calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (930) 着物の楽しみ方 (605) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (472) お誂え (294) 展示会・イベント (207) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (59) いにしえ (48) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (13)
others
admin
search this site.

坂の上のさくら


陽差しはすっかり春の明るさ・・
でも風はまだまだ冷たく感じられます。



渋谷の道玄坂上に一本だけ残る桜の木、
まだまだ蕾(つぼみ)は堅い様ですが、徐々に膨らんでもまいりました。

   01.jpg   02.jpg


桜の木の根元は可愛そうにだいぶ痛みもあり

何年か前から、残すかどうかという話も出ているようですが

この春はまだ大丈夫なようです。

   03.jpg


今年の東京の開花予想は今月25日との事、
春満開を楽しみにしながら、毎日眺めております。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

外まわりにてお承りして・・

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

渋谷の店にご来店を賜るお客様も多くありますが
今でも、お客様のお宅にお伺いする事も、また多くあります。

今の私の場合は
店にいる時間と、外をまわる時間を比べると
ちょうど半分半分といったところでしょうか。


本日お伺いしたお客様では、訪問着のお支度をお承り致しました。

せっかくならば、春のお召しの機会にも・・とお話ししている内に
「もし、今月のお出かけにも間に合うならば」とのお声掛かり。


今回の、訪問着を仕立て上げるには

  ■地伸し・筋消し
     仮仕立てしてある訪問着を解いて、反物の状態につなぎ合わせて(これを端縫い【はぬい】と呼びます)
     仮仕立て時の折れ目を蒸気を当てて伸ばし、筋を綺麗に整える行程です。

  ■紋入れ
     お茶席でお召しになるので、抜き紋や、縫い紋をお入れしますが、
     今回は刺繍でご紋をお入れする事となりました。

  ■裏地
     共八掛の訪問着ですので、今回は胴裏を用意します。
     お祝い事や華やかにお召しの席でしたら、重ねの伊達衿をお付けする事もあります。

  ■お仕立

といった流れになりますので、


お客様のお宅を出てすぐに
東京の染めの産地でもある落合の「湯のし」屋さんへ向かい、
仮仕立てを解き、元々の反物の状態にミシンで継いでもらい

   01.jpg

蒸気を当てながら、湯のしをして、綺麗な反物の状態に戻してもらいます。

   02.jpg


湯のし屋さんも、夕方になると仕事じまいをしている事もありますので
お客様のお宅を出たところですぐに電話を入れて
蒸気の熱を落とさずに、待っていてもらいました。

   03.jpg


八掛まで合わせると、訪問着の反物は約16メートルほどとなります。

一度だけではなく、何度か蒸気を通す事で筋も取れて綺麗な状態となり
16メートルの反物が端から端まで生地幅も綺麗に揃ってまいります。

   04.jpg   05.jpg

 (手前に見える柄の部分が、湯のしの機械の上の部分を通り、
  職人さんの足元から蒸気の出るドラムの部分へ上がり
  綺麗な状態となって、機械の手前に見える部分に揃ってまいります)


その反物を持って、玉川屋のすぐそばにある刺繍の職人さんに向かいます。

紋入れの上がりは、明後日の朝との事。
土曜日にそれを受け取って、やはり玉川屋の近くにある仕立屋さんへ・・・

予定通りのお日にちにて、新しい訪問着もお客様のお手元へ
お届け出来る事と思います。


今月も後半となれば、桜の花も徐々に咲き始め
初春の陽気の中、新しいお着物に袖を通しますのも
お客様にとりましては、またお楽しみな事と思います。




私共、呉服屋は、実際に自分の手を動かしてのお仕事は少なく
こうした、湯のし、紋入れ、仕立て、地直し、シミヌキ・・・といった
職人さん方のお仲間が有ってこそ
「お客様方に楽しく着物を召し頂く」という
本来の仕事がきちんと出来る事となります。


おかげさまで玉川屋には
頑張って下さる色々な職人さんが揃っております。

「良い仕事が出来るのは、お召しになるお客様があってこそ」
「楽しくお召しになれるのは、よい職人さんが会ってこそ」
そんな良いコーディネイトが出来ますのが
呉服屋の仕事の喜びでもあります。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

大雪

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

数日前に見学にまいりました越後の産地。

関越自動車道を車でまいりましたが
「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」の川端康成の「雪国」の小説のように
11キロ続く関越トンネルを抜けると、トンネルの手前と先では景色が違い
雪の世界が広がります。

