calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

越後湯沢


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今日は新潟の越後湯沢から戻ってまいりました、
仕事半分兼ねて、子供の春休みに一緒に行ってまいりました。

東京も雨模様だったようですが、向こうは一日中雪の降る
3月としては寒い日でありました。

越後湯沢までは、今では、新幹線では東京駅から77分、
自動車でも関越自動車道を使って渋谷の店から2時間半で着きます。

塩沢までは、越後湯沢から関越自動車道で一つ先のインターチェンジ、
紬や織りの産地である、十日町や小千谷といった地域には
さらにもう一つ先の六日町インターから一山越えた所になります。

22日の土曜日に、玉川屋の店でお話をしてくれた塩沢お召しの機屋さんは
その日の夜にどうしても用事があるという事で、その日は日帰りで東京へ着てくれました。

11時頃に玉川屋に入ってもらって、お昼過ぎの1時からスタートいたしまして
3時頃までの予定ではおりましたが、盛り上がると本筋のお話から色々脱線して
 (この脱線したとこのお話が面白かったりするのですが・・)
また、お話が終わってから質問コーナーなどもしたのですが、思いのほか熱心なやりとりでまた盛り上がり
5時近くなってから、玉川屋をお出になって新潟へ向かいました。

それでも十分に、戻れるくらいに今では時間的には近くなったのですが
昔はとても大変な想いをして東京からは行き来をしていたようです。

父の頃にも、品ものを見に行ったり、また着物の産地でもある越後の地元の高校へ
店の求人に伺ったりといったこともあったそうです。

その頃には、新幹線も関越自動車道もなく、列車でもずいぶん時間がかかったそうですが、
車でもまだ整備が行き届いていない国道17号を通っていったそうで
暗くなってから雪が降っている時など、とても心細い道中だったそうです。

今でも、越後湯沢から国道17号で東京方面へ向かうと
プリンスホテルのある苗場スキー場ををすぎて、古い温泉地の猿ヶ京の辺りをとおると
そんな雰囲気がまだ残っています。

実際に紬を織っているのは、そんな国道からまだ一山越えてはいるその先で、
今のようにスキー場やゴルフ場も賑やかな温泉地やコンビニなどもまだあるわけではなく
現在のように色々なはたらく場がない頃で、
女性が家で機を織るというのが日常の生業(なりわい)としてあったのだとおもいます。

ところは変わりますが、ご縁があって玉川屋でお品を揃えさせて頂いております
宮城の栗駒の正藍冷染も象徴的なそんなお品です。
元々は自給自足のために、自分の家で麻を育て、藍を育て、
日常着のために布を織り藍で染め・・・そんな日々の生活の一部であったものが
時代が移るにつれしぜんと減り、日本でただ一軒でしか染められないものとなってしまってきたのです。

織りや染めは、それを受け継いでゆく技術的な課題もあるでしょうが
生業として自然と身の回りにあったものを、仕事として携わってゆく時に
良い環境を作りながら続けて行く事が出来るか・・・という事が
とても大事になってきているのだと思います。

道具や材料の事もあるでしょうし、分業になっている仕事の進め方の事、
また、安定した収入を得られる仕事として次の世代に伝えられるかという事も大事になります。

一つの産業としてしっかりと成り立っている時は、
それぞれのパートがそれぞれに努力をして行く事で
自然と全体がうまく成り立っていたのだと思うのですが、
時代が変わってそれぞれが細くなっているくると、
そこに携わる人の努力だけではなく、
多くの人に理解を広く持っていただくことが大切になってきます。

作る方の気持ちをお召しになる方に伝えて、そしてお召しになる方の思いを作る方に伝えて・・
そんなことが、それぞれの人が着物を永く楽しんで、そして生業としてたずさわって行くために、
先週のトークショーのような事が、少しずつでも役に立ってゆけば・・・

雪の降る新潟の山道を通りながら、そんな事を思っておりました。




   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ご案内状のお届け

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今日の仕事は朝からご案内のお届けでした。

   01.jpg

来月4月の11日(金)、12日(土)、13日(日)とは、
東京・港区の御成門にあります「東京美術倶楽部」にて
都内の老舗呉服店42軒が集まりましての「春のご奉仕市」を開きます。

