calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

正藍冷染の、お染め上がり

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

現在に続く染めや織りの技法は色々ありますが
残念な事に、
その伝統の技術を受け継ぎながら染める人、織る人が減り、
作られる点数も徐々に少なくなって行くお品もございます。

仙台より東北新幹線で二駅先の「くりこま高原駅」

   00.jpg  周りには大きな施設もあまりない、素朴な駅前です

そこから車で1時間ほど・・・宮城県の栗原市、栗駒にて染められる
「正藍冷染」も、そんな貴重な染色の一つであります。


   01.jpg

熱を加えることなく藍を発酵させる「正藍冷染」
奈良の時代より続く原始的で素朴な藍の染め方であります。
それゆえに、現在では宮城県栗駒の千葉家ただ一軒が
その技法を伝承するのみとなってしまいました。

爽やかで、綺麗な、印象を与えてくれる「藍」の色です。

しまっておいた着物を出して、
明日着ようと思ってハンガーに掛けて風を通していたら
空気が通って色が綺麗になった気がする。
藍が生きているから・・・そんな風におっしゃる方もあります。


   02.jpg

"こが" と呼ばれる木の桶に一杯分だけの染料。
その染料で染められる分が、一年に作られるお品になります。
藍神様の作らせてくれる分だけ・・伺った時には
そんな風な話しも聞かせて頂きました。

一反の反物を、何度も染めて、洗って、乾かして・・
染まる具合も、しぜんと全体に村が出てまいります。
そのむらが、とても味のある正藍冷染の独特の趣きともなってまいります。

玉川屋が、数年かけてお揃えをしてまいりました
着尺と帯を、この10月はお店でお目にかけさせて頂いております。

お写真や文章からで伝わらない
その微妙な色具合や雰囲気を、ぜひお手にとって見て
ご覧にになって下さいませ。




■詳しいご案内や、正藍冷染のご紹介、ギャラリーもこちらからご覧下さい・・クリック02.jpg









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

紗綾形(さやがた)


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが
週末には10月を迎える今週に入りましてからは
秋らしさもようやく増してまいりました。


10月にはいりますと、
昔ながらの着物の暦ですと "袷" の時期となりますが
実際に感じる陽気は、まだまだ秋の入口・・・

文字の感じでイメージするならば
秋深まっての "寂" や "冷" や "寒" といった感じではなく
"涼" や "爽" といった語感が、まだぴったりの時期であります。


新涼、秋涼、秋爽や涼爽・・そんな、言葉がしっくりきます。

  「秋爽(しゅうそう)」を、変換しようと思って、PCに打ち込むと
   最初に変換されたのは、「秋霜」の文字でした。

   同じ読み方の言葉でも、「秋爽」と「秋霜」では
   秋の入口と、冬の直前となる秋の終わりの時期・・・
   ずいぶんと違ってまいります。


風には涼やかさもますものの、
渋谷駅から玉川屋まで、マークシティのビルの中を通るのではなく
爽やかな空気に当たりながら・・・と、道玄坂の坂道を登ってくると
今日あたりは、まだ少し汗ばみます。

そんな中、
夕方になって、店の中から外を見た時に、
思っている以上に暗くなっているのに驚いて時計を見てみると
日毎にその時間が早くなっている・・・  
季節が変わってきている事を、陽の落ちる早さで、一番実感いたします。




これから深まる秋を表す言葉・・・を、探しているうちに
秋の季語として「稲妻」の言葉を見つけました。

「稲妻」は、夕立や雷雨などから夏のイメージもありますが、
古来はその光によって天と地が繋がることにより
稲の穂が実り、豊作に繋がる・・ とされて、秋の季語とされた様です。

着物の生地の地紋に「紗綾形(さやがた)」という地紋があります。
梵字の「卍」を崩してつないだ連続模様であり「卍繋ぎ」ともいわれますが
その別名として、「雷紋繋ぎ」とも呼ばれます。

「稲妻」「雷」の吉祥の謂われから、祝儀・不祝儀を通じて、
礼装のお着物の生地には使われることの多い地模様となります。

お祝い事や喪服の下の長襦袢地や、振袖や訪問着の地紋をご覧になってみると
お家の箪笥の中にも、きっと見つけられることでしょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


秋深まるこの時期、
  玉川屋では「着物を楽しむ、秋10月」と題しまして
  色々なご提案、イベント、お品のご紹介・・・盛り沢山に、
  皆様のお出かけをお待ち申し上げております。