   00a.jpg   00b.jpg


窓の外まで積もった雪・・

雪の向こうに隣の建物の屋根が見えるように
この窓は1階ではなく、2階の窓です。

   02.jpg   01.jpg


建物の外に出て眺めてみると
降った雪や、屋根から落ちた雪が重なって
2階の屋根まで積もっているのが分かります。

   03.jpg


一階には、木の板が当てられているにもかかわらず
割れたガラスの窓が。

   04.jpg


降る、降る・・といわれながら
ほとんど降雪のなかった東京でしたので
大雪の様子を見ると、その大変さが感じられます。

雪の話から入りましたが、
産地の様子の話しもまた後日。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

東急プラザ


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


私が生まれた翌年にオープンした、渋谷駅前の「渋谷東急プラザ」。

渋谷の大規模再開発に伴い
今月22日にその49年の歴史に幕を閉じます。

   01.jpg

東急プラザは、
ビル内で親戚が時計店を営んでいたり、
修業先から玉川屋に戻った頃に、日本画のデッサンの教室に通っていたり、と
色々な思い出もありました。


そんな東急プラザの6階の特設会場にて
ただいま「タイムスリップギャラリー」が
閉館の当日まで開かれております。

   02.jpg


展示されている渋谷駅付近のジオラマは
昭和39年頃の様子を表したものとの事。

東横デパートの上にはアドバルーンが浮かび
今は渋谷ヒカリエとなった「東急文化会館」の上のプラネタリウムなど
子供の頃の渋谷を思い出します。

  03.jpg   04.jpg


「玉電」とよばれた
渋谷を通っていた路面電車の模型も展示されております。

   05.jpg   06.jpg

渋谷駅から最初の停留場がちょうど玉川屋の店の前にありました。

小さい頃は住まいも店の奥でしたので、
幼稚園から帰って店で遊んでいる時にご来客があると
店の女性の店員さんが付いてくれて
お客様が終わるまでしばらく玉電に乗っていた・・・
なんて思い出もありました。


katsuさんという方のブログページ、
1枚目の写真が、
ちょうど玉川屋の向かいから駅方向に向かっての様子です。

   ■ http://umemado.blogspot.jp/2013/02/blog-post_4.html

見切れてしまっていますが、
写真左端よりもう数軒のところが玉川屋になります。


ギャラリーの最後には
4年後に完成予定の新しいビルの竣工図が。

   07.jpg

空港リムジンバスの発着場を備えた
地上18階の複合ビルとなる予定だそうです。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

お振袖のお誂え

こんにちは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

着物や帯を誂える時には
下絵より一から描いてお作りする場合と、
染め上がりや織り上がりのお品から
好みに合わせてアレンジをしてまいります場合があります。


   01c.jpg

今回は秋のシーズンより玉川屋でお目にかけるための
振袖の誂え。

霞取りに貝桶の古典的なお振袖。

店のお品としてご用意したいと思っておりましたのは
綺麗なブルーの振袖をイメージしておりましたので
地色の変更を中心にアレンジをして、誂えて染める事といたしました。


   02b.jpg

夏物の着物地ではあるのですが
爽やかなブルーの地色の反物の地色を
振袖の地色の見本として用意して

古典模様の柄の挿し色も
その新しく選んだ地色に合わせて
色合わせをしてまいります。


夏が落ち着く頃に染め上がり
秋のシーズンに入る頃には
お目にかけられる事と思います。


振袖は、単なる衣裳としての着物ではなく
ご家族皆様の良き思い出と共に
永く大切にお持ち頂ける晴れ着であります。

そうしたお支度のお手伝いがさせて頂けます事は
呉服屋にとりましても何より嬉しい仕事でもありますので
新しい振袖や帯のお支度から、
お母様の振袖のお手入れやお直し、
お持ちのお品に合わせてのコーディネイトのご相談・・・などなど

どうぞ何でもお気軽に、ご相談下さいませ。



    ■ 振袖につきましてのご案内も、こちらで致しております・・・03.jpg<クリック>


    ■3月13日(金)より20日(金)は、
      渋谷・玉川屋にて「振袖展」&「付下げ展」を開いております。

        ご案内もこちらより・・・title.gif<クリック>

          15日の日曜日も開いておりますので、どうぞお気軽にお遊びにおいで下さいませ。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199