calendar
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

明日より越後へ

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

7月も最後となる今週ですが
明日よりは、この秋冬のお品や、来年の夏物の手配に
越後や小千谷の機屋さんを回ってまいります。

  (私と父の二人でまいりますので
   渋谷のお店は、いつも通り開いております。)


東京に戻りましたら
産地で伺ってまいりました色々な話しを
お店やホームページで、またお伝えさせて頂きたく思います。


   ■玉川屋のお店では、8月10日(水)まで
    在庫一掃のサマーバーゲン「夏の市」を開催中です。

    夏物・冬物ともに、着物・帯を2割引にてご奉仕中です!
     (期間中、着物と帯をセットでお求めの方には
      "紋麻襦袢" または "正絹路襦袢" を、プレゼントさせて頂きます)

         ・・・・・詳細はこちらよりtitle.gif










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

夏色


暑中お見舞い申し上げます、玉川屋呉服店の石井貴彦です

例年より早い梅雨明けで、暑さの盛りも一足早いようですが
みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。



「駐車場のネコはアクビをしながら、今日も一日を過ごしてゆく
  何も変わらない 穩やかな街並・・・・」

アテネオリンピックのNHKの公式テーマソングにもなった
「栄光への架橋」を歌った
二人組の音楽グループの「ゆず」の、「夏色」というタイトルの曲の出だしです。

    歌詞全文はこちら、

    曲もこちらから聴いて頂けます

テンポの速い爽やかな歌で、夏になると車の中でもよく聞いてもおります。



" 夏色 " の言葉は歌詞の中には出てこないのですが
タイトルを思い出す時に、「 "夏色" はどんな色?」と思う事がよくあります。

青い海や空、白い雲・・   爽やかな水色・・
  ヒマワリの黄色・・・    スイカやかき氷の赤・・・

「夏」そのものをイメージする色、
ぱっと人に聞いてみると、そんな答えが多いようです。




薄物を並べたお店においで下さるお客様からも「夏には何色が良いの?」と
聞かれる事も多くなります。

涼感ある着姿が、夏ならではの楽しみですが、
「涼しげに見える色」というよりは
 「涼しげに見える コーディネート」が、夏の薄物のお勧めとなります。





淡く薄い色合いは、夏ならではの軽快で、涼やかさを
 その色のままに感じさせてくれます。

着物より濃いめの帯を合わせれば、着物の色目はより明るく映り、
着物と帯、ともに薄色を組み合わせれば、涼感たっぷりの着姿となります。



最初は、薄色のお着物がお召しになりやすい事と思いますが
色々とお召しになってみると、
濃い色合いのお着物こそ、夏の涼やかさがとても楽しんで頂ける事にも
きっと気付かれる事と思います。

黒地、紺地、藍地、墨色、ワイン色・・・お色系統を問わず
濃い色目のお着物の下に、白い襦袢が当たってみると
襦袢の白が、上の着物に淡く透けて映る、日本の着物ならではの涼趣が
ご覧頂ける事と思います。



夏の濃地のお着物には、それより薄色の帯を合わせます。
 (少しの濃淡程度の事もあれば、
  真っ白い帯でキリッとしたお洒落を楽しんで頂く事もあります)

帯がのって、コントラストがつく事で
濃い着物の色目は、より深く涼やかに映る様になります。





お店でも、お話しをしながら
着物地の下に襦袢の白を当てて、帯をのせてみて、小物の色遣いを添えてみると・・
そのつど変わってゆく、全体の雰囲気としての着物姿に

冬のお着物とはまったく違う
夏の薄物ならではの取り合わせや、お洒落を感じて下さいます。



玉川屋のホームページでも毎年、「うすものギャラリー」をご用意して
色々な夏の着物や帯を、ご紹介してはおりますが
一つ、一つのお品を写真でご紹介・・という形ですので
透けた映りや素材感、お着物と帯がコーディネートされた時の雰囲気・・・までが
なかなか、ご紹介しきれないところが残念なところでもあります。

   「うすものギャラリー 2011」は、こちらから・・・・
   

その、コーディネートや映り具合こそが、文章やお話しでは表現しきれない、
薄物の一番の楽しみでもあります。




写真や本で見ていて、「夏の着物も着てみたいな」と
迷いながらお店においで下さって、
いざ色々な実際のお品を手にとって取り合わせてみて
鏡の前でお当てになってみて下さると、
「ほとんどの方が、頭の中で思って、イメージしていたより、ずっとお素敵」と
おっしゃって下さいます。

「色や素材感が、写真やモニターでは上手く表現しにくい」という事ではなくて、
それぞれに涼やかな品を、一つの着物姿としてコーディネートした時の
雰囲気や趣きというのが、実際にご覧頂いてこそ実感して頂けるのだと思います。





