな訳ではなく
それぞれの伝統にもとづき、それぞれに技法や趣きがあります。


私どものお店にも、着物や帯、お品が並ぶ時には
お洒落を楽しむ一つのアイテムとしてご覧を頂くようになります。


一つ一つのお品について、
その背景を全部その場でご説明する事はなかなか出来ませんが、

奥深い思いや伝統があってこそ、
今そのお品を手にとってご覧を頂けていること、を
お店で感じて頂ければ、
それが、楽しくそして永く大事にお品をお召し頂ける道とも思います。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199