 10月 3日(月) より  8日(土)は 「すくい織り・櫛織りの帯」展   

                  at 渋谷・玉川屋呉服店


    11日(火) より 15日(土)は  千葉よしの・まつ江「正藍冷染」  

                  at 渋谷・玉川屋呉服店


    22日(土) ・  23日(日)は 新宿・落合「工房見学&スタンプラリー」

                  at 新宿・落合の染め工房にて




■「すくい織り・櫛織りの帯」展
    単衣から袷にかけてのこれからの時期、
    すっきりと軽快に、 でも、しっかりとした重みを持って・・・
    そんな想いでお出かけしたい時に、お勧めのお品です。

    「織りの着物から、セミフォーマルまで、お使いになりやすい帯」
    「単衣にも、袷にも、コーディネートしやすい、季節も幅広くお役に立つ帯」
    そんなご注文を頂戴した時に、玉川屋でお勧めするのが、この帯たちです。

       ▲詳しいご案内は、こちらより
         




■「千葉よしの・まつ江 正藍冷染」展
    古来より続く、熱を加えずに藍を発酵させる「正藍冷染」
    現在では、宮城県栗駒山の千葉家ただ一軒にのみ受け継がれております。

    何とも言えない、爽やかな、綺麗な「藍」の色。
    一年に、二十点余りしか染めることの出来ない稀少なお品・・・
    数年かけてお揃えしてまいりました、着物や帯を
    今回お目にかけさせて頂きます。

       ▲詳しいご案内、正藍冷染の説明、お品のギャラリーは、こちらより
         




■おかげさまで10周年「新宿・落合 工房見学&スタンプラリー」
    東京にも、伝統の技術を受け継ぐ、こだわりある品作りの工房があることを
    沢山の方に知って頂きたい・・・・

    そんな想いから始まりましたこの「工房見学&スタンプラリー」も、
    毎年1000名以上のご来場を賜り、今年で10周年を迎えます。

    
    10年目の記念イベントとして、

      スタイリストとして活躍される大久保信子さんや
      着物伝承家の早坂伊織さんのトークショー、
      各工房の選りすぐりのお品での作品展・・・も

    落合の地域センターを会場に開かせて頂きます。


       ▲詳しいご案内は、こちらより
         





  ■10月中のお買い物には、玉川屋からも色々なサービスをご用意しております。
   心地よい秋の訪れと共に、どうぞお着物でのお出かけをお楽しみ下さいませ。


   玉川屋の店では、タイトルのお品だけではなく、
      お洒落着からフォーマルのお品・男物・小物まで
      季節折々のお品を、何でもお揃えして、お待ち申し上げております。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

暑さ寒さも・・

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

「暑さ寒さも彼岸まで・・」と言われますが
今週に入りましてからは、秋の涼しさもようやく増してまいりました。

この週末は、もう10月となります。
旧暦の呼び名ですと、神無月と呼ばれます。

"かんなづき" "かみなしづき" と読まれ
出雲大社に国中の神様が集まるため、その他の地の神様がいなくなる月として
この呼び名があるようです。
(出雲の地では逆にこの月が「神在月(かみありづき)」とも呼ばれるようです)

実際の10月は、衣替えの時期であり
着物も、単衣から袷に替えるとされるタイミングでもあります。

そうはいっても、気分的にはまだまだ単衣の着たい陽気、でもあり
風に涼感を感じることで、
お着物でのお出かけはとてもしやすくなってまいります。

その日の陽気に合った、ご自分がお出かけしやすくなるお召し物で・・
そんな、取り合わせがよろしいのではないでしょうか。



この10月の玉川屋は、「着物を楽しむ、秋10月」と題しまして

 10月 3日(月) より  8日(土)は 「すくい織り・櫛織りの帯」展    at 渋谷・玉川屋呉服店

    11日(火) より 15日(土)は  千葉よしの・まつ江「正藍冷染」展 at 渋谷・玉川屋呉服店

    22日(土) ・  23日(日)は  新宿・落合「工房見学&スタンプラリー」
                                 at 新宿・落合の染め工房にて


 と、色々なご提案、イベント、お品のご紹介・・・たっぷりの、一ヶ月となります。

        ■詳しいご案内はこちらからご覧下さい・・クリック02.jpg



 タイトル以外のお品も、季節折々のお洒落着から、礼装のフォーマル、男物まで
 着物・帯・小物 と、それぞれのアイテムを、玉川屋のこだわりで何でもお揃え致しております。

 "お着物の楽しいシーズン" を、実感しに、
 どうぞお気軽に、お遊びにおいで下さいませ。

       ■ お好みに合うお品のございます時には
         玉川屋においでになれない方へも、お品をお手元にお送りしてご覧を頂いてもおります。
         どうぞお気軽に、お声がけ下さいませ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「暑さ寒さも彼岸まで・・」は、
文字通りの季節や陽気を表す意味もありますが
「辛いことや苦しい事も、時期が過ぎ去ることで、無くなって行く・・」
そんな意味合いもあるようです。

