calendar
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

渋谷再開発


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

数日前の新聞にて、渋谷駅周辺の大規模再開発のニュース。

渋谷駅の東側にあたる
東急文化会館の跡地に建った渋谷ヒカリエの地下で、
昨年の春に直通運転が始まった「東横線」と「地下鉄副都心線」。

その渋谷駅から他の路線への乗り換えや、各所への移動が
なかなか分かり難い・・・ そんな記事でしたが、

その分かり難いのは、
現在進行中の大規模再開発の途中の一時的な配置によるものとして
将来の渋谷の地図なども掲載されておりました。

   01.jpg

地図で言うところの、①は現在の東急百貨店東横店、
②はバスターミナルを挟んでの現在の東急プラザ、
③と④は現在の街に新しいビルが建設される予定です。

JRの、山手線・埼京線・湘南新宿ライナー、
私鉄の、井の頭線・東横線、田園都市線、
地下鉄の、銀座線・半蔵門線・副都心線、などなど
稼働している電車も一切止めずにその上に高層ビルを建てる
難度の高い工事もあり、東京オリンピックを一つの目安としながら
15年ぐらいかかる予定のようです。


地元に住まいながらも、
その新しい街の姿が全く想像が出来ないくらいに
十数年を経て大きく変わります。

振り返れば、私が子供の頃と比べてみても
渋谷の街はすっかりと様子が変わってもおります。

きっと魅力的な街となる事、を願いながら
そんな渋谷にしっかりと根ざした玉川屋でいられるよう
頑張ってまいります。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

新しい出会い

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

知り合いのスタイリストさんを通じてのご紹介で
今日は新しい染織作家さんとの出会いがありました。

新しいお品を仕入れたり、染め出したりは
普段から玉川屋の好みをよく分かってもらっているところに
お願いする事が多いのではありますが、

折々、玉川屋に遊びにおいで下さるお客様方に
いつも新しいお楽しみを用意しておく事の出来ますよう、
今までにない雰囲気や、新しいテイストのお品をお揃えする事も
常に心がけております。


   01.jpg

デザイン、糸選り、染色、織り・・と
自分のイメージで一貫して制作してゆく方で
モダンな雰囲気と、手のぬくもりが
共に楽しんで頂けるような帯が玉川屋のラインナップへの仲間入りとなりました。

   04.jpg   05.jpg

白に見える地の部分も、経糸(たていと)はごく薄いブルーグレーで
実は一部微妙な絣染めをしています。

地の部分をよくご覧下さると、均一な無地ではなく、
縦方向にごくごく薄いまだらになっているの、見ていただけるかと思います。

これは、綛を染める時に、一部を絞り、薄い染料で染めて、
まだらな濃淡のある絣に染めてから織っているので、
見えるか見えないかのこうした淡い風合いが生まれてくるのです。

"油絵を描くとき、まずキャンバスに下地を塗るような・・" そんなイメージで、
下地に表情をつけてから、取りかかっているそうです。

緯糸(よこいと)はごく薄いコチニールで染められており、淡いピンク味を持たせてあり
ライティングによっては、経糸のブルーグレーとそれぞれの色映りが感じられる事と思います。


   03.jpg

紬の糸を使った織り上がりですが、部分的に銀の糸が織り込まれております。

銀糸は、柄の縁の縫い取りには太目の糸を・・
    地場の緯糸には細目の糸をを・・と使い分けられています。

   02.jpg


アクセントとなる緯糸の銀糸ですが、実際の白っぽい他の糸より細いくらいなので、
あまり目立たず、奥ゆかしい感じで、こっそりと華を添える感じになると思います。

   06.jpg   07.jpg



しっかりと存在感のある地風ながらも
帯としての全体の雰囲気には、とてもすっきりとしたものがあります。

帯締めで添えるひと色が、またそれぞれの帯姿を楽しませてくれますし
ガラスや金属の帯留めで遊んでみるのもまた楽しみな事と思います。


まだまだ残寒厳しいものがありますが
ゴールデンウィークの頃からは、一足早くの「単衣」が
着心地も良い時期となります。
そんな時期の単衣のお召しには、薄物の帯ではまだ早く
今回ご紹介のような帯がお勧めであります。