それぞれのお店が、普段から自分のお店に飾っているお品をそれぞれ持ち寄りまして
いつものお値段から2割引から半額以下での大ご奉仕となるのですが
面白いのは、42軒がそれぞれのお店のブースを持つ見本市のような形式ではなく
”小紋” ”染帯” ”訪問着” ”振袖”・・・といった具合にそれぞれのお品の種類ごとに
42軒分のお品が一緒に集めておいてあるのです。

02.jpg  03.jpg  04.jpg  05.jpg

どこのお店のお品・・という事を意識せずに
沢山のお品の中からご自分のお気に召したお品を見つけていただくことが出来る!
そんなご奉仕市であります。

お洒落着や礼装、季節に一足早い夏物や男物、そして小物・・・と
お着物お好きな方はご覧になるだけでもお楽しみな事と思います。

是非お気軽にお遊びにおいで下さいませ。

   詳しいご案内も、こちらでご覧下さいませ・・・クリック


ご案内も郵送をさせて頂く方も多いのですが
お近くの方やお届け物で伺う方にはご案内状をお持ちさせて頂きました。

お伺いしてみると、「そういえば、手入れを頼もうと思っていた着物があったの」とか
「こんな帯を探しているのだけれど、会場にありそうかしら?」といった
お声もかけて頂きます。

お店でお待ちしているイメージの強い呉服屋ですが
じっさいは、お品をお持ちしたり、お手入れの事や、
  箪笥の整理のお手伝いや、時には世間話に・・と
色々なお客様にお伺いする事も多いのです。

そうしているうちに、単にお着物に関する事だけではなく
色々な事のご縁をお客様と持たせて頂くのが呉服屋の仕事でもありました。

”お店にお買い物に”ではなく、色々なお話をしに
どうぞお気軽に呉服屋へお遊びにおいでになってみて下さいませ。




   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

2行の広告

こんにちは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今朝の新聞の社会面の広告欄、
東京の主要紙にはこんな広告が出ています。

  01.jpg

皇居のお堀端、
九段下の駅から坂を上り、靖国神社の手前をお堀沿いに左に曲がると
そこが千鳥ヶ淵になります。

  02.jpg

東京の桜の名所でもある千鳥ヶ淵ですが、なぜ千代田区が広告を・・?

この広告は元々は、千鳥ヶ淵のお堀端にある
フェアモントホテルというホテルの出している広告でした。

1階のティールームからも桜が綺麗にみえて、
一つ上の階のお部屋からは、部屋の横一面に広がるガラス窓が
一枚の絵のようにちょっと幻想的にも夜桜を見せてくれる、ホテルでもありました。

  04.jpg   03.jpg


2002年にホテルが老朽化という事もあり取り壊しになってしまったのですが
その後も同じ広告を千代田区が続けて出しているようです。

   フェアモントホテルのその2階のお部屋は
   桜の時期にはなかなか予約が取れないお部屋だったのですが
   ご縁があって毎年そこでお着物を着て夜桜を楽しむ会・・を玉川屋でもしておりました。

      玉川屋のホームページやブログにもその時の様子も書いてあります。
         今月の9日のページの中程・・・・クリックしてご覧下さい
         2000年の春のページ・・・・・クリックしてご覧下さい

      当時は新規の予約がまったくとれず、今年の4月に行った時に、
      その日に桜が咲くかどうかは分からないのですが、来年の予約を頼んでくる
      そんな感じでした。


写真が入ったり、セールストークが並ぶわけでもなく
ほんの数行の一日だけの新聞広告・・・そんな小粋な感覚も素敵ですが、
ちょっとした遊び心のあるその広告を引き継いでいる千代田区にも嬉しくなりながら
毎年、春の数行のメッセージを楽しみにしております。



   
   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

桜の一週間

おはようございます、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

1週間って、長いですか? 短いですか?
普通に過ごしていると、何気なくあっという間に経ってしまう日数とは思いますが
ふとした事に、一日一日の進みを感じることがあります。

