calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

クリスマスの帯

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

立冬を迎え、短かった秋から季節は冬へ・・
染め上がってきた、クリスマスの染め帯。

   04.jpg

秋の柄の帯を他にも誂えていた為に
染め上がりがこのタイミングとなってしまいましたが
来週末のご奉仕市が終わりましたら
お店でご紹介してまいりたいと思います。

しんしんとした冬の夜、
そんなイメージを帯に染めてみました。


聖夜の街に・・・

   03.jpg

空には高く、トナカイに牽かれたソリが・・

   02.jpg


実際の帯のお太鼓の部分は
かなり上下幅広く柄を描いてありますので
柄の出し具合によって、随分と雰囲気を変えながら
着姿をお楽しみ頂けるはずです。

前柄の具合や、帯締めや帯留めでのコーディネイトなど
どうぞ、お店でお確かめになって見て下さいませ。









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

丹後


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

立冬を迎えて、
朝に玄関を出る時に肌に感じる冷たさに
暦としぜんとリンクする、季節の移り変わりを
感じられる頃となりました。

白生地の産地でもある丹後の和装・洋装の機元が
玉川屋からも歩いてすぐの代官山で
Tango Fabric Marche(丹後ファブリックマルシェ )と題しての
総合展を開いておりました。

   01.jpg

各機元がそれぞれの持ち味を活かしての
新しいアイテムの提案などもありましたが、
今日は、もう生産のストップしてしまった
玉川屋好みの質感の白生地で手元に残してあった品を
新しくお誂えており直すことが出来るか・・
以前から気になっていたことを相談してみました。

どんな糸遣いか、織りの組織がどんな具合か、
色々な機屋さんから意見をもらい
品作りの参考にもさせて頂きました。

よい柄や、よい染めも、基本は良い白生地。
しっかりとした生地で染めた色無地などは
後々染め変えたり、仕立て変えたりといったことが
如何様にも可能となります。

皆様に愛着を持って大切にして頂ける
そんなお品を、一点ずつお店にお揃えして行きたく思います。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

札付け


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

来週末の、きもの呉盟会の「名物奉仕市」にむけて
本日より玉川屋では、
お安いお値段を記載したご奉仕札の札付けを始めました。

   01.jpg

出品する数百点のお品ひとつひとつに
2割引から半額以下となる、ピンクや藤色の札を付けてまいります。

単純に一律にお値引きをするわけでもなく、
染め出したり、仕入れてから少々時間の経ったお品は思い切ってお安くしてみたり・・
余りお安く出来ないほど思い入れのあるお品にも、頑張って奉仕値を付けたり・・
一点ずつ、吟味しながら、色々思いながら
札を付けてまいります。


来週末の会場には、そんなお品が35軒分・・沢山に揃います。
老舗ならではの、お値打ちある良品をぜひご覧においで下さいませ。

     02.jpg・・詳細は、こちらをクリック。
            ご来場には、ご案内状が必要となります。
            案内状の申込も、上記のページからお気軽にどうぞ。








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

着物教室


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

玉川屋の着物教室、

以前は、毎週●曜日の▲時より・・
と予定を決めて、数人のお教室を組んでおりましたが

昨今は、皆さんお仕事にプライベートにお忙しく、
でもその中で、気軽に着物を着られるようになりたい!
そんな思いの方が多くおいでになるので、
ご自分の都合に合わせながら、マンツーマンで習うコースにて
させて頂く事が多くなりました。

最初の3回ほどの日程を決めて
後はお稽古しながら、それ以降の予定を相談してまいります。

基礎的な知識から、名古屋帯と、袋帯の二重太鼓の帯結びまで
6回のお稽古でを目安にしております。

お稽古はなるべく短く、それ以降は
ご自分で気軽にお召しになってお出かけすることが
何より一番のお稽古となる事と思います。


思い立ったが、はじめ時、
お稽古のスタートはいつからでもOKです。

秋涼の爽やかで心地よい時期です、
どうぞ、着物姿でのお出かけをお楽しみ下さい。

玉川屋でお役に立てれば幸いです!









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

独狐と華皿


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

博多織の機屋さんに伺った時の写真です。

   01.jpg

写真は仏具の「独狐」と「華皿」。

「独狐」は、密教法具の一つで、中央に柄があり、その上下に槍状の刃が付いた形をしており、
仏の教えが煩悩を破砕し、菩薩心を表す様を、インド神話上の武器に譬えて法具としたもの。

   02.jpg

「華皿」は、仏の供養をするとき、花を散布するのに用いられる器です。

黒田藩から幕府に織物を献上されるようになってから
この「独狐」と「華皿」の間に縞を配した柄行きが「献上柄」と呼ばれるようになりました。

   04.jpg   05.jpg


秋から冬へは、紅葉や栗、猫柳・・
季節の趣き豊かながらも多くなりますが、
古典の柄や模様にはそれぞれに由来や意味もあり、

着物や帯の見た目の美しさもさることながら
そんな意味を想いながら、取り合わせを考えてみるのも
また楽しいことと思います。







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199