季節にあわせて・・・
毎日変わる玉川屋の景色をお楽しみに、
日々新しくやってくる新しいお品との出会いを楽しみに、
どうぞお気軽にお遊びにおいで下さいませ。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

春つれづれ


皆様いつも有り難うございます
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

立春を過ぎてから、週末毎に大雪が降り
ことのほか寒さ厳しい二月となっております。

東京都心部も25センチを越える積雪で
実に45年ぶりの大雪と報道じられておりました。

45年前って・・と思ってみてみたら
1969年(昭和44年)の3月12日に「首都圏に大雪」の
記録がありました。

まだ子供だったその頃には、渋谷でも
そこまでの大雪ではなくとも、毎年雪遊びが出来るくらいの降雪があり
小学校の頃には、担任の先生が受業をやめて校庭で雪合戦をさせてくれた・・
そんな想い出もあります。

1969年の出来事を見てみたら
「東名高速道路が全線開通」「アポロ11号が人類初の月面有人着陸」などが
この年の出来事でした。

また、ドラマの「水戸黄門」やアニメの「サザエさん」
バラエティ番組の「8時だよ全員集合」の放送が開始され
「ドラえもん」の連載がスタート、「男はつらいよ」の第一作が封切り・・
など、長寿と言われる番組や連載もこの年から始まっていた様です。


玉川屋の地元の渋谷で言うと、店の前の道を通っていた
路面電車の「玉電」が廃止された年でもありました。

「玉電」は渋谷から二子玉川まで、現在の国道246号線を通る路面電車で
その路線は、現在地下を走る「新玉川線」に引き継がれています。

私の子供の頃は、呉服屋の店の奥が、自分達の住まいとなっておりましたので
幼稚園から帰ると、当時は大勢いた店員さん達に、店で遊ばせてもらう事も多かった
ようで、
ご来客が増えて、遊んでもらえなくなりぐずった私を
事務の店員さんが一緒に玉電に乗せてくれて、二子玉川まで往復して帰ってくると
商売も終わり、お店の中も落ち着いていて・・そんな事もあったそうです。

   ■05.jpg・・「玉電」について詳しく書いておいでの方のページもありました。



雪の事に話を戻しますと、
今回の東京の雪はずっしりと重い感じで積もりましたが
春先の雪は「あわゆき」と呼ばれる事もあります。

「沫雪」や「泡雪」と書かれて、
降り積もったばかりの新雪を「泡」に例えたり
白く細かく「沫」のように降る雪を呼んだ
冬の言葉であった様ですが

平安時代の頃には、空から降りながら溶けてしまいそうな
はかなく淡い雪を呼ぶ、春の語となっていったそうです。

来週にはもう3月となりますが、今年の雪の降り方を見ていると
春の季節までには、もうしばらくかかりそうな気がします。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ただ今、玉川屋では「春の着物あそび」を開催中です。
     
 「玉川屋 春の着物あそび」

           2月いっぱい  渋谷・玉川屋呉服店にて
                 
              (23日(日)・24日(月)はお休みさせて頂きます)



季節本番に一足早く、春のお出かけが楽しくなる
 帯やお着物を、お揃えいたしました。


■帯あそび
   織りの帯、染めの帯、礼装の帯、お洒落帯、季節柄の帯、伝統産地の帯・・
   季節や、思いにあわせての、お取り合わせをお楽しみ下さいませ。

■付下げ
   お食事や観劇、お集まりからご婚礼や礼装のお席まで、
   品の良い付下げは、着用シーンもお広くお召し頂けます。

■春の羽織もの
   着物姿でのお出かけが楽しくなる・・ 生地の地風も様々に
   そんな、コートや羽織をお揃えいたしました。

■お振袖
   新しいお品のお支度から、お母様のお品のお手入れやお直し
   小物のコーディネイトのご相談など、何でもお気軽にお声掛け下さい。

   ◆ご案内もこちらよりしております・・・02.gif


  
  今年は、4月より消費税の増税がなされます。
  お着物は、消耗品ではないので
  増税前に駈け込みでお求めになる物ではございませんが
  【お振袖】や【七五三の祝着】など、
  今年のお支度が決まっておいでの品に関してましては
  3月までのこの時期をおすすめ致しております。

