calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

秋へのターニングポイント

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お店も夏休みまで、あと1週間となりましたが、
この週末はお浴衣のご注文を随分頂きました。

すべて、反物からのお仕立てになりますので
十日ほどはお時間を頂きたく思いながら、でありますが
やはり、お召しのシーズンに入り
着たいな・・と思うタイミングで、おいで下さるお客様も多いので
仕立屋さんも、そのつもりでこの時期はスタンバイしていてくれます。

自分でもそうですが、洋服の場合は
その場で着替えたり、ネクタイを新しく締め直したり・・
そんな事も出来ます。

お着物の場合は、お仕立てや地のしや、湯通し
 (袷の場合には、八掛を染めたりといったことも)
などにお時間を頂く事がありますので
その場でというよりは、事前のお支度といった感もあります。


礼装としてよりもお洒落着としてのお着物、
お召し方も変わってはきてまいりましたので
より、いま着たいものを、今日お選びになる・・
そうなってきている事と思います。

欲しいと思って探してみても、気に入るお品がその日には見つからなかったり、
何気なく、お茶を飲みにおいで下さった時に
「これ!」ってお品が見つかってみたり
お品選びも、楽しかったり、難しかったり、色々あります。


季節が変われば、また新しいお品をお揃えして、
夏休み前の今の時期には、
涼しげな薄物と共に、秋冬のお品の準備の時期です。

9月の11日(金)より16日(水)は、
渋谷の玉川屋呉服店にて「秋のよそおいの会」を開きます。

今年は、深まる秋から冬へのお着物・帯はもちろんですが
9月、10月とたっぷりお召しになれる、単衣や軽快な袷のお着物
そして、今締めたい、すくい、櫛織り、綴帯、八寸、といった
夏から袷の、合間の時期の帯・・をお揃えしてまいります。

また、すっきりとお着物でのお出かけを気軽にお楽しみ頂ける
"角出し"の帯結びの、レクチャーなども、
お召しのシーズンに先がけて、ご一緒に開こうと思っております。
 (綴帯をはじめ、そんなお召しにお使い頂きやすい帯も揃います)

玉川屋オリジナルを中心に刺繍の着物や帯、
紬や木綿の普段着から、セミフォーマルにお召しになれる小紋や江戸小紋、
あらたまったお席への、付下げ・訪問着・留袖・お振り袖・・

お目にかけさせて頂くべく、色々なお品をお揃えさせて頂くのは
私どもにとりましても、季節の移り目の楽しみでもあります。


今の時期の趣きを楽しみつつ、
一つ先の季節に思いをはせて・・呉服屋ならでの面白さでもあります。

おかげさまで、日々忙しく毎日を過ごさせて頂いております玉川屋です、
なかなか行き届かぬ所が多いのですが
お店での、お遊びを頂く時と変わらずに
玉川屋の想いをホームページでもお楽しみ頂く事が出来ればと思っております。

夏休みまでのあと一週間、
そしてお休み明けてからの秋への玉川屋、
どうぞ楽しみにしていて下さいませ。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

夏のお休み


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

明日はからは、いよいよ夏真っ盛りの8月になります。
暑いと大変だね、とは言いながらも
カッと暑い陽射しがあってこその、夏の季節です。


玉川屋では、8月の9日(日)より16日(日)まで
夏のお休みを頂戴致します。


お休みが明けると、お店の中の夏のお品を、
秋から冬へのお品へと入れ替えてまいります。


季節の移りに合わせて、趣の変わる玉川屋を
どうぞまた楽しみにしていて下さいませ。




  月が替わって9月にはいると、
  9月11日(金)より16日(水)まで
  「秋のよそおいの会」を、お店で開きます。

   お召しになって、楽しむ着物・・色々なご提案をしてまいりたいと思います。
   近くなりましたら、ホームページでもご案内をさせて頂きます
   こちらもどうぞ楽しみにしていて下さいませ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

工房の見学の話のつづきを

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

先日の、染め工房へ伺った時の話の続きを・・

染めの工程や、技法的な話は
実質的な知識として、もちろんとても参考になりますが、
ちょっとそれた話などが、けっこう楽しみだったりも致します。

江戸小紋の型紙は、美濃和紙を3枚重ねると言います、
和紙には繊維の目があるので、
それを揃えて重ねてしまうと強度が落ちてくるので
縦、横、縦と、繊維の目を変える事で、一枚の型紙にした時に
永く使える強度が保てるそうです。

細い縞を彫る時には、更に一枚多く
4枚の美濃和紙を重ねた型紙を使うそうです。


型紙を見ても、同じ縞でもそれぞれに違う、縞の細かさが
お分かり頂ける事と思います。

   03.jpg

上の型紙は、人間国宝に指定された故・児玉博氏の型紙だそうです。
(写真のように、印の捺された型紙でなくとも、型紙を見て
 ご自分の彫った型紙かどうかが、すぐにお分りになったそうです)


縞の型紙には型紙を補強するために、横にブリッジのように糸を渡す
糸入れという工程があります。

彫り上がった型紙の、重ね合わせた和紙をはがし
絹糸を縞に対し横に渡して、再度型紙がぴったり合うように貼り合わせ直します。
上の写真の型紙に、横向きに細い線が入っているのが見えますでしょうか。

