calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
202002 (1) 201912 (2) 201908 (3) 201907 (7) 201906 (1) 201905 (1) 201904 (1) 201903 (1) 201902 (1) 201901 (4) 201812 (4) 201811 (2) 201810 (4) 201808 (1) 201807 (1) 201805 (1) 201804 (1) 201803 (4) 201801 (1) 201711 (3) 201710 (1) 201708 (2) 201707 (3) 201706 (1) 201705 (4) 201704 (1) 201703 (9) 201702 (7) 201701 (3) 201612 (10) 201611 (1) 201610 (8) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (3) 201606 (6) 201605 (3) 201604 (6) 201603 (9) 201602 (8) 201601 (5) 201512 (8) 201511 (2) 201510 (5) 201509 (3) 201508 (2) 201507 (9) 201506 (5) 201505 (6) 201504 (7) 201503 (11) 201502 (3) 201501 (9) 201412 (7) 201411 (5) 201410 (9) 201409 (3) 201408 (6) 201407 (5) 201406 (9) 201405 (9) 201404 (5) 201403 (6) 201402 (12) 201401 (5) 201312 (10) 201311 (13) 201310 (5) 201309 (8) 201308 (6) 201307 (2) 201306 (9) 201305 (13) 201304 (17) 201303 (13) 201302 (14) 201301 (5) 201212 (8) 201211 (10) 201210 (6) 201209 (8) 201208 (7) 201207 (5) 201206 (2) 201205 (3) 201204 (10) 201203 (5) 201202 (6) 201201 (5) 201112 (9) 201111 (10) 201110 (10) 201109 (8) 201108 (4) 201107 (11) 201106 (6) 201105 (14) 201104 (12) 201103 (16) 201102 (6) 201101 (7) 201012 (10) 201011 (15) 201010 (14) 201009 (10) 201008 (11) 201007 (12) 201006 (9) 201005 (18) 201004 (10) 201003 (14) 201002 (12) 201001 (15) 200912 (7) 200911 (10) 200910 (17) 200909 (6) 200908 (16) 200907 (16) 200906 (13) 200905 (15) 200904 (19) 200903 (22) 200902 (25) 200901 (2) 200812 (5) 200811 (2) 200810 (4) 200809 (5) 200808 (3) 200807 (2) 200806 (10) 200805 (7) 200804 (14) 200803 (18) 200801 (1) 200712 (2) 200711 (2) 200710 (2) 200707 (2) 200706 (7) 200705 (1)
tags
つれづれ (933) 着物の楽しみ方 (606) お勧めのこんなお品・・ (480) 季節を楽しむ・・ (473) お誂え (295) 展示会・イベント (208) 涼を楽しむ・・薄物 (180) 産地 (146) 渋谷 (104) 個展・イベント (60) いにしえ (49) お手入れ (42) 体験 (25) 新着 (24) 男の着物 (15) 保管 (14) ワークショップ (1)
others
admin
search this site.

