calendar
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

新しいバッグ


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

着物姿でのお出かけにも
いっそう心地よい季節となってまいりました
この11月の半ばです。

お出かけのお供に必要なのは
愛着を持って使える、使い勝手の良いバッグ・・

   01.jpg

お勧めしたいお品が、お店に届きました。

茶人バッグや天まちボストンなんて呼ばれる箱形のバッグ。
マチがしっかりあって、さらに横に幅の広い分
お出かけの時に携えたい品物に対しても十分な容量があります。

   02.jpg

脇には、両サイドにポケットがありますので
観劇の際のチケットや一寸した小物も、
便利におしまい頂けます。

   03.jpg

光沢感のある地風のバッグ地は
紬や小紋の普段着から、色無地や江戸小紋のセミフォーマルにまで
季節やお着物を選ばずに、広くコーディネイトしやすいことと思います。

丸組の帯締めのような取っ手の2色の組み合わせや
アクセントも組み紐の球も、玉川屋からのリクエストの色合いで
で作ってもらいました。

取っ手の付け根にアクセントとして付けた組み紐の玉が
すっきりした雰囲気と、コントラストのある雰囲気・・と
両サイドで、それぞれ違う色になっているのも
お分かりになりますか!


お着物、帯だけではなく
バッグやお草履、帯揚げや帯締めなど
小物の一つにも
玉川屋なりこだわりを持ってのお揃えです。


お出かけが楽しくなる、小物たち・・・
どうぞお気軽にご覧下さいませ。


   ■お手持ちの残布や着物地などが、お手元にございましたら
    それをお使いしての色々なバッグや草履へのお誂えも、お承り出来ます。

    サンプルやパンフレットも玉川屋の店にございますので
    どうぞお気軽に、ご相談下さいませ。




   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

準備

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今日は一日かけて、浜松町の会場にて
ご奉仕市の準備をしてまいりました。

玉川屋からの出品も400点近くとなりますし
40軒の老舗から、それぞれ沢山のお値打ち品が集まってまいります。


昨日、セッティングが終わった時は
まだ空の陳列台が並んでいた会場も・・・

   03.jpg

沢山のお品が揃いますと、華やかで、壮観な眺めとなります。

   04.jpg   02.jpg

赤やピンク、黄色の札は、 
2割引から半額以下の「ご奉仕札」となります。

沢山の着物や帯から、
それぞれのお品の色や柄を見ながら、お値打ちを確かめながら・・・
良いお買い物をして頂けるのが、この会の楽しみです。

30余年間、秋の恒例となって続いております
このご奉仕市へ、是非お気軽に遊びにおいで下さいませ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

木枯らし一号

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

先週のニュース番組などでは、「木枯らし一号に秒読み・・」
そんな話題が出ておりましたが、
週末の連休前の冷たい風も "木枯らし一号" とはならず
冬の訪れも、もう一歩先のようです。


木枯らし( "凩"とも書きます)は、
秋の終わりまで残った葉も吹き払い、木々を拭き枯らすほどに吹く強い風・・
初冬の季語となりますが
秋の終わりから冬の初めの、季節の移り変わりを感じさせる風ともなります。

現実の事象としての木枯らしは
晩秋から初冬の間に、西高東低の冬型の気圧配置になったときに吹く
風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)の風の事とされます。

先週末の冷たい風は、気圧配置や風の向きは条件に合っていたのですが
風速がそれには至らず、木枯らし一号とはされなかったようです。



春には"春一番"、冬の初めには"木枯らし一号"・・
ともに季節替わりに吹く風ですが
なぜ "一番" と "一号" なのでしょうか?

「木枯らし一号」は、
10月半ばから11月末にかけてその年に初めて吹いた木枯らしが
気象庁によって「木枯らし一号」として発表されています。

気象用語として、台風と同じように一号と表現されていますが
それに対しての「春一番」は、もともとが漁師さん達の間での、
船を転覆させるような強い南風を呼んだのが語源のようで
それが公の言葉として定着してきたそうです。



秋風(秋全般の天候としての風だけではなく、秋の情景や事象の変化をイメージさせる
言葉ともなります)
初嵐(初・仲秋の語、 秋の初風から野分けに至る間の、秋を実感させる強い風)
野分け(のわけ 仲秋の語、 野の草や花を吹き分ける風 )
雁渡し(かりわたし 仲秋の語、 十月頃の雁が渡る頃に吹く北からの風)
青北風(あおぎた 仲秋の語、秋の中頃から晩秋にかけての北からの風を呼んだ漁師達の船言葉から。
         北風の一つ手前と言った感なのでしょうか)
木枯らし・凩(こがらし 初冬の語)
北風(きた、きたかぜ 冬全般の季語)

上から季節の順番を追うように並べてみましたが
秋から冬にかけて、同じ風でも、その時期や感じ方によって
呼び名も異なり、色々に表現されてきました。


街中での日々は、毎日が同じように過ぎてはまいりますが
ちょっとした季節の変化を、その時期の言葉として感じてみると
また違った景色に見えてくるかもしれません。

  日々の、時候や歳時記は玉川屋のホームページでも毎日更新しております

   「歳時記 今日はどんな季節」のページ・・・<クリック>
        





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

札付け

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

今日と明日は、週末のご奉仕市に向けて
出品する着物や帯の札付けに
お店のみんなでかかっておりました。

   01.jpg


ご奉仕品や、半額以下の特価品、
19万8千円や9万8千円の選りすぐりの均一コーナー品など
玉川屋からも、着物や帯
礼装からお洒落着まで、数百点のお品を出品致します。

お品を吟味しながら、赤や黄色のご奉仕値の札を
一点一点に付けてゆきます。


洋服や雑貨は、タグやシールでの値段がお店でも付いてますが
呉服屋はいまだに、和紙や洋紙を紙縒(こより) に編んだ
正札を使って、生地の端に結んで付けてまいります。

値札を付けながら、あらためて一つずつの品を眺めると
私共にとりましても、それぞれに愛着あるお品です。

そんな愛着のあるお品を出し合って、
40軒の呉服屋がお値打ちを競う・・・
そんな【老舗の腕くらべ】が、永年にわたり続く
このご奉仕市の魅力であります。


週末はお天気も良さそうです、
皆様方のお出かけを、是非ともお待ち申し上げております。


   ご奉仕市のご案内は、こちらからご覧下さいませ。title_s.jpg<クリック>

  ■ご入場にはご案内が必要となりますが、
   会期の直前でもあり、郵送も間に合わないといけませんので、
   上記ご案内の地図を参考に会場に直接おいで下さり
   「玉川屋よりのご案内」と、お声掛け下さっても大丈夫です。





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

絽刺し

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

お客様からお預かりをした
絽刺しの刺繍を刺した布地です。

綺麗に刺繍された柄の部分から
1㎝ほど縁を残して絽の生地を切り抜いて
それを帯や着物の生地に、刺繍して縫い付けます。

   01.jpg

今回は華やかな色遣いの秋のイメージの刺繍でしたので
深いこき色の生地の帯地を染めることに致しました。

生地はシボの大きめな縮緬の生地を使う事にいたしまして
まず、指定の色で帯地を無地染めします。

刺繍やさんと相談しながら、柄の配置や向きを考え
さらに、お預かりの刺繍地だけを使うのか
鈴の輪から紐を流すような
追加の刺繍の柄を加えるのかどうか・・・を
お客様のイメージやお好み、ご予算などと合わせながら
お作りしてまいります。


一つ一つの、パーツが
色々な人の手を経て、仕事や感性が加わることで
素敵なお品となることが、きっと実感して頂ける事と思います。





   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199