薄物が大好きな玉川屋ですので、色々なお品をお揃えしております。

先週の日曜日には麻の着物と襦袢の組み合わせで出かけておりましたが
冷房の控えめな建物の中では暑さも感じますが
外に出て、風が吹いてみると
着ている中を風が通るのが、とてもよく感じられます。

まだまだ長い今年の夏は
着てこそ楽しい、見た目の涼味や、着心地の涼感・・・を
どうぞたっぷりとお楽しみ下さいませ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


玉川屋では、8月10日まで
在庫一掃のサマーバーゲン「夏の市」を開催中です。

着物や帯、夏物・冬物ともに、2割引でのご奉仕中となっております。

 (期間中、着物と帯のセットでお求めの方には
  「本麻襦袢」または「正絹絽襦袢」を、プレゼント致します)


呉服屋ならではの、古典や着物調の浴衣もお揃えしております。

 ■ご案内は、こちらでご覧下さい・・・title.gif









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ガレット

こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

若い世代の集まる街・・といわれる事の多くなりました渋谷ではありますが
玉川屋のある道玄坂近辺は、
以前は落ち着いて、大人の方が遊びに来られる様な街でもありました。

花柳界のあった頃の名残の
落ち着いたこじんまりとした美味しいお店も
色々あったのですが、この十数年ですっかりと様子も変わってしまいました。

お店においで下さるお客様に
「どこか美味しいお店はない?」と、聞かれる事も多いのですが
ご案内できるお店もだんだんに少なくなってきてしまいましたのですが、
古いお店が無くなってしまった分
この数年は、昔からの住宅街に新しいお店が増えてまいりました。


最近は、女性のお客様には
閑静な住宅街の松濤にあるガレットのお店をご案内します。

蕎麦粉から作られた生地をクレープの様に薄く焼き
中に添える具によって、デザートの様にも、ボリュームのあるお食事の様にも
召し上がって頂けます。

   02.jpg  厚切りベーコンとシードル煮のオニオン+目玉焼き

   01.jpg  “ブルトン” ──特製ソーセージ、オニオンのシードル煮、
           ジャガイモのグラタン、グリエールチーズ




玉川屋からは、
駅に向かいすぐの交差点を左に曲がり坂を下ると
東急文化村に出ますので、そこを左へ・・
200メートルほど歩くと、2軒のガレット専門店があります。

   03.jpg
    CREPERIE Ti ROLANDE  クレープリー ティ・ロランド・・・<クリックしてHPへ>

   04.jpg
    galettoria ガレットリア  ・・・<クリックしてHPへ>  ・・・<クリックしてMAPへ>


日曜日のお昼時などは、並んで待つ事も多いようですが
時間帯や曜日がはずれると、ごゆっくりとお楽しみ頂ける事と思います。

近隣には、
松濤美術館や、今でも湧き水の池がある鍋島松濤公園、戸栗美術館や観世能楽堂など
落ち着いたたたずまいの渋谷を楽しんで頂ける散策のコースもあります。


玉川屋へおいで下さいました後にでも、合わせて
いつもと少し違う渋谷をお楽しみ下さい。












   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




           

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

真夏の観劇


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

夏本番の強い日差しとなり
ぬける様な青空は爽やかながらも
日々続く暑さも厳しさが増してまいりました。


   01.jpg

写真は、七月大歌舞伎の上演中の新橋演舞場まえ
涼しげな夏衣姿での歌舞伎の観劇、
そんな暑さの中でも、涼しい気分が増してまいります。

冷房の控えめな建物や建物の中では、すこし暑いものの
外に出て風が吹くと、すっと空気が通るのが良く感じられます。

駅まで歩く間には汗もかきましたが
例年より弱冷の車内の地下鉄に乗って数駅過ぎると
汗もしぜんと引いてきます。


暑い時には、肌着も着けず直接麻の襦袢を着て
着物を着てしまう事もあります。

着物を風が通る感覚は、よりいっそう強く感じる事ができて
「夏の素材を着ている」事をより実感出来ます。
かえったらその夜に麻の襦袢は洗濯機で
すっきりと洗ってしまいます。




   銀座の駅から演舞場に向かいながら、歌舞伎座の前を通りかかると、
   建物はすっかりと取り壊されて更地になっています。
   
      02.jpg   03.jpg
  
   新しくなった歌舞伎座での観劇も、数年後のまた楽しみです。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

暑熱厳しき折・・


こんばんは、玉川屋呉服店の石井貴彦です。

日に40万人が乗降する渋谷の駅、
ハチ公のある、その駅前のスクランブル交差点。

信号が変わると同時に、
それぞれの方向から一斉に沢山人が歩き始め
交差点の中が人で埋め尽くされるほどに一杯になるのが
普段の光景ですが・・・

   01.jpg

こんな渋谷はほとんど見た事がありませんでしたが、
信号が変わっても、人の流れのほとんど見えない
暑熱厳しい、日曜日の朝の渋谷の写真でした。










   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199