最初の一輪


玉川屋の手前、渋谷駅から続く「渋谷マークシティ」の出口に
一本だけある、道玄坂上の桜の木。
 
この春に植え替えられた若い桜に
今朝は一輪だけ、花が開きました。
 
 
撮影している時も
ビルの間を抜ける風はまだまだ冷たくありましたが、
 
もうすぐ咲きそうな蕾も沢山有り
これからは、日毎に春めく様子が楽しめそうです。


オフィス街の中にほんのり浮かぶ春の色を
玉川屋へお越しの折りは、ご一緒にお楽しみ下さい。





01.jpg


05.jpg


06.jpg


04.jpg

03.jpg

02.jpg









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

透紋

時候で言えば
「啓蟄」の次項、「蟄虫戸を啓く(すごもりとをひらく)」
  
  土の中に掘った穴に隠れて冬を過ごした虫たちが
  春の暖かさに土の扉を開け広げて、はいだしてくる時期。
  
日差しが良くなると、
春めいた陽気が、急に感じられる様にもなります。
  
  
お出かけの時にも、防寒用のコートや羽織が
徐々に要らなくなる頃ともなってまいります。

帯付きでは心許なく、何か一枚軽く羽織りたい・・

季節を通じて気温が高くなってきた昨今は
そんなご要望を頂くことが多くなってまいりました。
 
 
写真のお品は、そんな時に重宝な
羽織やコートとしてお使いを頂きたい、
 
軽い風合いと、淡い透感を
お楽しみ頂けるお品となります。
  
  
部分的に2枚の透けた生地が重なり合い
 部分的に一枚の生地として繋がって・・・

淡くモアレが浮いたり、文様が浮き出たり
不思議な表情を見せてくれます。

  
唐花の地紋の生地は、淡い青磁色に・・
タイル文様の生地は、品の良いブルーグレーに・・
  お染めしました。
   
生地のみにて写しておりますが
着物や帯の上に載りますと、色や柄が淡く透け
映りもまた微妙に変わってまいります。
  
  
お仕立ての形は、お羽織にもコートにも
お好みに合わせてお楽しみ下さい。

色の映りを、気軽なお出かけで楽しみたければ、お羽織に。
道行衿のコートならば、紬やお召しから、礼装のお着物にまでお使い頂けます。
  
   
生地の地紋も、その時々、色々なお品をご用意しております。
お好きな色目にてのお誂えも、お承りさせて頂けます。
  
  
紋紗、オーガンディレース、二重紗、羅・・・など
軽い羽織り物にお勧めの生地も、様々お揃えしております。

    
  
着物でのお出かけが、いっそう楽しくなる・・・

  そんなお支度のお手伝いが出来れば、幸いに存じます。


   

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg



11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg









   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

游刻

長年のご縁を頂いてる、ビショップさんの游刻展、
新宿の駅の側、柿傳ギャラリーさんでの開催。

近くではあるので、いつでも伺えるかな・・と思っているうちに
結局、最終日のエンディングの直前にようやくお伺い出来ました。
 
 
ひとつひとつ、ご注文者さんとのお付き合いや会話を通じて
その方の、お人柄やお好み、イメージに合わせて
デザインされています。

沢山に並ぶ游刻の数々、

知っている方の游刻を拝見すると
 「あ、あの方らしいな!」と思いますし、

存じ上げない方の游刻を見ても
 「きっとこの人は、こんな感じの方なのだろうな・・」と、
思い浮かぶような、ユニークな表現が。



前回にお願いした私の游刻も
展示して頂いておりました。
 
帰りには、ビショップさんの自選游刻集も求めて
今度は、違うロゴもお願いしたいかな・・と思いながら
渋谷へと。


10.jpg


11.jpg


12.jpg


13.jpg


15.jpg


16.jpg


17.jpg


18.jpg


19.jpg







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

刺繍のお遊び


数日前にご紹介した、日本刺繍の苺の染帯。
  
塩瀬地や縮緬地、地紋の入った生地など
出来上がりのイメージに合わせて生地を選び、
  
ラフなイメージから描いた下絵を
徐々に修正をしながら構図を決めて
一つ一つのお品を作ってまいります。
  
  
帯や着物のみならず
飾り紋や、柄足しの刺繍なども
お好みに合わせて下図を描いて
同じ様に進めてまいります。
  
  
写真は、お客様の色無地にお入れした飾り紋。
 
白い抜き紋のお着物は、もうお召しにならないから・・と
お背中と両胸に、三つの飾り紋をお入れしました。
 
藤ねずのお着物は
かな文字が地紋となった織り込まれた色無地でしたので
文箱の柄を刺繍にして・・
 
3ッそれぞれに少しずつ異なるお色目にて刺繍しました。
 
 
青丹(あおに)色のシボのある生地は
お単衣の色無地。
 
シーズンに合わせて・・ということで
紫陽花の刺繍をお入れしました。
 
これも三つそれぞれに
少しずつ花弁の色を変えながらの刺繍です。
 
 
ワンポイントであっても、糸の光沢感が有りますので
お召しの時には、きれいに浮き上がってまいります。
 
 
着物、帯、羽織やコート、
  飾り紋や、お持ちのお品の刺繍でのアレンジ・・などなど
 
刺繍のお誂えも
どうぞ何でもお気軽に、ご相談くださいませ。
 
 



02.jpg


06.jpg


11.jpg


12.jpg


05.jpg


07.jpg


01.jpg


04.jpg








   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

坂の上の桜

毎年、道玄坂上の春に
彩りを添えてくれていた桜の木でしたが・・
 
長年、楽しませてくれていた分
木の根元が痛んでまいりまして
今年の1月の末に伐採されたのですが
  
春本番を前にして、今週の初めに
新しい桜の木が植えられました。
  
まだ小振りな木ではありますが
これからの道玄坂上のシンボルとして
華やかに育つのが楽しみです!
 
 
 

01.jpg


06.jpg


07.jpg


08.jpg

09.jpg


03.jpg


02.jpg







   「着物つれづれなるままに」・・いままでの目次には、こちらから


    今の季節を楽しみたい・・玉川屋のホームページへは、こちらから

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199