calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (932) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

江戸小紋染め出し


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お店では、
お品の、季節の入れ替え、模様がえも終わり
秋向きのお品も揃ってまいりましたが、

じっさいは一年を通して、夏物、秋・冬物とわず
いいお品のイメージが浮かんだ時、気に入った品を見つけた時・・に
誂えたり、注文を出したり、仕入れたり、と
品揃えに努めてまいります。


   01.jpg

今日は江戸小紋を染め出しました。

帯の取り合わせ次第ではフォーマルにもお召しになれる
無地に見えるような細かい精緻ながらも江戸小紋の魅力ながら、

少し離れ手見ると、しぜんなボカシのように淡く模様が浮き上がる
そんなやわらかな柄の江戸小紋は、おしゃれ着のお着物としてみると
とても楽しいお品になります。

写真の、雪輪に菊尽くしをアレンジした玉川屋の好きな江戸小紋、
ベージュより少し赤みのさした「香色(こういろ)」で
染めてみようと思います。

袷にも、単衣にも・・・  春にも、秋にも・・・
ご年代もなく、でも気もならではの綺麗な色目を身にまとう楽しみをもって
お召し頂けるお着物が、あまたの中のイメージにあります。

パッと見だと、以前に染めた時の端裂とも変わらない色目に見えますが
隣り合わせてよく見てみると、
色合いの系統が違うことがお分かり頂けることと思います。


   02.jpg

アップの江戸小紋の裂をご覧頂くと
白い粒と相まった柄の部分の色合いと、生地の耳の無地の部分と、
同じ色で染まっているのですが、
目に映る雰囲気としての色合いは違ってまいります。

選んだ色見本の色目も、柄を染めてみると
もう一回り、やわらかな雰囲気に染め亜雅照ってくるはずです。

淡い色の、やわらかな江戸小紋・・・
新しく染め上がるお品も、
きっと素敵な着物姿を楽しませてくれるに違いありません。


色々なお客様のお顔を思い浮かべながら、
「こんな感じできていただけるといいな」そう思いをめぐらせながら
ひと色、ひと色を選んでまいります。


お品を染めるまでは私どもの想いで・・
一つのお品が染め上がると
帯合わせや小物のコーディネート・・
こんどはお客様と一緒に着物姿をお作りしてまいります。

一つの色の見本から始まり、着物姿となるまで
その過程が、お着物ならではの楽しみ方でもあります。












   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

見本帳

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お店のお品の季節にあわせての模様替えも
ようやく落ち着いてまいりました。

来週からは、季節本番に一足早く
気持ちを秋に切り替えて、色々なお話しををお伝えしてまいりたいと思います。

今日は夏の越後探訪の最後のお話しを・・


   01.jpg

色々な機屋さんに伺うと、
織り上がっている反物を拝見する時もありますし
写真のような、以前に織った品の端布や見本裂を見せて頂くこともあります。

   02.jpg


数年前のものもあれば、二十年以上前の柄を見せてもらう時もあります。

   03.jpg

一つ一つの端布を見ながら、こんな柄もあったんだ・・という話から
しばらく作っていないけれど、逆に今はこんな雰囲気がお客様にはお好み頂ける・・
この色柄を、以前とは違ってこんな風にアレンジすると、今のテイストに・・・
双方の想いやイメージを伝えあって、

   04.jpg

柄や色だけではなく、染める前の糸を見せてもらって
この糸を使って、こんな風合いで織ろうと思っている・・・

一つの品が織り上がるまでの、
色々な想いや気持ちの話を伺えることが、
なにより楽しみでもあります。


染めのお品は、
白生地から一つ一つ染めてまいりますので
誂えたり、オリジナルの製作も、
それほど難しくなくかかることが出来ます。

それに比べて織りのお品は、
一反だけ織るというわけには行かないことが
少なくはありません。

来年の春や夏にはこんな品が欲しいな・・と思いながらも、
こちらのイメージを伝えて、
先方のイメージや製作の工程とも上手く摺り合わせをしながら
ちょっと気長に、良い品の出来上がりを待ってみます。


色々なお品が玉川屋のお店に揃って、
一つ、一つお客様にお召し頂いて
また新しい品がやってくる・・・

そうして、何気なく過ぎる呉服屋の毎日でもありますが、
織物、染め物、それぞれにそうした想いが詰まっております。


去年の夏から、今年の春にかけて
そうして見てまいりましたお品が
夏の明けた今、玉川屋のお店に揃ってまいりました。

季節のお品を楽しみがてら、
お遊びにおいで頂けますのを、お待ちしております。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから








comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

越後上布の織機


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

数日あいてしまいましたが、越後の工房見学のつづきを・・

写真は、越後上布の織機です。

   01.jpg

いざりの織りの織機になりますが、
高機や帯の織機に比べると、随分素朴な感じがいたします。

   02.jpg

巻き取った生地側の端を自分の腰に巻き付けて
織る途中の、経糸(たていと)の張力を加減してまいります。

   03.jpg

一方の足に結んだ紐の具合で
一本おきに経糸(たていと)の上下を入れ替えて
緯糸(よこいと)を通してまいります。

上布の麻の糸は、湿気には強いのですが、乾燥にはよわく
冬の雪深い越後の地は、そういった意味からも
麻の生地を織るには適しておりました。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから






comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

模様替え

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

   01.jpg


   02.jpg


2枚の写真、何が違うと思いますか?

上の写真は、お盆休み明けの朝、
下の写真は、昨日の夕方、

夏物から秋の品へと、
お店の中の飾り付けやショーケース、棚の中も、模様替えです。

外から見ていると同じように見えるかもしれませんが
一つ一つのお品は、それぞれに季節の趣きたっぷりです。

一つ一つのお品の表情、
ご覧になりに、ぜひお遊びにおいでになって下さいませ。


 (下の写真では、帯が別の棚に入っているので
  上の写真よりお品が減ったように見えるかもしれませんが
  これからの季節のお楽しみ、沢山お揃えしてあります

  もちろん、涼感のある薄物も、一年を通してお目にかけられますので
  思い立ったら、いつでもお気軽にお遊びにお寄り下さい。)











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

越後上布の糸 その二


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

染め上がって糊付けの終わった
重要無形文化財の越後上布の麻の糸、

枷から糸を巻き取ってゆくのですが、

   01.jpg    02.jpg


その途中で、糸をほぐすようにして
麻の糸にじっと目を通してゆく、職人さんがあります。

   03.jpg


何をしているのかというと、麻の糸には
糸が絡んだり、しぜんと玉になってしまう部分が
沢山出てまいります。

いざり機で織る時には、この小さな糸の玉が
筬(おさ)に引っかかってしまうため、

糸の束をほぐしながら目で見つけたり、
枷から糸を巻き取っててゆく途中で指先に感じるところがあったり、
一つ一つ小さな粒を見つけては、
その部分の糸を切り落として、
切り端どうしを綺麗に結び直してゆく、という
とても根気の要る作業が必要になるのです。

   04.jpg

   05.jpg



こうして一つ一つ丁寧な工程を経ながら
糸作りから、織り上がるまで、長い時間をかけて私どもの手元に届きます。


   06.jpg

図案や、以前に実際に織った越後上布の裂をみながら
来年、再来年用にこの柄を、と
あわてず気長に、良い品の織り上がりを楽しみに待つ・・

お店でお揃えするお品たちには、
そんな玉川屋の想いがそれぞれにございます。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199