   02.jpg   01.jpg

糸入れをしていない型紙は、上の写真のような状態です。
これを剥がして、再度貼り合わせる・・
説明を聞いていても、実際の型紙を見てみると、想像しがたい作業であります。
(この糸入れの技術においては、城ノ口みゑさんが昭和30年に人間国宝に認定されております)


   04.jpg   05.jpg

上の写真は、
左が錐彫りの、右が道具彫りのための、道具です。

左の錐彫りの錐は、尖った先端ではなく、半円形になっているのがお分かり頂けますか。
この錐を、数枚重ねた型紙に垂直に当てて回転させながら粒を抜いてゆきます。
錐彫りの、細かい型紙は、突っついて穴を変えているのではなく
一粒、一粒をくり抜いているのです。

道具彫りは、菱形や花弁の形などをかたどった小刀で
一つ一つの文様をかたどってまいります。
複数の刃型を合わせて、模様をかたどる事もあります。


染め、織り、一つのお品が出来るまでは、沢山の手を通って出来上がってまいります。
お品に直接携わる手業だけではなく、そのための道具一つ一つにも
伝統や精緻な仕事が受け継がれてもいるのです。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

越後へ行ってまいります


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

夏物シーズン真っ盛り!
お店の中も、涼感たっぷりのお品が並びますし、
おいで下さるお客様も薄物や浴衣姿の、夏らしいおなりです。

そうは言いながらも、
お店の中にはこの秋からに向けてのお品も揃い初めてまいりました。

お召しになるお客様にとりましても、
季節に一歩早く・・が、お着物のお支度でもありますが、
呉服屋のお品揃えは、更にそれよりも何歩か早く・・・となります。


そんな玉川屋のお品揃え、
来週の初めには、来年の夏の着物のために越後の機屋さんをまわってまいります。

夏塩沢、明石縮み、小千谷縮み、越後上布、粋紗・・・
涼感ある、さらりとした風合いの夏の織りの着物、
こんかいは、麻のお着物を中心にまわってきたく思っております。

この春から今日まで、
お店においで下さった皆様からお伺いした色々なご意見やリクエスト、
それに自分達の想いを加えて、作り手さんと色々なお話をできる貴重な機会です。

来年はこんなお品を、こんな着方を・・
ご自分なりの思いがございましたら、是非お聞かせ下さいませ。
お召しになる方と、丁寧に品を作る方との橋渡し
それも私ども呉服屋の、大切な仕事であります。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

染め工房の見学


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

呉服屋の仲間と、
江戸の染め、「更紗」と「江戸小紋」の染め工房の見学に行ってまいりました。

染めの工房も何度も見学に足を運んではおりますが
不思議な事に、伺うたびに新しい発見や気づきがあるのも
面白いところです。

知っている事が一つ増えると、次にはもう少し奥深いところに
目が向いてゆく・・・
単に、知識が増えてゆく、という事だけではなく
自分なりの、その品に対する思いが深くなってみたり
いままでとは違う、こんな感じのお品が作れないかな、
といった色々な広がりが、しぜんと頭の中に浮かんでまいります。


今回は江戸小紋の色々な型紙を拝見してまいりました。

鮫や角通し、細かくなればなるほど
型を彫るのも、生地に糊を置くのも難しさが出てまいります。
型彫り、染め付けそれぞれの技術の腕くらべのようなところもあるでしょう。

一見するとほとんど無地に見える精緻な柄も
淡く浮き上がる何とも言えない濃淡の色映りには
他のお品にはない趣を感じる事が出来ます。


その一方で、最近は
無地感ではなく、柄行を楽しめるそんな柄行の江戸小紋を
お勧めする事が多くなってまいりました。

柄がある事で、
染めたお色の濃淡や強弱がいっそう浮き上がってまいりますので
お召しになった着物姿には、より色々な表情が楽しんでいただくことが出来ます。

   01.jpg

  (生地に糊を置いた状態ですので、実際にしごき染めで地色を乗せると
   写真の生地の、白い部分には地色が染まり、
   糊の置かれているグレーの部分が白い粒となって、染め上がります)


礼装用としてではなく、お洒落着としての江戸小紋・・
ちょっと見方を変えてみると、また楽しみ方が深くなってきます。

はっきりとした模様ものだけではなく、行儀と丸通しを組み合わせたこうした柄行も
実際に染め上がってみると、洒落たお品になってまいります。

   02.jpg


どんな柄で?  どんな色で?
一反ずつご自分のお好みで染め上がりを楽しむ事の出来るのも
こうした、昔から続く丁寧な染めのお品ならではの、楽しみでもあります。

八掛にも、更紗や江戸小紋の柄を面に合わせて入れてみたり、
いわれのある柄の江戸小紋のモチーフに合わせて、八掛にワンポイントの模様を友禅で入れてみたり、
 (上の写真のような笹の柄の江戸小紋に、
   雀のワンポイントを八掛に・・なんていうのも面白いです)
色々な楽しみ方を、ご一緒に見つけませんか!









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


   今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから







comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199