心地よい秋の訪れと共に、どうぞお着物でのお出かけをお楽しみ下さいませ。

        01.jpg 今朝、お店に向かう途中で、きれいに咲いているのを見つけた曼珠沙華(別名・彼岸花)の写真です。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

櫛織りの帯

いつも有り難うございます、玉川屋呉服店の石井貴彦です。


 05.jpg

写真は、櫛織りの帯の無地の部分です。

薄物の様に透けるわけではないのですが、
目の詰まりすぎない織り具合と
光沢感豊かなその地風が、櫛織りの帯の特徴であります。

夏場以外の時期を、通してお使い頂けますが
特に、春先や秋口のすっきりとした軽快な装いを楽しみたい時には
ぴったりのお勧めの帯となります。


本来は、袷をお召しになるはずの10月や5月、ですが
昨今では単衣のほうが、お出かけを気持ちよく楽しめることが
多くなってまいりました。

本来の単衣の時期である6月や9月と違い
夏っぽい透け感のある帯を合わせるわけにはゆかず・・と
そんな時に、お着物にのせて下さると、とてもしっくりくるお品です。


 04.jpg 縞のお召しに合わせて、櫛織りの帯です

薄色から、濃い色目・・・
 ポイントの柄から、お太鼓全体に広がる柄付け・・・
同じ櫛織りの帯でも、その雰囲気は様々です。

織りのお着物から、染めのお着物まで
取り合わせるお相手も幅広い、櫛織りの帯です。

地色の付いたお品には、白い帯芯ではなく
表地に合わせた色を染めた帯芯を入れてお仕立しますので
着物に載せた時の帯の色合いはいっそう深まってまいります。


微妙な時期の、季節感をしっかりと楽しめるお品です。
その風合い、ぜひお手にとって見てご覧下さいませ。






 ■10月の玉川屋呉服店は

    3日(月) より 8日(土)は、「すくい織り・櫛織りの帯」展

   11日(火) より 15日(土)は、「千葉よしの・まつ江 正藍冷染」展

   22日(土)・23日(日)は、新宿・落合での「工房見学&スタンプラリー」

      と、着物の楽しみがいっぱいの秋のシーズンとなります。

   もちろん、タイトルのお品だけではなく、おしゃれ着からフォーマル・男物まで
   着物・帯・小物・・・いつもの玉川屋の、季節折々の楽しみも満載です。

   皆様のおこしを、ぜひお待ち申し上げております。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「すくい織り・櫛織りの帯」展

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

暑さ寒さも彼岸まで・・と言われます様に
今日は、薄着では肌寒いくらいの、
秋らしい陽気となってまいりました。

来週はもう10月、暦の上では
深みのある袷のお着物の楽しみなシーズンとなってまいります。
とはいうものの、近頃の10月はまだまだ袷をお召しになるには
暑さを感じることも少なくはありません。

幅広くお単衣をお召しになるか、
袷のお着物をしっとりとお召しになるか、
その日の陽気やお出かけ先、気分に合わせてのチョイスが
よろしいのかなと思います。

袷の時期から、単衣の季節にまで、幅広くお役に立つ帯・・・ 
織りの着物から、セミフォーマルまで、お使い頂きやすい帯・・
そんなご注文を頂戴した時に、
玉川屋でお勧めするのが、"すくい織り" や "櫛織り" の帯です。


10月3日(月)より8日(土)は
玉川屋では「すくい織り・櫛織りの帯」展を開きます。

 01.jpg "付下げ小紋" と "すくい織りの名古屋帯"

小紋に合わせて・・  江戸小紋に合わせて・・  飛び柄小紋に合わせて・・ 
 紬に合わせて・・  お召しに合わせて・・  結城紬に合わせて・・
  すっきりとした付下げに合わせて・・

季節感や格など、ご自分なりのコーディネートで楽しめる
そんなお品をご覧に、是非お出かけ下さいませ。


 ■10月の玉川屋呉服店は
    3日(月) より 8日(土)は、「すくい織り・櫛織りの帯」展
   11日(火) より 15日(土)は、「千葉よしの・まつ江 正藍冷染」展
   22日(土)・23日(日)は、新宿・落合での「工房見学&スタンプラリー」
      と、着物の楽しみがいっぱいの秋のシーズンとなります。

   もちろん、タイトルのお品だけではなく、おしゃれ着からフォーマル・男物まで
   着物・帯・小物・・・いつもの玉川屋の、季節折々の楽しみも満載です。

   皆様のおこしを、ぜひお待ち申し上げております。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199