  01.jpg

渋谷の駅から続く「渋谷マークシティー」の道玄坂上の出口に咲く一本の桜の木、
”早咲きの桜”と写真をお載せしましたが、1週間にも満たないほんの4日間で
満開の桜のなりました。

玉川屋の店の前からも、淡いピンク色が春の陽射しに綺麗に映ってまいります。

  02.jpg

街中にはまだつぼみの木も多い中で、
日毎に花の開いて行く枝の下を毎日通るのは、この時期の毎年の楽しみでもあります。

  03.jpg

20数階建ての渋谷マークシティを背景に、
数日前と同じアングルで撮った写真も、ビルが見えないくらいに桜の花が咲きそろいました。

    ・・・< 数日前のページの桜の花 > と比べてみて下さい。


実際には、なかなか季節感を実感する事の出来ない、日々の生活や街中でもありますが
その分、何かを見つけたり、気が付いた時には嬉しくなるものです。

玉川屋の店の周りは、駅前の繁華街とは違い現在はオフィス街となってまいりましたので
毎日、玉川屋の前を通るという方も多く、
玉川屋のお店のウインドウののちょっとした季節の趣にも足を止めて眺めていって下さいます。

日本の着物ならではの、ちょっとした季節の楽しみを、ご一緒出来ればと思っておりますので
春の良き日、是非お茶でも飲みにお遊びにおいで下さいませ。



   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

半衿の染色体験教室・・その三


皆さんこんばんわ、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

染色体験教室の話のつづきです。

   最初のお話は・・・こちらから
   続きのお話は・・・こちらから

半衿の染めも、
その人なりの色合わせや雰囲気で、皆さんいい感じで進んでまいります。
最初はおそるおそるだった筆の運びも、だんだんに調子も上がってきます。

  01.jpg

ご自分のイメージで染めてまいりますが、仕上げに近くなってまいりますと
ふと配色で迷ったりする事もあります。

「こう思うんだけれど、どうでしょう?」と時々模様師さんに相談してみて、
そのままの雰囲気で進めてみたり、
自分の色の合わせ方に加えて模様師さんからヒントをもらってみたり、いたします。

  02.jpg

相談してみると、それまで進めてきた中で
自分が思ってもいなかった色味を勧められることもあります。

「えっ?」と思いながらも、実際に色を小皿に作ってもらい
それを見本布にちょっと挿して、実際の染め上がりの色を確認しながら
「もう少し薄く」とか「もう少し黄色味に」などと、微妙に色味を調節しながら
仕上げの段階へと向かってまいります。

  03.jpg

最初は皿の色数も少なめですが、
だんだんに使う色が増えてきてお皿の数が増えてきます。

  04.jpg   05.jpg

半衿を染める時でも、それぞれの色が隣り合うことによって、
単色の持つイメージとはまた違うイメージで、
それぞれに引き立てあうことに気付くことが出来ます。

ちょうど、着物や帯のコーディネートに、
ひと色添える小物の合わせの感覚とも似ている様な気がします。


同じ柄を選んだ方でも、人によって使う色目もそれぞれですので
その染め上がりが全く違ってまいりますところは、
お手伝いしながら見ている私達にとりましても楽しいところです。

  06.jpg


教室を開いてみると、
お着物好き=半衿の染色体験教室、だけではなく
普段から着物を着る、という方以外のご参加も多いのです。

今回も、着物は着ないのだけれど染織に興味があったり・・
お爺様が友禅の職人さんで小さい頃は興味がなかったけれど
  久しぶりに実家にいって自分でも何かそれを活かす道を、と思って・・
春のお出かけの予定があり、桜の着物を着るので、すっきりとした桜の半衿が欲しい・・
    と、皆さん色々な想いでのご参加でした。

昨年の秋に開いた、前回の染色体験教室がきっかけで、
着物をお召しになるようになった方もおいででしたので
ご参加頂いた皆さんにとって、
この機会が着物に親しんで下さるよいきっかけになればと思っております。



染色体験教室をはじめとして、色々な機会をまたご用意してまいりたいと思います。
是非、お気軽にご参加になって下さいませ。



     ブログのテンプレートを更新して、コメントの投稿がお受け出来るようになりました。
     是非また色々なご意見を、お気軽にお寄せ下さいませ。


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199