   ■玉川屋では、2月は渋谷の店舗での「振袖展」を
          3月は例年より一ヶ月早く、東京の老舗呉服店の組合
           きもの呉盟会「春のご奉仕市」を、浜松町の会場にて開きます。

      来年成人式を迎える方も、まだこれから先のご予定の方も
       どうぞお気軽に、ご覧下さいませ。

     振袖のご用意についてのご案内は、こちらより
       ◆玉川屋よりの振袖のご案内・・04story.gif
       ◆振袖選びのチャート・・・03map.gif


  「春の着物あそび」の期間中は
    タイトルのお品以外にも、着物、帯から小物まで、何でもお揃えしております。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「余寒」「冴え返る(さえかえる)」「春寒(はるさむ)」「春淡し」
立春を過ぎても、なお残る寒さを表す言葉です。

空気はまだまだ冷たいながらも、明るい陽射しの日には
やがて来る春への期待が、気持ちの中に涌いてきます。

梅が咲き、桜が咲き・・・春の色づきが見受けられるようになると
いよいよ、着物でのお出かけにもいっそう楽しみなシーズンです。

是非お気軽に、お着物をお楽しみ下さいませ。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

春つれづれ



皆様いつも有り難うございます
玉川屋呉服店の石井貴彦です。

立春を過ぎてから、週末毎に大雪が降り
ことのほか寒さ厳しい二月となっております。

東京都心部も25センチを越える積雪で
実に45年ぶりの大雪と報道じられておりました。

45年前って・・と思ってみてみたら
1969年(昭和44年)の3月12日に「首都圏に大雪」の
記録がありました。

まだ子供だったその頃には、渋谷でも
そこまでの大雪ではなくとも、毎年雪遊びが出来るくらいの降雪があり
小学校の頃には、担任の先生が受業をやめて校庭で雪合戦をさせてくれた・・
そんな想い出もあります。

1969年の出来事を見てみたら
「東名高速道路が全線開通」「アポロ11号が人類初の月面有人着陸」などが
この年の出来事でした。

また、ドラマの「水戸黄門」やアニメの「サザエさん」
バラエティ番組の「8時だよ全員集合」の放送が開始され
「ドラえもん」の連載がスタート、「男はつらいよ」の第一作が封切り・・
など、長寿と言われる番組や連載もこの年から始まっていた様です。


玉川屋の地元の渋谷で言うと、店の前の道を通っていた
路面電車の「玉電」が廃止された年でもありました。

「玉電」は渋谷から二子玉川まで、現在の国道246号線を通る路面電車で
その路線は、現在地下を走る「新玉川線」に引き継がれています。

私の子供の頃は、呉服屋の店の奥が、自分達の住まいとなっておりましたので
幼稚園から帰ると、当時は大勢いた店員さん達に、店で遊ばせてもらう事も多かった
ようで、
ご来客が増えて、遊んでもらえなくなりぐずった私を
事務の店員さんが一緒に玉電に乗せてくれて、二子玉川まで往復して帰ってくると
商売も終わり、お店の中も落ち着いていて・・そんな事もあったそうです。

   ■05.jpg・・「玉電」について詳しく書いておいでの方のページもありました。



雪の事に話を戻しますと、
今回の東京の雪はずっしりと重い感じで積もりましたが
春先の雪は「あわゆき」と呼ばれる事もあります。

「沫雪」や「泡雪」と書かれて、
降り積もったばかりの新雪を「泡」に例えたり
白く細かく「沫」のように降る雪を呼んだ
冬の言葉であった様ですが

平安時代の頃には、空から降りながら溶けてしまいそうな
はかなく淡い雪を呼ぶ、春の語となっていったそうです。

来週にはもう3月となりますが、今年の雪の降り方を見ていると
春の季節までには、もうしばらくかかりそうな気がします。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ただ今、玉川屋では「春の着物あそび」を開催中です。
     
 「玉川屋 春の着物あそび」

           2月いっぱい  渋谷・玉川屋呉服店にて
                 
              (23日(日)・24日(月)はお休みさせて頂きます)



季節本番に一足早く、春のお出かけが楽しくなる
 帯やお着物を、お揃えいたしました。


■帯あそび
   織りの帯、染めの帯、礼装の帯、お洒落帯、季節柄の帯、伝統産地の帯・・
   季節や、思いにあわせての、お取り合わせをお楽しみ下さいませ。

■付下げ
   お食事や観劇、お集まりからご婚礼や礼装のお席まで、
   品の良い付下げは、着用シーンもお広くお召し頂けます。

■春の羽織もの
   着物姿でのお出かけが楽しくなる・・ 生地の地風も様々に
   そんな、コートや羽織をお揃えいたしました。

■お振袖
   新しいお品のお支度から、お母様のお品のお手入れやお直し
   小物のコーディネイトのご相談など、何でもお気軽にお声掛け下さい。

   ◆ご案内もこちらよりしております・・・02.gif


  
  今年は、4月より消費税の増税がなされます。
  お着物は、消耗品ではないので
  増税前に駈け込みでお求めになる物ではございませんが
  【お振袖】や【七五三の祝着】など、
  今年のお支度が決まっておいでの品に関してましては
  3月までのこの時期をおすすめ致しております。

   ■玉川屋では、2月は渋谷の店舗での「振袖展」を
          3月は例年より一ヶ月早く、東京の老舗呉服店の組合
           きもの呉盟会「春のご奉仕市」を、浜松町の会場にて開きます。

      来年成人式を迎える方も、まだこれから先のご予定の方も
       どうぞお気軽に、ご覧下さいませ。

     振袖のご用意についてのご案内は、こちらより
       ◆玉川屋よりの振袖のご案内・・04story.gif
       ◆振袖選びのチャート・・・03map.gif


  「春の着物あそび」の期間中は
    タイトルのお品以外にも、着物、帯から小物まで、何でもお揃えしております。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「余寒」「冴え返る(さえかえる)」「春寒(はるさむ)」「春淡し」
立春を過ぎても、なお残る寒さを表す言葉です。

空気はまだまだ冷たいながらも、明るい陽射しの日には
やがて来る春への期待が、気持ちの中に涌いてきます。

梅が咲き、桜が咲き・・・春の色づきが見受けられるようになると
いよいよ、着物でのお出かけにもいっそう楽しみなシーズンです。

是非お気軽に、お着物をお楽しみ下さいませ。











   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

訪問着から帯へ

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

木蓮の柄の染められた、品の良い光沢のある生地です。

   01.jpg


元々はお母様がお召しになっていた
春の趣き豊かな訪問着であったのですが

   03.jpg

何十年かの時間が経ち
友禅の糊の部分や無地場の部分に黄変が出てまいりましたが
「ご自分のご結納の時に、お母様がお召しになっていた」という思い出がおありで
なんとか活かしてお使いになれないか・・とお問い合わせを頂きました。

お着物を解いて、ハヌイして元の反物に戻し

   02.jpg

一度、洗いをかけて綺麗にしてから
染帯としてリメイクする事にいたしました。

黄変の出てしまっている柄の部分が多かったので
汚れのない箇所を選んで、帯の柄として使うようにしてまいります。


お太鼓の部分には、本来の訪問着の膝の後ろにあった柄をもってきて

   01b.jpg   04.jpg

訪問着の上前のメインの柄にあったような刺繍をお入れする事にしました。



前の柄には、訪問着の胸元の柄をお使いするのですが
肩山の部分には、"衿肩あき" という切れ込みが入っているので
その部分を上手く除けるようにして、前柄として使います。

05.jpg




ご家族の思いを大切に受け継げるような
そんな帯として、もう一度お楽しみが頂ければ
呉服屋としても、嬉しい限りです。

この帯が映えるような、ご自分好みのお着物を誂える・・
そんなお楽しみもまた増える事と思います。



新しいお品のお支度は勿論の事ですが
一つのお品を永く大切にお使いになれるのも
日本の着物ならではの魅力です。

お手持ちの着物や帯の、お手入れやリメイクなども
どうぞ何でもお気軽に、ご相談下さいませ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199